« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月29日 (月)

2度目の滝沢展望台・・・

Dsc01149_1 月曜日だというのに朝からアタックだ~・・・というわけで、セッティングもいじったことですし昨年末のリベンジを果たすべくまた滝沢展望台を目指してGOです。

それにしても、暖冬って言われてますがホントこれでも1月なんでしょうかね~
最近はちょっと前にヤフオクでかなり安く落札したパールイズミのウィンドブレークジャージってのを着て走ってるのですが、その下は長袖のTシャツ一枚だけです。
しかし、それでも走り出してしまうと暑くなってきて、ほとんど前を半分開けて走ってます。さらに、今日なんかは途中でグローブも外して素手で走ってましたよ。なんなんでしょう今年は!?
それはさておき、前回は坂を上りきれず途中で歩いてしまうという失態を演じてしまった自分、今回こそは!という意気込みで行ったのですが・・・・さてどうなったのか!!

Dsc01146
前回の旅から約1ヶ月・・・この1月は結構走っているし ちょっとは成果も期待したいところ、登りきれなかった坂を登れるようになったとなれば確実にステップアップを遂げている証拠じゃないっすか!
前回同様、浜北方面から行って滝沢小学校の付近の「滝沢展望台2.6km」の看板から上るというルート、しかしまあこの小学校からの登りの傾斜が所々でかなりきつい・・・いや、でもたったの2.6kmの登りなのだ、登れなくてどうする!!
とはいえ、実際はこの最後の2.6kmの激登りの前から結構なアップダウンを繰り返してココまでたどり着かなくてはならないので、ココにたどり着くまでに足を温存しておかなくてはならないのですが・・・今日は前回よりもかなり体力を残してココにたどり着きました。
今日は行けそう???・・・そう思ったのですが・・・写真の通り、、、っちゅうか写真撮ってる時点で降りてるし(笑)
いやまあ、言い訳なんですが(笑)この写真の最後のキツイ傾斜の手前で知らぬ間に落ち葉の上を走っちゃってて後輪がスリップしちゃったんすよ~で、足着いちゃった、痛恨のミス!!!って感じですよ。。。滝沢展望台でまたしても撃沈!!!ココまでがんばってアップダウンを乗り越え走ってきた30キロはいったいなんだったんだ。。。嗚呼~!!!
ちなみにココ、前回心が折れて止まってしまった所とほぼ一緒だったりします。ココさえクリアできればホントあと少しなんだけどなぁ~。さらに言うとココ位の傾斜だと自分の脚力では止まった状態からスタートできません。そのくらいの傾斜あって、歩いてしばらく行かないといけないという屈辱(泣)
悔しいので3度目の正直にかけます!来月以降で。
Dsc01152 ところで、滝沢展望台からちょっと引佐方向に行ったところに「立須」なるところがあります。
右の写真は立須入り口の看板です。
ココは超絶景ポイント、僕の一番のオススメスポットです!
何人かの人を連れて行きましたが、間違いなくビックリします。
皆さんも一度行ってみてください~行けばわかります!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

試行錯誤。。。

「カッコいい自転車ですね」って言われるよりも、「カッコいいフォームですね」って言われたほうがずっとうれしいことなんだナ。ワカル?・・・・「ロードバイクセッティングバイブル」 エイムック エンゾ早川著

コレ入手しました。
いやまあ、CAAD9に乗り始めて2ヶ月が経とうとしてますが、まあぶっちゃけ未だ試行錯誤の繰り返しです。もちろん、セッティングに関して。
前にも書きましたが、いきなりステムを交換しましたし、サドルを1センチ上げたり下げたり前にしたり後ろにしたり・・・
基本的に何でも自分でしようと思ってるので、こーゆー本はヒジョウーにありがたいです!
この本の冒頭にも書かれてますが「100kmを越える距離を、痛みを感じることなく走れなければ、本当の意味でロードバイクを楽しんでるとはいえないのである。」まさにそーゆーことなんですよね、コレを目指しているのです!
そんなわけで、この本を読んでまたしても微妙にポジションを確認&変更してみました。
って、実はこの本の著者のエンゾ早川氏と自分、身長がほとんど一緒なのですよね。
なのでチャレンジとしてエンゾ氏の自転車とほとんど一緒のセッティングにしてみたのです、さてどうなることやら(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

