« Screaming for a love-bite | トップページ | Children of the sea »

2008年3月18日 (火)

空へ

Nec_0047 ・・・遠く聞こえるおまえの唄が いつも私をささえた
いつかはきっとおまえのように 飛んでみせるよ私も

カルメン マキ&OZ、、、これはちょっと良いんじゃないか・・・自転車とは全く関係ないけど。

さて、以前ですね、クリート位置をちょっと考えたようなことを書いたことがあるのですが・・・その時に自転車雑誌に書いてあったとおりに試しにクリート位置を一番前にしたわけですよね。
その結果、ケイデンスを結構上げられるようになった!!と喜んでいたのですが・・・あれから約3ヶ月・・・またしてもクリート位置について考えてみるわけです。
というかですね・・・
まあ、あのクリート位置を思いっきり前にしてみて以来一気に冬になりまして、あまり長い距離は走らず、走っても平地だけを選んで走ってたりしたのでそれでよかったのですよね。
しかし、このところ暖かくなってきたのを境に久々に山方面に走りに行ったりして、新たな展開が起きたのですよ!!!それは・・・・・・・・膝痛(泣)
や~、なんかね膝頭というか皿のあたりがなんか微妙に痛くなってきまして、、、仕事中なんかも歩いてるとちょっと痛みがでたりとか。これまで自転車で筋肉痛や一時的な肩こりとかオマタの痛みとかそんなんはありましたけど、こーゆー関節痛みたいなのは初めてのことで・・・
で、思い当たるフシを考えてみると、、、そういえば上りの場面でなんか膝下というか足首あたりがイマイチ不安定でかなり膝に負担がいっていたような気がするわけです。もしかして原因はクリート位置なのでは???・・・と。
つうわけで、クリート位置を再々考してみたわけですが、クリート位置に関する文献をさらにイロイロ紐解いてみると(自転車雑誌をあらさがしするだけですけど)ちょうどバイシクルクラブの2月号にですね「正しいペダリングの身につけ方」という特集のエンゾ早川氏の記事のところで『浅すぎクリートに注意・・・・足首の不安定さが原因で足の裏や膝頭に余計な力がかかり痛めてしまう・・・』、、、、、ああ、そのまんまじゃん!!!
なんつうか、このクリート位置ってのもそうですが、、、その自転車のセッティングや乗り方等々雑誌によって記事によって人によってイロイロは考え方や理論があるんすよね。時には間逆のことが書かれてることもしばしばじゃないっすか。
そんな中で何が正しくて何が間違ってるのか・・・それは、ぶっちゃけ、わからない!!!というか、人のによって違うから何が正しいのかはその人次第、ということになるんじゃないでしょうか。
だいたいが人によって身長も違えば体重も違い、同じ身長だとしても股下の長さも違えば腕の長さも違い、足のサイズも違い、体の硬さも違い、スキルも違い・・・確かにだいたいのセッティングの目安というモノはあるでしょうがその中で微調整を繰り返し自分にあうセッティングを探し出す、ということが常に必要なのかなぁ、とまああらためて思うわけです。
特に、このクリート位置ってのはイマイチ目安となるモノが曖昧なのでもっとも謎な部分じゃないっすか?イロイロ試してトライ&エラーでベストな位置を探っていくしかないのかなぁ、、、と。
で、まあ、今回は一番前にしたらヒザが痛くなったので少しづつ下げては乗って下げては乗ってしてみたら、結局、ほとんど一番後ろにまた行き着いてしまったわけですけど(笑)
なんか、どうも僕にはクリート位置はかなり後ろの方が良いみたいっすね、、、富士チャレンジ失敗の敗因はクリート位置ではなかったわけだ(笑)
ちなみに、、、自分は身長の割に足のサイズは小さく、親指が中指より短く(?)、幅広め、足首の関節は異様に硬いっす。関係あるのかどうかわかりませんが。
ま、そんなとこで、結局、ケイデンスを上げやすい位置を放棄しヒザが痛くならないほうを取ったと言うことになりますが、、、まあ、仕方ないことですよね。つうか、この位置でケイデンスを上げられるようになるのが正攻法だよなやっぱり。
ま、また自転車の奥深さを垣間見た!!!ってとこでしょうか!?

|

« Screaming for a love-bite | トップページ | Children of the sea »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/40550661

この記事へのトラックバック一覧です: 空へ:

« Screaming for a love-bite | トップページ | Children of the sea »