« PULL ME UNDER... | トップページ | Over the hills and far away .... »

2007年2月27日 (火)

Ca、Mg...

仕事柄、ということもあるのですが、今、『水』が気になってます。
水と言っても、飲む水のことで、いわゆる一般的に売られているペットボトルのミネラルウォーターのことです。
自転車で遠出などする場合、当然のことながら走るということは大変な運動をすることになるわけで喉も渇くし水分補給しなければ途中で大変なことになりかねません。
しかしまあ、サイクリング中の飲料、ボトルケージに突っ込んでおく飲料は何が適しているのか!?そんなことをちょっとは考えたりしてみようというわけです。
う~む、何がいいんでしょうね~。
自分の場合、以前はポカリスウェットとかのスポーツ飲料みたいなのとか普通のジュースだったりしてたのですが、そーゆーのだとなんか飲みすぎてしまうんすよね。その手の清涼飲料水だとやっぱり糖分とかもかなり入ってるわけで自転車乗って喉乾いたからと言って飲みすぎてしまうのはいかがなものか。。。
特に自転車と言うスポーツはありがたいことに非常に長時間することができる有酸素運動なのですが、時間が長いために喉が渇いてくる回数も多いわけで特に夏場なんかだったら飲む飲料もかなりの量になるわけでそのたびにその手の清涼飲料水を飲んでたら・・・コレっていいのだろうか?と。
余談ですが、以前、まだ夏だったと思うんですが激坂に挑んだあとスゲー汗かいて喉が渇いたので自販機でなんか買って飲もうと思って・・・何を思ったか炭酸飲料を買ってしまったのですよね~。マジで死ぬかと思いましたよ、飲んだ後苦しくて苦しくて(笑)
それはさておき、自転車のボトルケージに入れる飲料は何がいいんだろう・・・僕の今の結論は自転車のボトルケージに入れるのは「ミネラルウォーター」・・・だと思ってます。
ところで、ミネラルウォーターと一口で言っても実はいろんな種類のものが売られており、成分も微妙に違うんですよ・・・これが今気になってるのです。
ミネラルウィーターのボトルにはたいがい「硬度」というのが書いてあって、「硬水」とか「軟水」とか・・・これはいったい何ぞや?というわけなんですが。。。

水1リットルの中に含まれるカルシウム(Ca)とマグネシウム(Mg)の総量を、これに対応する炭酸カルシウム量(CaCO3)に換算したものを硬度と呼びます。この数値が高い水、つまりカルシウムとマグネシウムを多く含む水を硬水、反対に含有量の少ない水のことを軟水と呼びます。分類する基準にはいろいろありますが、硬度100以下が軟水、300以上が硬水、その間の101~300は中程度の硬水というのがおよその目安になります(サントリーのサイトより引用)

では自転車に乗るときに飲むのは硬水?軟水?・・・ってもちろんミネラルを多く含む硬水のほうがいいわけです!
調べによると、日本の水は軟水が多くヨーロッパなどの水には硬水が多いらしいです。代表的な硬水というとエビアン、ヴィッテル、コントレックス・・・なんかです。
ただ、日本人には軟水のほうが飲みなれてたり飲みやすかったりするそうです。ついでに言うと、硬水は炊飯に使えばお米がバサバサ、お茶を沸かせばお茶の味があまりしなくなるそうですのでそのような用途に使うには向いてないらしいです。

というわけで、今日の研究成果はこのくらいにしときます(笑)
この件に関しましては、実際使ったり、もっと研究してみようと思ってます!

|

« PULL ME UNDER... | トップページ | Over the hills and far away .... »

コメント

BAJAは手放しちゃったですか?
どちらかになってしまいますよね。
その点も悩みの種です。僕はXRなんですけどね、まだ多少未練があるわけです(笑)
水分補給ですね。これから猛暑となると自転車も修行のように過酷になるかと思います。ちょっと登山に通じるところってありますね。
なんだ坂こんな坂って。
登山してると人生なんか考えたりします。
自転車もそうですか?
それと先日、友人のCAAD8に乗せてもらいましたが、結構路面のショックがモロにケツに来て、「う~~ん」って唸ってしまいました。
どうですか?ケツは?
慣れます?
いまだにローディーになるか否かお悩み中です。(笑)

投稿: タカ兄 | 2007年3月 1日 (木) 18時43分

タカ兄さんどうもです。
って、そうBAJAは手放しました。。。まあ、しょうがないところでしたね、自転車にハマリだしてからというもの全然乗る機会がないので誰か他の人に乗ってもらったほうがいいかなというわけで。
バイクともっとも違うのは、車輪を回してるのが自分、ということでしょうね~。だから自分の体がどういう状態かというのを常に気にしながら乗ってる感じです。大袈裟に言うと自分の体と対話しながら乗る、みたいな感じです。そうそう、調子がよければ人生や諸般のことを考えたりもしますよ(笑)
ロードバイクにはサスがないので路面のショックはモロですね~
それでなくても最初のうちはオシリの痛みは尋常じゃないです(笑)
まあ、でもこれは慣れと痛みが出ないようなセッティング、乗り方というところに行き着くわけで、、、よくこの辺は自転車雑誌の特集などにもなるくらいで乗り始めの人だけの問題だけではないのかもしれません。結構その辺、自分も試行錯誤してます。ってオシリは痛くならないんですが肩こりの症状が未だに出るものですから。。。

投稿: ピオ | 2007年3月 1日 (木) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/14072367

この記事へのトラックバック一覧です: Ca、Mg...:

« PULL ME UNDER... | トップページ | Over the hills and far away .... »