浜松御前崎自転車道

本日は「浜松御前崎自転車道」を通って調子がよければ御前崎まで行こうと思ったのですが・・・・(ちなみにココ参照)
Dsc01138

え~っと、道が埋もれてます(笑)
ウチから近いし、海がすぐ近くで景色はイイし、自転車専用橋、休憩ポイントもいっぱいあるし・・・結構良く行くところなのですが、いかんせんこの砂がなければ・・・つうか全然管理されてないんすよね~
それと、海岸に乗り入れてくる釣りやサーファーの人達の車にも気をつけねばなりません。自転車専用道だからといって飛ばしているといきなり横から車が!ということもありますので。。。一度危なかったことがあります。
そんなこともあってか、ここではローディーの方とか本格的な自転車の方には一度も会った事ないですね。。。せっかくの自転車道だというのに!
日曜日でもものスゴク閑散としていて、だいたいウォーキングしている中高年の方かママチャリで釣りしに来ている人くらいです、すれ違うのは。海の方には釣り人やサーファーがかなりいますが。
で、そうそう、御前崎まで・・・と思ったのですが、なんか写真のところでこのまま砂のなか歩いていくのもなぁ。。。って感じで引き返してきてしまいました。。。なんだかなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

SUUNTO t3

Dsc01112_1 SUUNTO t3/t4は効果的、かつ楽しく安全にトレーニングしていただくためにデザインされた高精度なスポーツ機器です・・・取扱説明書より引用

というわけで、先月買ってしまった心拍計SUUNTO t3の話をちょっと。
←コレがそうなんですが(前の写真と一緒ですんません~)、一見なんとも安っぽい時計みたいに見えます(笑)何の変哲もないデザインといったところ!?大きさも大きすぎず小さすぎずみたいな感じ。
ちなみにウレタンバンドがカシオのGショックに比べるとペラペラで・・・好みもありますが自分はそこは好きです。自分はほとんど腕時計しないのですがこれは扱いやすい。
ちなみに他のメーカーと違うトコと言えば、時計の周りに心拍数がグラフとして表示されること。これは案外イイです!
それとコレが「売り」なんでしょうけど、「トレーニングエフェクト」なる機能があって、実際の運動のトレーニングの効果をこいつが勝手に評価してくれるというのモノ。コレによってトレーニングの強度を把握しトレーニングの組み立てが効果的に・・・というありがたい機能です。これが上がっていくのを見てるとなんかスゲーがんばったような気がしてきてモチベーションもアップ!?
あ、それと写真には出てませんが胸周りにトランスミッターベルトなるものも装着しないといけませんが・・・これは思いのほか装着してしまえば気になりません。買う前はコレってかなり違和感があるのでは?と思っていたんですけど全然そーゆーことはないですね~

さて、前にも書きましたが心拍計=トレーニング・・・実際この取扱説明書にもやたらとこのトレーニングなる言葉が書かれてますが、自分としてはあまりにも「自転車に乗ること=トレーニング」という風にになってしまうのはイヤなんですよね。あくまで自転車に乗ることを楽しむための機器としての心拍計なのです、自分の場合。
矛盾してるかもしれませんが(?)楽しむためにトレーニング的な知識を持ってることは有効じゃないかなぁと思います。自転車を楽しむ=より長い距離より長い時間のライディングを楽しむ、と思ってるのですが、その為にはやはり自分と言うエンジンの排気量アップ、つまり心肺機能の向上、有酸素運動レベルの向上がどうしても必要になるわけで。。。そのために必要なのは・・・・・・(略!笑)・・・・・なのです。

それはさておき(?)実際のところ、最近これ付けて走ってますがなんか手放せないものになってきましたね~
やはり、自分と言う自転車のエンジンがどういう状態にあるか?それを把握するのは大事だなぁ、と。
これまではサイコンの時速ばかり気にしていましたが、だいたいが登りだったり下りだったり追い風だったり向かい風だったり調子がよかったり悪かったり・・・走っている状況って内も外も常に変わっていくわけで時速が上がったり下がったりなんてのを気にしてばかりいるとあとで辛く苦しくなってきたりしてしまうわけです。辛く苦しくなれば楽しくなくなり・・・・自転車なんて面白くないや!!!ということになりかねません。
だいたい、走ってて「苦しい~!」となっているときは心拍数もいわゆる最大心拍数ってのに近づいてるわけで・・・それを「数値」として把握するのはわかりやすい!数値が上がってしまってるのだから下げればいいだけなんですから。(この辺がトレーニングではないとこ!?)
なんていうか、自分の場合、走り出してしまうとどんどん「苦しい」に近づいていってしまう傾向があるので、数値として心拍数を把握することによって最適なLSDに走りを軌道修正することも容易になる、というわけです。その結果、途中でバテバテになることも回避できる、と。
それと、非常に良いと思うのはウォーミングアップがちゃんとできる、ということですね~
コレまではとにかく最初の15分くらいはウォーミングアップ的な走りをしなくては!と頭ではわかっていても微妙にどの程度の走りでいいのかアバウトで・・・なんか今日は調子良さそうだから最初から飛ばすぞ~!と張り切りすぎて結局その後ずーっと足が重かったりとかそんな目に合うこともあったわけです。
しかし、この心拍数という具体的な数値がわかれば、走りはじめから最適な心拍数に到達するために約15分くらいで徐々に心拍数を上げていくというマトモなウォーミングアップが可能なわけです。マトモなウォーミングアップをするとその後の走りも非常に快適ですよ!これはもう体験してみれば全然違います!!

・・・とまあ書き出せばキリがないのでこの辺にしときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

タマネギ

Dsc01127 浜松市のたまねぎは、大正時代に篠原地区で産地化され、今では日本一早く出荷する産地として有名です。温暖な気候と砂地の特色を活かして・・・

というわけで野菜産地を巡る旅の2回目は「たまねぎ」です・・・というわけではないんですけど(笑)
関係ないですけど、浜松のたまねぎ、特にサラダオニオンと呼ばれる真っ白いたまねぎはオススメ品です。
辛味がなく水分が多い!まさにサラダなどの生食には最高です!・・・とさりげなく誰が見るかわからないブログで浜松のアピールをしてみた(笑)あ、でも自分は浜松市民ではありません。

まあ、それはさておき、仕事休みでしたのでまたしても自転車ライディング!
行き先はなんとなく浜松ガーデンパーク・・・例の「チャリDE・・・」のスタート地点。
ウチから自走してさらにイベントに参加して自走して帰る・・・というプランなのですが、いったいウチからスタート地点までどのくらいかかるのか?ということも確かめるためもあって、です。
とりあへず、行きは国道など通らずいつもの自転車道+海岸近くの道(たまねぎ畑とラブホと工場が乱立する変な地帯です!笑)を行きます。それにしてもこの道走ると必ずといっていいほどローディーの方を見かけます・・・みんな月曜から仕事しろよ!という感じです(自分はさておき!!)
Dsc01135
で、その浜名湖ガーデンパークに到着!
ココまでずっと向かい風だったため(特にココの手前の橋の上はひどかった。。。)自分の予想をはるかに上回り1時間40分もかかってしまった。。。
確か受付開始は7時・・・いったい何時に出発しろっていうんだ!?!?これは無理かも。。。
で、帰りは思い切ってもっと近いと思われる道・・・そう浜松の中心部を思いっきり横断するコースで帰ってみたっす。
あまり車の多い道や市街地は恐いのでほとんど走らないのですが、ぶっちゃけ浜松の駅前などを通ってくればココに来るのには一番距離が短いわけでチャレンジ!
で、帰りはずっと行きと逆で追い風だったこともありウチに帰り着くのに1時間ちょっとしかかからなかった。。。日曜の朝なら車もあまり走ってないだろうしコレならいけるか!?!?
とりあへず一緒に行く野郎達ともうちょっと考えてみます。

・・・っていつ申し込めばいいかなぁ!!??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

ふらり掛川の山の中に。。。

Dsc01124 はてさて、今日は仕事休みの日で用事もないので2007年初ロングライドに行く気マンマン(笑)
しかしまあ、いつものことですが(?)一人で行くとなるといつも行き当たりばったりで、ある程度のめぼしをつけてあとは出たトコ勝負みたいな感じなんですが今日もそうでした(笑)
前からあまり行ったことのない袋井・森・掛川の境目あたりの山間部を走ってみようと思ってたのですが・・・とりあへず行くだけ行っちゃえ!という感じでGO!です。
一応まあ、天浜線の「はらのや駅」を目指して走り、後は状況次第でさらに行くか帰るかしようと・・・もの凄いアバウトな計画の下スタート。ま、なんせ真冬ですからね~無理は禁物(笑)
それにしても、スタートしてしばらくしてから気付いたのですが・・・サイコンがいつまでたっても時速0kmを示しているんです。これは電池切れ!?ふぉぉぉ。。。
まあ、それはさておき何キロ走ったかわかりませんが(笑)磐田原のアップダウンをいくつか超えて気付いたら原谷川って表示が・・・う~んドコなんだここは!?(笑)
この辺、自分の頭の中の静岡県西部地区の地図に抜け落ちている地帯、とりあへず最初のチェックポイント(?)であるはらのや駅を目指してテキトウ(!)に走ります。
で、走ってたら見覚えのある道に。。。ああココに天浜線ってあったのか。。。知らなかった。。。で、はらのや駅もすぐわかったのですがホントいかにも田舎のローカル線の駅って感じですね~(イイ意味でですよ!?)
さて、ココでさらに行くか今日は終わりかというとこなんですが、、、いや全然まだ行けるし!ということで朝ちらっと地図で見た原野谷ダムまで行ってみようと。
写真はその途中で見た第2東名の工事現場です。なんだか大変な工事してるなぁ~って感じです。そんなん見つつ道路公団の民営化とこの第2東名の諸問題を考えているうち(!?)にいつのまにか原野谷ダムに着いてしまいました。この辺交通量も少ないし走りやすい道ですね~
しかしまあ、なんていうかこのあたりまで来ると静か。。。なんていうか、南アルプスに続いていく山々の入り口って感じの暗さを感じますね。ココから先は人間がいないホントの野生動物や自然の世界で簡単に入っていくことはできない、そんな雰囲気を感じるわけです。それはなんていうか大自然を満喫!みたいなお気楽な感じではなく、ホントの自然の持つ、言葉が変ですが拒絶感みたいな・・・ココから先には入ってくるな!みたいなモノを感じるんですよね~
そんなわけで、舗装路があるうちにUターン(笑)
帰りはお決まりの道に迷い変なとこに出てしまうという現象が起きて(笑)気付いたらエコパに・・・えらい遠回りだ!!!
そんなわけでちょっと最後の数キロは足がかなり売り切れ状態でしたが(泣)なんとか無事生還!たぶん100キロまではいってないですけど80~90キロは走ったものと思われます、なんせサイコンが動いてなかったので正確にはわかりませんが。
しかしまあ、1月だと言うのに結構走れるもんですね~これは3月には150キロいけるんじゃないですかね?もちろん例の「チャリで浜名湖」のことですが!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

物欲(笑)

4457b90f7c36e1png_0_0_0 ‐チャンスを見い出し、技術によって解明し、それを芸術へと高めていく‐ オークリーの企業精神は、そこから生まれた。サングラスにおいては、斬新なデザインで注目を浴びることが多いが、そのデザインは全て機能を追求した結果生まれたものであり、そのクォリティーの高さは・・・・・

そんなわけで今なんかオークリーのサングラスが欲しいのです(笑)
僕は自転車に乗るときにあまりヘルメットはかぶりませんがアイウェアだけは絶対にしております。ヘルメットよりサングラスの方が重要と思ってるわけです。
目になんか入るとか何らかの物体が飛んでくるという単純な危険はもちろんのこと、やはり有害な紫外線のもたらす弊害というか、、、特に目に紫外線を浴びるのは皮膚にあびるのより悪いというのをどっかで読んだことがあって・・・それにやはりカッコイイじゃないっすかアイウェアってのは(笑)
現在、僕の愛用してるのはSWANSのエアレスってヤツなんですが、全く同じモデルのブラックミラーレンズとクリアレンズの2本を天候によってチョイスして使ってます。
しかしね~、なんか飽きてきたんですよ、そろそろ違うのも欲しいなぁなんて(笑)
そんなわけでイロイロ物色してみるとやはり行き着くのはオークリーだったりするわけで!
RACING JACKETとかMONSTER DOGあたりがぁぁぁぁ。。。って高いんだよなぁ。
サングラスで1.5~2万オーバーとなると簡単に買ってしまうには躊躇するゾーンっすね~そうでなくても昨年末からNEWバイクを買ったりSUUNTOも・・・お金使いすぎかも。。。
オークションってのもありますが、なんかオークリークラスだとニセモノが出てそうだし難しいトコです。
嗚呼、どうしたものか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

法多山!

Dsc01118

法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)は、静岡県袋井市にある高野山真言宗別格本山の寺院。一般に法多山と通称され、寺号の「尊永寺」よりも「法多山」の名で広く知られている。遠州三山の1つ。本尊は聖観音厄除け観音として知られ、厄除だんごが名物となっている。。。。(ウィキペディアより引用

というわけで、初詣に法多山・・・しかも自転車!
写真のトコまではけっこう階段登っていかないといけないのですが自転車かついで行ってしまいました・・・こんなヤツは他にいないでしょう!というか参拝の皆さんにご迷惑をおかけしてスイマセンでした(笑)
ちなみに、今日から仕事だったのですが半日で終わったので会社の自転車野郎二人で思わず行ってきたのですが・・・いやねえもう4日だからガラガラかと思いきやスゲー人がいてビックリしました。。。
ちなみに、自分は全面が黒で裏面が超ヴィヴィットカラーのイエローというサイクルジャージにミラーレンズのサングラス、もう一人は地球防衛軍みたいな長袖シャツとハーフパンツ(!)という出で立ちだったので「なんだあいつらは!?」と思われていたでしょう(笑)
ちなみにそのカッコウでもしっかり法多山だんごは食べてきました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 3日 (水)

おめでとうございます!

Dsc01116 あけましておめでとうございます本年も・・・ってもう3日ですけど(笑)
はてさて、正月休も今日までなのでとりあへず乗っとかなくちゃね!というわけで、またしても弁天島。
前に書きましたが「心拍計」という新兵器を装着し(笑)GOです!
で、この心拍計なのですが・・・やはりただつけてるだけでは単に現在の心拍数がわかるというだけになってしまうので、何らかの目的をもっていかないといけません。
ネット検索してみたりすると、心拍計=トレーニング的なモノが多く出てきますが自分としては自転車に乗ること自体がトレーニング的なモノになってしまうのはイヤなのですよね。でも、やはり自転車に乗ってより遠くにより長い時間乗れるようになりたいわけです(それプラス速くなったらいいかなぁ~笑)
そんなわけで心拍計・・・トレーニングとして乗っているわけではないですが、トレーニング的な知識をもって乗るってのは自転車ライドを楽しむ近道になるんじゃないかなぁ、というわけなんです。
雑誌かなんかで読んだんですけど、心拍計はある意味自分と言うエンジンのタコメーターになると。時速を気にするより心拍数を気にした方が自転車と言う有酸素運動にとっては大事、と。
確かにサイコンをつけてから時速ばかり気になってしまって、速く走ろうとして途中でヘロヘロになってしまったりとか。。。とにかくエンジンは自分なのですからオーバーヒートしたりガス欠になってしまったら長い距離走れないし、第一楽しくないじゃないっすか。そんなわけでタコメーターを見ながらエコロジー運転して楽しもうってわけなのです!?
前置きが長くなりましたが(笑)、それにしても正月とは思えないような穏やかな日中、寒さもあまり感じないしなんかこんなんでいいのか!?地球温暖化の影響が・・・などと関係ないことを考えながらもチラチラSUUNTO t3を見ながら走ります。
とにかくLSDなペースを保つこと!今日のテーマ、いやこれからのテーマはコレなのです。
計算の結果、できれば130~150の心拍数で長く走る!コレです。
しか~しね、どうしても悪い癖がでてしまうんすよね~。こう見えても(?)・・・続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続き(笑)

前の記事からの続きです・・・そう、こう見えても(?)大学でまで体育会系部活してたくらいで運動しだすとちょっと苦しいと思うとこまでいかないと気がすまないところがあって・・・心拍数で150以下っていうと変な話なんですけど楽~♪な感じなのですよね。もちろんスピードも出ません(スピードが出ないのは自分の心肺機能の低さゆえですが。。。)
とにかく今日はフロントをインナーにして、90回転以上のケイデンスってやつでひたすら走るのだ!
にしてもやはり・・・これでいいのか!?もっと飛ばさないと!・・・ああ違う!楽~♪な感じで長く走るんだ!妙な葛藤をしながら走って行ったのですが。。。。
しかししかし、それもつかの間・・・悪いことに海岸にでたあたりで一人のローディーの方がおられたのですよね。今から走り出そうとしているその方の横を通り過ぎて数秒後・・・いきなり抜かれた!これであれですよ、LSDはどこかに行っちゃったとですよ(笑)もう思いっきり追走、しばらく走った後そのローディーの方を追い越し爆走モード!ああ苦しい~!!!と思いふと心拍計に目をやると心拍数200!?ああ何やってんだ・・・(笑)
とりあへず、また抜かれるのもアホなので自販機を見つけてストップしました。アクエリアスを飲みながら走り去っていくローディーの方を見送り二度とこんなことはしませんと心に誓う自分(笑)
それにしても、今日は何人もローディーの方を見ました。世の中にはけっこう自転車乗ってる人っているんだなぁ、それにしても皆さんそんなジャージとタイツで寒くないのですか・・・ってすんません初心者で(笑)
その後、タイツな人達に抜かれながらも追走せず(笑)心拍数のペースをなんとか保って帰ってきました。
やはり、心拍数のペースを保ってると長く走れそうと言う感じはします。最初にローディーの方を追い越していったペースででたらめに走っていったらそれこそ途中でヘロヘロになっていたことでしょう。。。
で、平均時速は23キロほどとこれまでより遅くなってるのですが、これは自分の心肺機能の低さゆえということで。(心肺機能がアップすれば同じ心拍数でも速くなるはず!)
とにかく、速さを気にせず長い距離長い時間を走るようにSUUNTOを見ながら走っていこうと、その結果としてちょっと速くなったり坂を登れるようになったりしたらいいなぁ~とチョコッと思うわけです。
そんなわけで今年はこんな走り方でさらに自転車を楽しんでいきましょ~!と正月から思うのでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »