« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

BOUND TO FAIL・・・I'm in the FUJI SPEEDWAY!!!③

Dsc01363  というわけで遂に最終周!
残り時間は9分・・・ありえないくらいギリギリのタイムで計測地点を通過。
ここでラストスパートしなければいったいいつするんだ!?!?って感じで直線を踏みまくる!レース序盤並みの時速が出ている!
コーナーに侵入する!下りを下る!曲がる!下る!
そして最後の上りへ!もう足が攣ろうがなんだろうが関係ねぇ!踏みまくる!
「残り3分~!」とかいうアナウンスが聞こえる!
なんとか最後の坂を上り切った!
最終コーナーを曲がる!
足は攣ってない!
あとはラストのメインストレートを計測地点まで踏みまくるだけだ!
フロントをインナーからアウターにシフト!
行け~!!!
ゴールスプリントだ~!!!

・・・あれ?
なんだこのジャラジャラって音は?
え?
前に進んでないぞ?
あの~?
もしかしてチェーン外れました?
・・・?
ん~外れたみたいですね。
痛恨のミスシフト!!!

ありえねぇ~!!!!(号泣)

自転車に乗ったままチェーンを元に・・・・もどらない!
残り1分~!」というアナウンスが聞こえる。
自転車から降りてチェーンを元に・・・・もどらない!
最終コーナーにいたギャラリーの人が「こんな時にかわいそうね~」とか言ってるのが聞こえる。
とにかくチェーンを元に・・・もどらない!
残り30秒~!」というアナウンスが聞こえる。
チェーンを・・・

終わった・・・・

コース外の芝生の上に倒れました。
なんつうか、全ての力を使い果たしたので立っていられなかったっす。
完走出来ませんでしたけど不思議と全然悔しくはなかったっす。
なぜなら全ての力を出し尽くした、いやそれ以上の限界を超えた力を出してココまで走ってこれたわけですから。
ホント、この芝生の上に倒れていた何十秒?いや何分?かは完全に無の境地に行っちゃってましたね。
朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり・・・なんかそんな感じでしたね。

まあ、そんな感じで富士チャレンジは未完走と言う残念な結果に終わりました(泣)
チェーンが外れなければ?7時間のうちでもう1分も2分もどこかで短縮していれば?もっと良いホイールをつけていれば?この1ヶ月でもうちょっと乗る時間があれば?いやいやそんなんも全てひっくるめて実力不足だったと思います。
全て出し尽くしたので後悔は全くありませんけど、なんというかまた新たな目標が出来てしまった感じですかね。「富士チャレンジ200を完走する!」という目標が(笑)
今、書きながらも足がまだメチャメチャ痛いのでしばらく自転車に乗るのはこらえてまた出直したいと思います!
もうホント来年は楽々完走してやるぞ~(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月30日 (火)

UP TO THE LIMIT・・・I'm in the FUJI SPEEDWAY!!!②

Dsc01365 さて・・・そんなわけで、皆さんがぞろぞろ動き出したのにつられて我々もいざサーキットへ!
それにしても2000人以上が同時スタートとなればもうホントうじゃうじゃです。何がどうなってるのか!?!?
オープニングセレモニーで参加している俳優の鶴見辰吾氏が「今回は完走率100%!!!」とか言ってるのだがドコでしゃべってるんだろう???・・・・なんて思ってるうちにいつのまにかスタート!!!え?あ?GO!!!です!!!
・・・でもこれだけいるのですぐには進まない、スタートライン通過するまでに2分くらい経ってたっす。
しかも。。。一度「ツールド新城」でエンデューロの経験はあったわけではありますが、まあココまでの大人数でのスタートと言うのは初めてでして、まあ最初はゆっくり行こうと思ってたのですが・・・いやもう皆最初からがあれば割り込んでこようという感じで、場慣れしてない自分には恐い恐い(笑)最初のコーナー曲がると下りでスピードも出るのですがこれはもう慣れてないと恐いと言うか危ないっすよね。。。実際、その後、落車とか事故も序盤では結構起きてましたし。。。
そんなわけで、最初の1周回は10分!これはいかん!(笑)
もちろん走るに当たっての計画というのも立ててたのですけど、とにかく最初の3時間で100キロ!そうすればあとはフツーに行けば完走できるだろう・・・、と。で、最初の3時間で100キロ走るには平均時速33キロ、1周8分ちょっとで行かなければならないわけですよ。このペースではいかんというわけでちょっとペースアップ。でも、「新城」の経験がありますので飛ばさないように無理しない範囲でペースアップ、2周回したところでは18分!これでイイ!このペースで行けばいけるはず!
3周、4周・・・結構イイペースを維持!ホントは3時間でピットインの予定だったのですが、ボトルが空になってしまったので2時間のところでピットイン。まだ余裕があったので周回確認所で周回を確認、その時点で15周回!このペースなら3時間で22周回、100キロ行けるじゃないっすか!イケてますよ!!!
そして、バナナ食ってボトルに飲料入れて再出発!
・・・って、しかしココから天気はイイのですが自分には暗雲が立ち込めだします。。。
足が・・・足がやばくなってきました(泣)
この富士スピードウェイのサーキットコース、何でかしらないけど上りがあるんすよね~
最初はアウターのまま上り切ってましたけど、徐々に無理めに・・・ココでがんばりすぎちゃうと足が・・・足が攣りそう(泣)
ちょっとやばくなった時、足をバンバン叩いてたら隣走ってる人に「僕も足やばいっすよ~」とか話し掛けられる(笑)
いや~やっぱし、無理しないギリギリと言っても時間と距離が伸びてくれば無理はどうしても出てくるわけで、、、ココ1ヶ月全然乗れなかったツケか、それとも単なる実力不足か足に異常をきたすわけですよ。嗚呼ホント悔しい!
そして22周回、100キロ通過・・・3時間過ぎてる・・・もしかして?ペース遅い???
でも、足が・・・足が・・・もう攣ってます(泣)いや~もうこの辺で周回数や時間やらの計算がイマイチ出来なくなってきたっす。今のペースはイイのか悪いのか?!
よくわからないままボトルが空になったので4時間過ぎてピットイン。周回を確認すると26周回。。。この何周回かは全て1周9分台のラップになってます。。。これは。。。これではやばいんじゃない!?!?時間がない!!!!
それでも、ボトルに飲料入れバナナを大急ぎで食って再スタート!ピットインしてる間にも時間は過ぎるわけで、残りはもう3時間をとうに切り、残りあと18周回、ココ何周かは9分くらいで走っておりもうすでに足は限界となると・・・・朦朧とする頭で計算した結果・・・あ~ギリギリだぁ~・・・・・・・。
もう、ピットに入る時間もないしペースダウンも許されない、でも足は限界、ぶっちゃけ両足が微妙に攣ってるし。。。
なんかね~、ココからの周回はホントに辛かったですね。。。なぜか、これまでの人生の辛かった経験が一斉に頭をよぎるんですよね。あの時あんな事しなければ・・・あの時ホントに泣きたかった・・・あの時なんであんなことになったんだろう・・・あの時・・・あの時・・・ココでやめればどんな楽になるだろう、と思いますよ。でも、なんつうかココで止めたら自分を否定することになるような気がして、、、なんか過去の辛い経験と今の辛さが変にリンクしてまさに人生の荒波の中を走っているような感じに、、、僕の人生、ココで終わるわけにはいかないじゃないっすか!!!・・・・ってこの時点でもうすでにかなり危ない人に変身してましたね~(笑)
いやもう、だってねもうすでにこの頃になると足が完全に攣ってるんですが、痙攣しながらも意地でペダル回しつづけてましたからね。攣ってるのでメチャメチャ痛いんですが、足を止めなければいつかは痙攣って治まるもんですよ(←まねしないで下さい)つうかもう足を止めたら最後、動けなくなるのは目に見えてましたからね。
そして、残り時間も1時間を切り・・・走っている人も減り、坂の途中ではコースアウトしている人たちがかなり出てきています。ぶっちゃけ上り坂はインナーローまで使い切ってます。
そしてなんとか9分ちょっとを維持して走りつづけ・・・
43周回・・・
ついに最終ラップへ!
残り時間はあと9分
ありえないくらいギリギリ
なんで7時間も走って最後の最後ギリギリなんだろう!
でも、この最終周これまで維持しつづけた9分で走りきれば完走っすよ!
もうこれで最後っすよ!
ラストスパートっすよ!
行くしかないっすよ!!!



・・・そして、ドラマが。



続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

METAL HEART・・・I'm in the FUJI SPEEDWAY!!

Dsc01364 WE ARE IN THE 『FUJI SPEEDWAY』 !!!

・・・ということで、「富士チャレンジ200」のソロ200キロにチャレンジしてきました!
F1も開催された富士スピードウェイのサーキットコースを44周回の200キロを走るというこのイベント、まあ速い人達にとってはタイムを競うということでしょうがバリバリのホビーの人たちにとっては制限時間の7時間に200キロを走破出来るか否かが一つの大きなチャレンジなわけです。

昨年の秋に初めて自転車のサイクリングイベントに出て以来僕は自転車の虜。。。
より楽しむためにロードバイク、キャノンデールのCAAD9を購入。そして、イロイロな自転車イベントというのを物色したところで最も僕のハートを鷲づかみにしたのがこの「富士200」だったわけです。
ぶっちゃけ、昨年の9月に自転車イベントに出たときはクロスバイクにポロシャツという「や~なんか面白そうなんで来ちゃいました!」って感じで、80キロ弱のサイクリングでさえ完走する頃にはヘロヘロ、オマタも痛ければ膝も肩も腰も。。。って感じで、とても7時間200キロなんて夢のような話だったのですが・・・あれから1年!僕は富士スピードウェイのサーキットを走りましたよ!!
思えばCAAD9がやってきてからのこの約1年は、イロイロ走りながらも常にどこかにこの「富士200」のことがあったわけです。「浜名湖1周」や「ツールド新城」といったイベントに出て、富士山5合目や乗鞍岳に上って・・・その思いは強くなっていったんすよね。「富士200」に出たい・・・いや「富士200」で7時間200キロを完走したい!
そんなわけで、この1年の集大成たるこのイベント、今年最大の目標、今年最大のチャレンジに挑んできたわけです!

で、当日の朝は3時半に起床、もう一人のチャレンジャーと一緒に一路「富士スピードウェイ」へ!
7時頃現地に着くもすでにパンフレットにあった駐車場はいっぱいということでメインスタンド裏の駐車場に・・・ピットまでだいぶ遠い。
準備してピットに着くとすでに人いっぱい・・・しかもボケボケしてたら試走時間もあとわずかと言うことで着替えもせずに試走開始!
いや~マジで素晴らしいコースですね~!こんなん走ったら一般の道走れなくなりそうなくらいキレイな路面!しかも天気も最高に晴れたので富士山がクッキリ見えます。最高のロケーションと最高のコース・・・あとは走りきるだけじゃないっすか!!!
そんなわけであとは受け付けして勝負ジャージに着替えて来るべき時を待ちます。
2000人の自転車人が一同にスタートするその時を!!!

続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

SCREW↑

Dsc01358 遂に「富士チャレンジ200」の「参加のご案内」がやってきたとです。。。
いやややや、ホント、今年最大の目標であるこのイベント、富士スピードウェイを7時間で200キロ走ろうというこのイベント、、、もう10日を切ってるじゃないっすか。いやややや。。。。
関係ないかもしれませんけど、先日とある人に「なんでイイ歳してそんなスポーツみたいな辛いことすんの?もう学生時代にさんざんやったじゃん」と言われたのですが・・・まあ、確かに学生時代にイヤというほど他のスポーツをしてきて、結果はたいしたことないんすけど大学に行ってまでやっているので「やりきった感」はあったのですが・・・それから数年、なんなんでしょうね「本能」ですかね(笑)
・・・ってね、思うに「辛い」というのも「人生のスパイス」ではないかと思うんすよね。「楽さ」や「癒し」等々といった「甘さ」だけを求めていてもなんつうか「美味しく」はないんじゃないかなぁ、と。
もちろん、僕も分別のあるオトナ(?)ですからホントに辛い時は止めます、というかそこまではしません。
でも、こう仕事やらなんやらの日常生活から一歩出て、自転車でなんだか辛いヒルクライムするのも自転車イベントでたくさんの人たちと走るのもエンデューロで体力の限界に挑戦するのも・・・楽しいんすよね。そこまでの過程も楽しめるし、やり遂げた時の達成感は最高じゃないっすか?それが人生のスパイスであり、人生を美味しくしてくれると思うんです。
「本能」が美味しいモノを求めてる!どーですか自転車!?

さて、そんなわけなんですが、、、、「富士・・・」への準備としてそれはもう毎日自転車走りまくりか!?と言われると全然乗ってないんすよねコレが(笑)
いやもう、なんか仕事が忙しくてですね、今日休みだったのですが・・・ええ今月2日目のね(泣)もうマジで10日で1日休みじゃないっすか、、、どんな仕事人間かよ!?と思うんですが、まあしょうがない。
いやぁ、考えてみると100キロ以上走ったのって以前の「天竜・・・」ということに・・・1ヶ月前だよ(泣)
しかも休みの今日は雨、そして今月のもう1日あった休みには・・・パンク(泣)
そう、前の記事で情けないことを書いてますが、今日こそ走ってやろうじゃないかよ!と思って走り出したら20キロも走らないうちになんか踏んでしまったらしくパンク、しかもタイヤまで傷がいってしまったのでタイヤ交換。
今年に入って6本のチューブと2本のタイヤが逝ってしまいました・・・。
さて、今回チョイスしたのはVITTORIAのオープンコルサEVO-CXです。ミシュラン⇒パナレーサーと来て、まあまた違うタイヤも良いんじゃないということでまあテキトウに(笑)
しかも、珍しく自転車屋で見て買ったのでなんか微妙にカラータイヤに惹かれてしまいまして黄色をチョイスしてしまいました・・・写真の通りなんかです(笑)
つうわけで、チューブもVITTORIAにしたのですが・・・はめて空気入れたら1分後にパンク!7本目のチューブが逝ってしまった。。。
よくよく見てみるとリムテープがかなりやれていたようでかなり凹んでいたのですよね。どうも位置を見てみるとそれが原因でパンクしたようで。。。これまでパナレーサーのチューブR-Airではパンクしてなかったので良いのかと思ってましたが、、、また一つ勉強になりましたよ(笑)こんなことでもパンクするんすね~
つうわけで、また後日リムテープも買って再タイヤ交換、、、パンクリスクを回避するためにリムテープは2重にしときました(笑)しかもパナレーサーとミシュランのね。重量増?そんなの関係ねぇ(笑)
で、これで乗れる!と思いきやですよ、なんかちょっとサドル位置が気になっていたので試しにちょっと調整しようと思っていじっていたら・・・シートポストを固定するシートクランプのボルトが折れてしまってですね。。。いや、渾身の力で締めたわけではないんですが。。。パキっとね。しかも折れたほうが残ってしまったのでもはや使い物にもならず・・・また数日ですよ(泣)
ようやくシマノPROの新たなシートクランプを購入し、さらにはトルクレンチまで買ってきて慎重に締めようやく今乗れる状態です(泣)
いやまあ考えようによっては富士チャレンジの前日に折れなくて良かった、ということにしときましょう。嗚呼もうあんまいじらんようにしとこう(笑)
まあ、そんなこんなでココしばらく全然乗っておらずかなり絶望的な状態ですがもう10日切ってるんですよね。。。まあ、もうじたばたしてもしょうがないっすね~
今年ダメなら来年があるじゃん!ということで(笑)
ああ、でもFINISHER Tシャツ欲しい。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

Complicated Mind

先日聞いた話・・・ペットに教えられることってあるという話のなかで、犬は例え交通事故などで片足を無くしたとしても悲しまないし絶望もしない、まだある3本の足で普通に歩こうとする・・・。
とにかく「生きる」ということへのパワーというか、そのペットの犬もそうですけど片足がなくなったとしてもそれがどうしたの!?まだ生きているよ!という力強さを感じるわけですよね。

なんというか人間っていろんな意味で弱いっすよね。テレビとかで動物の出産シーンなんか見たりすると生まれたばっかりなのにすぐに立ち上がろうとするじゃないですか。人間の場合は・・・?
だいたいがもし片足を失ったりしたら・・・いやいや、そんなだいそれたことじゃなくても日々つまらないことで一喜一憂し、ちょっとした失敗で落ち込み、彼女にふられて落ち込み、仕事が休めないと落ち込み、富士チャレンジに完走できなくて落ち込み・・・おっとそれはまだだった(笑)・・・
とにかくもうそんな色んなしょーもないことで落ち込み、嗚呼だるいなぁ、嗚呼やだなぁ、嗚呼もうダメだぁ。。。とパワーダウンするわけですよ。片足失ってもすぐに普通に歩こうとするパワーなんてないですよね。

片足を失った犬の生きることへのパワー・・・思うに、本来は人間にもそのパワーってあると思うんですよね。
でも、なんというか・・・社会生活やら変な自尊心やら将来への不安やら・・・いろんな無用なことを考えすぎてそのパワーを失っているような気がするんすよね。
もし仮に自分が片足を失ったとしたらたぶん「これじゃもう走れないし歩けないし不自由な生活しか送れない。。。」と絶望しちゃうと思うんです。でも、もしかしたら、その「不自由な生活」、なんてのも単なる「思い込み」なんじゃないかと。
別に不自由だろうが生きてはいるわけで、不自由と思い込んでしまうこと自体が不自由を生んでしまうのではないかと思うわけです。
つまり、そんな「思い込み」自体が無用なこと、生きるということへのパワーを失うことになるのでは?・・・という気がするわけです。
社会生活や自尊心や将来、、、そーいったことに対する思い込み・・・そんなこと一度忘れてしまった方がいいかもしれません。大事なのは「今生きてる!」という単純なことであって、その単純なことをちょっと思い出すことによってパワーが出てくるんじゃないかなぁ、と。刹那主義、とかそんなんじゃなくてもっと単純に、ね。片足をなくした犬のように単純に生きていけばいい、と。

・・・って何を書いているんだろう。ちょっと微妙に何を書いているのかわからなくなってきたんでこれ以上はやめとこう。

つまり、何を言いたいかというと・・・
またパンクしました!
で、亀裂が入ったのでタイヤも替えました!
で、そうこうしているうちに、こともあろうにシートクランプのボルトを折ってしまいました!
只今超いそがしくて休みもありません!
よって、サドルがないままのCAAD9には乗れません!
富士チャレンジはもうすぐです!
でも僕は生きています!・・・ということ(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

Aces High !!

Dsc01332 自分で言うのもなんですが・・・僕は自分のことをスゴク心配性なんだと思うんすよね。
たぶん僕が中国の古代に住んでいたら「もしかして天が崩れ落ちてきたらどうしよう・・・」などと悩んだかもしれません(笑)ホントほとんどのことが「杞憂」なのですが、うむ、わかってはいるのですがやめられない、ってヤツですね。
そんな僕が自転車に乗るの際に起きる杞憂・・・それはブレーキが効かなかったらどうしよう。。。というのが一番ですね。
そう、「天竜・・・」のときにも書いたのですけど、最近転倒がやたら多いので下りが恐いんすよね~。だいたいがあんな細っそいタイヤにホイールをはさんで止まるというブレーキ、しかもそのブレーキがどーしても頼りなさそうに見えてしかたないんすよね(笑)それでいて下りともなれば40キロ50キロ60・・・や~ホント大丈夫なのかい!?!?って大丈夫なんですけどねホントは。
で、その「天竜・・・」の長い下りでどーもブレーキの効きが悪くなっているように感じて、とにかく超スロースピードで安全第一で下っていったのですが。。。まあ、抜かれまくるのはいいんですけどなんつうかあんましブレーキ握り締めての長い下り坂ってのは辛いんすよね。首から肩にかけて力み過ぎるせいで下り終わる頃にはガチガチ、痛くなってくるわけですよ。これは最悪です。
そんなわけで、この杞憂をはらすべくブレーキシューを交換してみました。
ぶっちゃけまだCAAD9は乗り出して1年も経ってないし、走行も多いとは言えないくらいなのでまだ交換には早いかもしれませんが・・・なんつうか「ブレーキシュー新品だから!」という安心感を買うみたいな感じですね。
で、CAAD9についてるブレーキはシマノの105、いわゆるカートリッジシューってヤツでシューだけ交換ができるという優れモノ。最初はシマノのDURA-ACEブレーキシューに替えようと思ったのですが・・・「サイクルベースあさひ」のサイト見てたら写真のBBB「ロードストップ トリプルコンパウンド ブレーキシュー」がなんか良さそうに書いてあるじゃないっすか。おもわずコレを選んでしまいました、って完全にあさひの言いなりです(笑)
まあ、交換は超簡単なので割愛しますが・・・乗ってみたところ・・・うーむ、なんつうかもうスゴク効いちゃってちょっとでも危なくホイールロックか!!??と思っていたのですが別に普通です、ちょっと肩透かし(笑)まあ、それで普通のことだと思うんですがね。
まあ、でもこれでちょっとは杞憂を感じず下りを走れるかなぁ~、ホントほとんどは気持ちの問題だけだと思うんで。。。

ところで・・・あさひのサイトの通販がですね「パーツ合計15,750円以上は送料無料」なんすよね。。。なんかブレーキシューだけで通販使うのもなんだなと思っていたためこの言葉に思わずいろんなモノを買っちゃう自分・・・まさにあさひの言いなり(笑)
で、ちょっと気になっていたモノを買ってしまいました。それは・・・チェーン!!
ロードバイクを常に快適に走らせるためには消耗品を交換しメンテナンスをすればイイのは間違いないことなんですが、なんつうかそーゆーのも結構好きだったりするわけです。
で、イロイロやってきましたが今回目をつけたのがチェーンだったりするわけです。
チェーンの交換時期って諸説ありますが、実際のトコCAAD9はまだ1年も乗ってないし走行距離も3000キロくらいで・・・まだ交換しなくても。。。という気はしますが、なんつうかただ単にやってみたいという欲望だけで交換してみました(笑)
ちなみにチョイスしたのは「DURA-ACE CN-7801」、遂に一つだけDURA-ACE化!(笑)
まあ、これも思ったよりも簡単な作業だったので割愛させていただきますが・・・って、ホントのこと言うと簡単だという割には最初のピンでチェーンつないだとき何を失敗したのかそこだけ動きが渋くなってしまいまして。。。付属のもう1個でやり直しました(泣)
で、初めてチェーンを外して気付いたのですが、プーリー!CAAD9のリアディレイラーってULTEGRAなんですけどプーリーが下だけシールドベアリングなのは知ってましたが・・・シールドベアリングなのとそうじゃないのってメチャクチャ動き違うんすね~こんなにも違うか!?!?ってくらい。いや~マジでプーリーを両方シールドベアリングにしてえ~!
で、ちなみに、チェーンはこれまでついていたやつが伸びているのかと並べて計ってみたところ・・・それはたいそう・・・いや、全然伸びてませんでした、いや~これははやまったな~(笑)
って、しかししかし!伸びてないチェーン、つまりは不具合はないはずのチェーンなんですが105グレードのチェーンとDURA-ACEグレードのチェーン、モノが違いますね~(達川!?)
なんつうか、軽いです走りが!試しに近くの1キロほど続く坂道を上ってみたのですが・・・これまでは結局最後はヘたれてファイナルローまで落としてしまうのですが、なんつうかアレレレ!?!?って感じで登れてしまうんすよ。で、ファイナルローどころか3枚もギアを残して登りきれてしまったっすよ。恐るべしDURA-ACE!!!
マジでたかが3000円ほどのパーツ交換でこれほど違うとは。。。伸びてなかろうが替えて良かったですね~
いや~チェーンでこんな違うならホイールなんぞ替えた日には・・・と思ってしまいますね。ホントまた物欲が。。。(笑)
そんなわけで「富士」に向けて走りますよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »