« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月22日 (水)

HEAVEN CAN WAIT ③

Dsc01307 はて、そんなわけで三本滝のゲートを出発しいざ畳平へ!
ちなみにココからバス・タクシー・自転車のみが通行可能というわけで非常に快適です。
なんと言ってもこーゆー山の道で恐いのは突然迫ってくる自動車っすからね~
上りの左カーブでイン側が一瞬だけ超急傾斜になってたりしても車が来るのではと思うと無理してそこを上らなくてはいけないのですが、車が来ないとわかってれば道の横幅を存分に使って斜度の緩やかなアウトを行けばいいんすから楽です!
このマイカー規制は自転車にとってはイイですね~、ホント自転車に乗ることだけに集中できますから!まさに自転車野郎にとっては天国という感じです(笑)

ってわけで、三本滝ではへたっていましたが、徐々に調子が出てきてアドレナリン・エンドルフィン大奉仕!しんどいにはしんどいのですがなんか楽しい(笑)
そして、素晴らしいのは上るにつれ変わっていく風景。超イイ天気に恵まれたこともありますが見渡す限りほとんど絶景!やはり標高が高いというのは見える景色が違いますよ。
タイムを競って上っているわけではないので途中途中止まっては乗鞍を堪能
水が流れてるところではありえないくらい冷たい水を堪能、付近に温泉もいっぱいありますが硫黄の臭いがすごい!
位ヶ原山荘ってとこでは見知らぬ人とトークを堪能(笑)、女性の方も上って来て「足がプルプルです(笑)」とか言ってましたが、いやいやすごいっすよ!
そして、大雪渓!ホントに雪が残ってるんすね~マジでビックリ!しかもよくみたらホントにスキーしてる人がいるじゃないっすか。。。いやはや。。。
それにココらあたりまで来ると森林限界っていうんですか、木がなくて完全に視界が開けてるわけです。これはまるでDVDで見た「GIRO D’ITALIA」の山岳みたいで感動しますね(笑)もはやしんどいとか疲れとかもふっとびこの素晴らしい天国を満喫ですよ!
Dsc01310_2 ってなわけで、遂に畳平に到着!
ホントに来た~!!!!マジでうれしいですね~こういう瞬間って(笑)
で、しばらく畳平を堪能。
岐阜県側から上って来る人もいるのでそりゃ自転車だらけですよ、ホントありえないくらい自転車がいっぱい、まさに自転車天国(笑)

というわけで、あとは下りをゆっくり下って温泉入って帰ってきました。
さすがに一日で10時間以上も車の運転するのは疲れました(笑)
いや~、でもコレはまた行きたいですね。もうちょっと早い時期に行ってもっと雪があるのを堪能したりとかそのまま畳平から登山したりとかしても良さそうです。・・・つうか日帰りじゃなくて行きたいです(笑)
とにかくまた来年!Heaven can wait!天国は待っててくれますよ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月21日 (火)

HEAVEN CAN WAIT ②

Dsc01304 さて、無事乗鞍観光センターの無料駐車場に着いたのは良かったのですが・・・まあ、途中の道で「只今の気温18℃」とか表示されてたので薄々は気付いてたのですがホント涼しい・・・つうか寒いですマジで!
完全なる夏装備というか半袖ポロと膝丈パンツにサンダルという格好だったので寒くて外に出れねえ位ですよ。昨日まで暑い暑いといいながら仕事してたのとは大違い!いやはや。。。
って、ね、そんな寒い5時台の乗鞍駐車場なんですがすでに結構人がいるのです。
こんな朝早くから来てるのですからフラっと来ちゃったみたいな人はいなくて本気モード(?)の人ばかりなのですが・・・大まかに分けると2種類の人がいて、山登りしに来た人と自転車に乗りに来た人
そうなんすよ、すでに自転車人が結構いるのです!しかもすでに走り出そうとしてる人とかも・・・・こんな早くから行くのか!?という感じですが。。。自分らはこの寒さで車外に出るのさえためらう位っす(笑)
それに、なんと言っても昨日は普通に8時くらいまで仕事してその後徹夜で走ってココまで来ているワケですからとても「さあ行くぞ~!!!」ってワケにもいかず・・・しばらく寝てました(笑)
で、結局、レーパン穿いたり観光センターでおにぎり買って食べたり・・・とにかくまったり準備してたら出発する頃には8時過ぎてました(笑)
この時間になると、ああやっぱり夏なんだという感じの気温にもなってますし、駐車場もかなり込み合っています。
山登り風の人が圧倒的に多いのですが、中にはスキー板を持ってる人も!8月にスキーですか???おおぉぉぉ。。。
まあ、そんなわけでシャトルバスに列作ってる人たちを尻目にいざ自転車でGO!!!です。
はてさて、この乗鞍のヒルクライム、調べによると距離は約20キロ、平均勾配は6%ちょっとらしいです。
まあ、富士山でヒルクライムしたとき同様、僕にとってはこれは完走するだけでもキツイと思われるスペック(泣)まあ、とにかく焦らず行きましょう~!・・・という感じだったのですが、いやはや、思いのほかしんどい。。。。
普通に走っても坂ですからしんどいでしょうけど、なんせ昨日から寝ずに夜を徹してココまで車で走ってきてのヒルクライム。。。
ここ数日、日本列島ではあまりの暑さで熱中症による死者が出ているとニュースを見かけましたが。。。
乗鞍岳で静岡県磐田市の会社員Pさんが自転車ヒルクライム中に熱中症と思われる症状により死亡。Pさんは自転車初心者にも関わらず無謀な乗鞍岳への自転車走行中に倒れ病院に運ばれるも息を引き取った。同警察署では身のほど知らずな自転車走行に警告を発し・・・・いやいやまだ僕は走ってるし!!!危うく逝ってしまうトコでした(笑)
ってまあ、まんざらそんなことがあるんじゃないかってくらいちょっと最初しんどかったっすね。いわゆるマイカー規制の始まるところである「三本滝」の駐車場についたときにはちょっと座り込んでしまいましたもん(泣)
へたって座ってると観光で来た感じの人に「ドコまで行くの?」とか聞かれ「ああ、畳平まで行くんです」「へぇ~そりゃすごいね~」・・・そうっす!こんなトコでへたってる場合じゃない!僕は行くのです!畳平まで・・・・いや天国まで!(笑)

続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

HEAVEN CAN WAIT !!!

Dsc01300 WE ARE IN N O R I K U R AAAAA!!!!
というわけで、遂に行ってしまいましたよ!
自転車野郎の天国(?)・・・乗鞍へ!
いやもう、思ってた以上ですね~何もかも素晴らしいです!
自転車をホビーとして乗ってるなら絶対に1度は行くべきですよ~そのくらい最高のヒルクライムが出来ますよ~

ってわけなんですけど、この乗鞍岳、ウチからちょっとばかり遠いわけです。これは困った。
そんなわけで・・・「ドラえもん~なんか道具出してよ~!!!」
「はい!自動車!」・・・・当り前すぎますか?(笑)
いやいや、実は・・・前の記事にも書きましたが・・・車買い換えちゃった(笑)
5年間連れ添ったTJ君と別れるのはホント辛かったのですが、車検になることもあってココが買い換えのタイミングかなぁ、と。
TJ君に関しては・・・HPもやっていたリ(HPから来た人すんません~)、イロイロ金をかけたり、いろんなトコに行ったり、、、とにかく好きで乗っていた車でいくら自動車税がかかろうとも手放したくなかったのですが・・・自転車が載らないんです(泣)
SIRRUSでしたらがんばれば2台載るのですが、いかんせんCAAD9はフレームサイズが58ということもあり2台目は載りません。じゃあ、車外に積載すれば?ということなんですが、ソフトトップなので上は無理だし・・・というかどうも心配性なので車外に自転車載せてみたいなのはイヤなんすよね~
そんななか、以前の「新城」で借りたレンタカーのバンの積載能力を味わってしまい・・・お~コレいいじゃん!、と。。。
Dsc01302_2
←そんなわけでこんなんなってます。
今回が初出動だったのですが・・・、いやいやメチャメチャ快適だ~!思う存分荷物が載るぞ~!これでドコでも行き放題だ~(笑)
まあ、でも、商用バンで型落ちで中古車で小傷もバリバリの車に替えて喜んでるのですからアホみたいです(笑)そう自転車アホです!?これでいいんでしょうか!?!?

まあ、それはさておき、乗鞍!
イロイロ検索した結果、ウチから現地まではたぶん5~6時間はかかるだろうという予測。
当然のことながら(?)夏休みも連休もありませんので日帰りで行くとなると・・・夜出るしかないということで、深夜0時に出発っすよ(笑)
そんなわけでいつものヒマなもう一人の自転車人を乗せてGO!!!です。
とりあへず、メンドイのでひたすら高速道路を行きます。浜松⇒豊田JCT⇒土岐JCT⇒岡谷JCT⇒松本・・・結局、予想通り現地の乗鞍観光センター前の無料駐車場に着いたのは5時半になってました。
そして現地で一言・・・・・・・「寒い!!!!」

続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

RESPECT

「乗鞍」に行きたい・・・
というか行こうと思ってます。
もちろんブログに書くくらいだから自転車ヒルクライムをするためです。
なんだか無性にヒルクライムしたいのです。
すべてを忘れて。

早いもので君がいなくなってもう5日が経ちました。
あまりに変わらない日常に全部夢だったのかと思うくらいです。
こんな風に離れることにはなりたくなかったけど、許してください。
僕はローディーとして生きていきます。
僕は遠くに行きたいんです。

そんなわけでまずは乗鞍。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

Making the road blues

Dsc01298 暑いですね~
こんな暑いと自転車通勤で会社に着く頃にはつゆだく、いや汗だくになってます・・・・・そう会社に・・・・・え?皆さん夏休みなんですか?あの~夏休みって子供だけのものじゃないんですか?あ、違うんだ・・・・
そうっすよ!僕は今日も明日も明後日も次の日も次の日も・・・・仕事っすよ!年中無休、24時間営業っすよ~(!?)
そして、雨が降らなければ自転車通勤!ホント早く涼しくなってくれ~(泣)

まあそれはさておき、密かに「第2回天竜サイクル・ツーリズム」が開催されるそうで、すでに募集が始まっている模様。
とりあへず、募集要項を取り寄せてみました。
なんかこーゆーイベントの申し込みって定員いっぱいになるのがだいたい昨年より早いようなので急がないと!?
たしか「ぐるっと浜名湖」も昨年よりだいぶ早く定員に達したみたいだし、そういや「富士チャレンジ200」も危うく締め切られるトコでしたよ。
とにかくこの「天竜」は外せないっす!
つうのも、昨年のこのイベントに出たのが初めての自転車イベントでして。。。これがきっかけになってローディーへの道に進むことになったと言っても過言ではないっすからね~
あれから一年・・・冷めた女房に、冷めたご飯。今、家庭の中で暖かいのは便座だけ・・・って危ない!暑さで綾小路きみまろになるところでした(笑)
いや、あれから一年でロードバイクにも乗ればレーパンも穿くようになりました。富士山にも登ればエンデューロにも出ました。きっと新宮池への登りも楽々・・・いや、昨年よりも楽に・・・・いや、たぶん今年も苦しむでしょう(笑)せめて足が攣らないようになっていればいいんですが。。。
そんなわけでまた「おもてなし」を楽しむかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

Peace sells...but who's buying?

ラクダのコブのある自転車乗りになりたい (単行本)  エンゾ早川著 双葉社
人生も自転車もやりなおせる!
生きる苦難とオマタの痛みにうちひしがれたすべての迷えるロード乗りに贈る”自転車福音書”*「ラクダのコブ」=正統ロードバイク乗りの背中にほぼ見つけることの出来るフシギな隆起のこと。

そんなわけでまたしてもエンゾ氏の本を買ってしまいました。
もしかしたらこの人の本をすべて持ってるのかもしれません。
なんつうか、前にも書きましたけど、この人のことが好きなんですよね(笑)
実際、自分もそうだったのですが通勤や趣味にと自転車買ってもイイ歳して乗る自転車って結構辛かったりするんすよね。
プロフィールにも書いてますけど、数年前、何を思ったかSPECIALIZEDのSIRRUSを買って自転車通勤しようと思ったのですが・・・ほんの10分も走れば息も絶え絶え・・・オマタも痛ければ膝も痛い、腕も痛い・・・なんで自転車ごときでこんな辛いんだ!?たかが自転車で。。。そんな失意の中あっさり自転車を放置していた自分です。
ぶっちゃけ、自分は大学行ってまで体育会系部活していたくらいで一般人より体力はあるはずと思い込んでただけになんかイヤでしたね。
まあ、実際のトコ、大学で部活して関東リーグとかにでてた頃より体重は10kg増(笑)、就職してから継続して運動することもなく体力も落ちまくっていたことは間違いないし、なんと言っても自転車の乗り方というものが何もわかっていなくてママチャリ的な乗り方で良いと思っていたこと・・・まあ、今考えると辛いに決まってるよなという感じです。
そんな中まさに「やりなおせる!」という言葉の通り、再び自転車に興味を持ち遂にはロードバイクを買ってしまうまで至るのは自転車雑誌「BICYCLE CLUB」でこのエンゾ氏の文や考え方に出会ったからかもしれません。
特に、その雑誌でツーキニスト疋田智氏にエンゾ氏がフォーム改造する特集の号はもう何回読み返したかわからないくらいです。
速いことよりもラクに楽しく美しく・・・そのためにどうすれば良いのか?。。。人生の苦難とオマタの痛みに打ちひしがれた自分(笑)にとっては正にそれこそが知りたいことであり、そのことを教えてくれるこの人はエンゾ氏というよりエンゾ師と言ったほうがイイんじゃないかと思うくらいです。
まあ、そんなわけでこの本も買ってしまいました。ぶっちゃけ、前に買った本と同じことが書かれているだけだったとしても買ったと思います(笑)
実際、エンゾ氏の理論というか考え方は「ロードバイクバイブル」と「ロードバイクセッティングバイブル」に書かれていますのでその2冊があれば・・・という気もしますが、こちらの本ではエンゾ氏がどうやってそこに至ったかとか自伝的なこととか店の客の話とか、、、まあ、こっちはエンゾ氏自体に興味がある人向けなのかもしれません(笑)
それにしても、エンゾ氏はあの今中氏にもアドバイスを受けてたんすね~これは知りませんでした。
まあ、そんなわけで・・・次はドコに繰り出そうかな~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »