« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

Ca、Mg...

仕事柄、ということもあるのですが、今、『水』が気になってます。
水と言っても、飲む水のことで、いわゆる一般的に売られているペットボトルのミネラルウォーターのことです。
自転車で遠出などする場合、当然のことながら走るということは大変な運動をすることになるわけで喉も渇くし水分補給しなければ途中で大変なことになりかねません。
しかしまあ、サイクリング中の飲料、ボトルケージに突っ込んでおく飲料は何が適しているのか!?そんなことをちょっとは考えたりしてみようというわけです。
う~む、何がいいんでしょうね~。
自分の場合、以前はポカリスウェットとかのスポーツ飲料みたいなのとか普通のジュースだったりしてたのですが、そーゆーのだとなんか飲みすぎてしまうんすよね。その手の清涼飲料水だとやっぱり糖分とかもかなり入ってるわけで自転車乗って喉乾いたからと言って飲みすぎてしまうのはいかがなものか。。。
特に自転車と言うスポーツはありがたいことに非常に長時間することができる有酸素運動なのですが、時間が長いために喉が渇いてくる回数も多いわけで特に夏場なんかだったら飲む飲料もかなりの量になるわけでそのたびにその手の清涼飲料水を飲んでたら・・・コレっていいのだろうか?と。
余談ですが、以前、まだ夏だったと思うんですが激坂に挑んだあとスゲー汗かいて喉が渇いたので自販機でなんか買って飲もうと思って・・・何を思ったか炭酸飲料を買ってしまったのですよね~。マジで死ぬかと思いましたよ、飲んだ後苦しくて苦しくて(笑)
それはさておき、自転車のボトルケージに入れる飲料は何がいいんだろう・・・僕の今の結論は自転車のボトルケージに入れるのは「ミネラルウォーター」・・・だと思ってます。
ところで、ミネラルウォーターと一口で言っても実はいろんな種類のものが売られており、成分も微妙に違うんですよ・・・これが今気になってるのです。
ミネラルウィーターのボトルにはたいがい「硬度」というのが書いてあって、「硬水」とか「軟水」とか・・・これはいったい何ぞや?というわけなんですが。。。

水1リットルの中に含まれるカルシウム(Ca)とマグネシウム(Mg)の総量を、これに対応する炭酸カルシウム量(CaCO3)に換算したものを硬度と呼びます。この数値が高い水、つまりカルシウムとマグネシウムを多く含む水を硬水、反対に含有量の少ない水のことを軟水と呼びます。分類する基準にはいろいろありますが、硬度100以下が軟水、300以上が硬水、その間の101~300は中程度の硬水というのがおよその目安になります(サントリーのサイトより引用)

では自転車に乗るときに飲むのは硬水?軟水?・・・ってもちろんミネラルを多く含む硬水のほうがいいわけです!
調べによると、日本の水は軟水が多くヨーロッパなどの水には硬水が多いらしいです。代表的な硬水というとエビアン、ヴィッテル、コントレックス・・・なんかです。
ただ、日本人には軟水のほうが飲みなれてたり飲みやすかったりするそうです。ついでに言うと、硬水は炊飯に使えばお米がバサバサ、お茶を沸かせばお茶の味があまりしなくなるそうですのでそのような用途に使うには向いてないらしいです。

というわけで、今日の研究成果はこのくらいにしときます(笑)
この件に関しましては、実際使ったり、もっと研究してみようと思ってます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

PULL ME UNDER...

Dsc01173 はてさて、今月もあとちょっとですが・・・・今月はホント全然走ってないっす(泣)
休みの日が空いていなかったり風邪が長引いたこともあって、よくよく考えてみると今月の最初に熊~滝沢を走った1回以外全くといっていいほどCAAD9に乗ってないかも。。。1月は500キロ位乗っているので今年はかなりの距離いけるかと思ってましたが簡単に頓挫です(笑)
まあ、そんなわけで今日は久々に一人自転車ライディングに行ってきたのですが。。。いやあ笑っちゃうくらいスピード出ねぇ、嗚呼(泣)
ちなみにコースは自宅から旧豊岡村の敷地というとこ経由して山登り、天竜の只来というとこに出て二俣経由で帰ってくるという約60キロ弱のコース。
それにしても、今日はローディーの方に結構すれ違いましたね~。自分がメチャ遅なためか皆さんがスゲー速く見えること(笑)なんか途中でピンクと紫を足したような色のおそろいのジャージの軍団にあっさり抜かれたりとかね、、、嗚呼、なんか軍団に抜かれるのは腹立たしいな(笑)
なんつうか、僕は自転車に乗るのに「速さ」を求める人ではないのですが、やっぱしそれにも限度があるというか・・・ある程度のスピードで走れないと楽しさも少ないじゃないっすか。う~ん、、、ともかく今日は全然スピードにのらないのでなんかイヤになってきそうだったわけです(笑)ちょっとマジメに走りこまないといけないかなぁ!!??
ちなみに、写真は二俣の手前にある機関車・・・不良学生はダメなんですね(笑)

Dsc01175 そんなわけで、久々に乗ったあとは例のパーツの取り付けしてみました。軟弱の象徴12-27Tスプロケットです(笑)
ちなみに、105とそんなに値段違わないのでアルテグラ6600を購入、微妙にグレードアップ!
表面がニッケルメッキなので見た目もグレードアップ・・・ってそんなとこ見ないよな普通。。。
まあでも、12/13/14/15/16/17/19/21/23/25が12/13/14/15/16/17/19/21/24/27になっただけで、大きなギア2枚だけが違うという仕様なので平地を走ってる分には同じですよね。大ギアの2枚なんて坂道でしか使わないだろうし。
これで滝沢をなんとしても制覇するっすよ~!それプラス、アップグレードで走りが軽くなっていればいいんだけどなぁ。次の休みに試します~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月20日 (火)

among the living !?

いやはや。。。本日は5日ぶりに自転車通勤しました。天気が悪かった、ということもありましたがそれ以上に『風邪の諸症状』のためとても自転車通勤できるような状態になかったので。。。というか、仕事するのもギリギリで(いやいや、というか休めよ!という感じだったのですが。。。)とても自転車で通勤などとは言ってられない感じだったわけです。情けない話です(泣)
余談ですが、僕は医者とか病院がスゴク苦手というか・・・「もうどうにもならない!」というところまでいかないとその手のところには行かないんですよね。今回も結局医者に行くどころか、体温を測るのさえ拒否(熱があったら病院に連行される恐れがあるため・笑)ホントは仕事中にKO寸前になってましたが気力でゴングまで立ち続けた・・・みたいな感じのときもありましたね。というわけで、病気や怪我など起きると長引く傾向にあります(自分で言ってどうする!?)
ようやく今日になってまともに生きている感じ(?)になってきたので、溜まっていた自転車ライド欲を満たすため帰宅後にも2週間ぶりにCAAD9にもチョコッとだけ乗ったりしてました。ああ~自転車に乗れるのは気持ちイイですね~
なんというか、マトモに生活できて好きなこともできて・・・という暮らしができるという幸せを感じるためにも『健康』には充分気をつけていかないといけないなぁ~と思いますね。
ふぅ~・・・・

はてさて、それはさておき、仕事帰りに自転車雑誌「funride」を買ってきました。
「ヒルクライムのすべて」・・・・・・・・この特集に惹かれた(笑)
『Mt富士ヒルクライム』このイベントは出てみたいなぁ~・・・って別に僕はレース志向ではないのですが、興味はアリアリなわけですよね、どんなもんなんでしょうこういうのって!
ちなみに「初心者のチャレンジ大歓迎!」とか書いてあるので大丈夫だよな出ても(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

JK

ジープブランドの核となるラングラーがフルモデルチェンジで5代目へと進化
モデル史上初となる4ドア「アンリミテッド」の設定とV6エンジンの採用という・・・(GOO WORLDより勝手に引用)

JEEP WRANGLERのフルモデルチェンジの話はなんとなく知っていたのですが『JK』ですか・・・なんかクライスラーから毎度やってくるお知らせが今回は「4X4MAGAZINE」のJK特集の記事の抜粋だったのでそれ見てかなり気にしてみました(笑)
どーなんでしょ~!4リッター直6OHVエンジンが3.8リッターV6エンジンに!?ボディーが全幅・全長とも拡大!?メチャメチャ現物を見たい。日本発売は今年の春ですか!?
ぶっちゃけ、4ドアの『UNLIMITED』にかなり惹かれるなぁ。。。これなら自転車を楽々積めそうだし!?
って、そうなんだよねえ、しばらく自動車よりも自転車にばかり乗っているのでクルマ見るときも自転車が載るか?とかそんな尺度で見てしまっている(笑)
そういえばTJのフルオープン走行とかしばらくしてないなぁ。う~む。
それにしても、クルマもアメリカ車、自転車もハンド メイド イン アメリカ・・・別にこだわっているわけではないんですけどね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

キャノンデール満喫!?

Dsc01169 仕事がらみで東京に行くことがあったのですが・・・ついでにキャノンデールストアに行ってきました~
CAAD9のその他のカラーも見てきましたが・・・やはり『NEO』のカラーは目立ちますねあれは(笑)
HealthNet Team Replica』ってカラーは雑誌とかネットで見た限りは好みじゃないと思って全く想定外でしたが、実物を見たらコレいいじゃないっすか・・・って感じでした。
う~む。。。
ちなみに、写真のショーウィンドウにあるのはSYNAPSEと・・・なんだっけ!?
まあ、とにかく目の保養になりましたよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

think it of all (???)

はてさて、3度にわたる上り坂失敗で(泣)イロイロ考えてみたところギヤというところに少し興味が湧いてきたとです。
CAAD9のフロントは53/39T、リアスプロケットは12~25T。これはまあたぶんですけど、僕の調べた結果スゴク普通な設定ではないかと思われます。

ちなみに・・・「フロントギヤの歯数÷リアギヤの歯数×2.1×60×ペダル回転数÷1000」という計算式でその時のバイクの速度(時速)が計算できる(「ロードバイクバイブル」エンゾ早川著 エイムック から引用)というので、CAAD9のフロントアウターでリヤを最小ギヤで1分間に90回転ペダルをこぐと44.5km/hというスピードが出ることになるわけです。
さらにいうと、フロントアウターでリアを19Tのギヤ、ケイデンス90で・・・31.6km/h。このくらいでいつも走れたらいいんですけど(笑)な~んてことを知っていると多少走りに違いが出るとか出ないとか!?とエンゾ氏は本の中でも言ってます。

それはさておき、まあぶっちゃけ、滝沢を登りきれなかったり坂道が続く場面を走るたびに思ってたのですが・・・もうちょっと軽いギヤがあってもイイなぁ、と。。。。ああ書いちゃった、軟弱でスンマセン(笑)
とはいえ、よく雑誌やなんかで目にする「コンパクトクランク」、これにまで手を出すのはどうかと思うんすよね~。ましてや今さらフロントをトリプルにするなんてありえないですよね。。。ちゅうか、自分のCAAD9は元々コンパクトクランクだったヤツをノーマルに替えて納車してもらったヤツだけにとにかく今さら・・・なのです。
そこで、リアスプロケットを替えてみる、というのに注目してるわけです。
変な話、イロイロ調べた結果、リアスプロケットを走るシチュエーションによって替える、というのはアリみたいなのです。とはいっても、普通は平坦なトコだともっとへヴィーなギヤに替えてより速く!ということだと思うのですが・・・アリはアリなのです(!!??)
つうわけで、今ついている105のリアスプロケ12~25Tを12~27Tにチェンジしたらどうかなぁ、と思うわけですよ。
ちなみに上り坂の場面、、、いわゆるファイナルロー、一番軽いギアでフロント39Tリア25Tでケイデンスが40としますと時速は7.9キロ。これがリア27Tでは7.3キロということになります。う~ん、イマイチわかりません。
というわけで方程式を解いて(笑)このファイナルローで急坂を登る時にですね7.5キロの時速が出ているとしますと・・・それがリア25Tの場合ケイデンスは38ということになります。27Tのときは41です。。。。。3違うんだ。。。。。それってどうなの!?!?(笑)
やはりこの辺、数値で考えても体感してみないとわかんないっすね~
とりあへず替えるだけ替えてみようかなぁと。

・・・・などと自分を鍛えるとかそーゆーことはあまり考えない自分でした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

3度目の滝沢展望台でまた・・・

Dsc01162_1 いやもう、このブログのタイトルも「滝沢に登れない人ブログ」とかにしたほうがいいんじゃないかと思ってます(笑)

さてまあ、今日は仕事休みだったのですが会社の自転車人もう一人が行きましょう~!というのでロングライドに行ってきたとですよ。
しかしまあ、朝起きたらアホなほど強風。
ウチから出発するのは諦めて、車で船明ダムまで行き、そこから天竜の山岳地帯を登りまくろうというコース。
船明ダム⇒くんま水車の里⇒いなさ湖⇒そして・・・滝沢展望台!
まあ、「くんま水車の里」は以前jamjam@bicycle+αのやひこさんが行った記事を見て自分も行かなくては!と思ってたのと、うむ、そこからなら山の中を通って滝沢に再度アタックすればちょうど距離的にはイイ感じになるのでは、というかなり安直な考えの企画。
というわけで、GOです!

はてさて、しかしまあ、船明をスタートして横山方面から熊を目指していくわけですが、そのやひこさんの記事からするとそこから登っていけばそんなきつくないというような感じと思ってたのですが・・・いやいや全然きついし(泣)
ホント、二入で走っているから行けてるものの一人だったら泣きながら帰っているところですよ。ず~っと上りだし、寒いし、人のいる気配はないし。。。
まあ、なんとか写真の通り「くんま水車の里」にたどり着きそば食べてます(笑)ちなみにこの男は自分ではなくて一緒に走ってた野郎です。まったく自転車専用ウェアとかには興味がないヤツでペダルもビンディングではないフツーのにスニーカー・・・よくこれで走れるなぁといつも感心します(笑)
ちなみに、少しはローディーの方もいるかと思ったのですがさすがに今日はいませんでしたね~バイクで来てる人は結構いましたが。というか、今日は一日ローディーの方にはすれ違いもしませんでした。風が強かったからか?
さてまあ、そこからはずっと下り!こがなくても時速30キロオーバー!なんてうれしいんだ~!!・・・ってのはつかの間で、途中で引佐方向に曲がるとそこからはまたしても登り。。。
二人で走るのも楽しいですが、登りで止まるのは情けないという感じになってくるのでそりゃもう気力でノンストップ走行ですよ。なんとか峠を越え、いなさ湖を見ながらいざ滝沢への上り口へ!
Dsc01165「展望台2.6km」・・・ついに3度目のトライ!
なんかね、ココまでかなりの距離のヒルクライムしてきて足はかなりきてるんですがなんか行けそうな気がするんすよね~
ランナーズハイってヤツっすかね、エンドルフィ~ン出てちょっと麻痺してきてる感じ!?もう坂など恐くない(笑)
つうわけで、登り始めたのですが・・・・いやもう、マジでショック!
前回、後輪が滑って止まってしまったポイント、まさにそこで一緒に行ってた野郎が力尽きて止まったんですよ~僕の真前で(笑)よけれなくて僕も止まってしまったじゃないっすか~
僕としてはまだ今日は行けた感があっただけに悔しい~ちぃ~!
また、挑戦しないといけなくなってしまったかな、まあ次回はしばらくあとにしときます。
そんなわけで、とりあへず滝沢展望台まで行くだけ行って帰ってきました。船明ダムに着く頃には日が沈む直前くらいでちょうどイイ感じの時間でした。
帰りは浜松天王乃湯「お~風る」なるトコによって疲労回復!意外と料金が高くてビックリ
(笑)
というわけで、また自転車な一日が終わるのでした。こんな自転車ばっかし乗ってていいのでしょうか!?!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »