« Pour some sugar on me! | トップページ | Into The Arena »

2008年5月15日 (木)

Hangar 18

Nec_0139

激坂(げきざか)とは、ある程度の訓練を積んだ人間以外は自転車で上り切ることが不可能な勾配を持つ坂の総称である。舗装路、未舗装路を・・・(中略)・・・大きく分けて、ある程度の長さがあって斜度はそこそこのものと、長さは短いけれども乗り方や機材によってはリアタイヤがスリップしたりフロントタイヤが浮き上がってしまうような過激な斜度のものの二つに分けられる。     ・・・ウィキペディアより引用

そんなわけで激坂ヒルクライムですよ!?
ウィキペディアに「激坂」という項目があるのも驚きですが(?)その中で「各地の激坂」の東海の欄に「滝沢展望台」があるじゃないっすか!
滝沢・・・そういえば昨年は滝沢に何度も挑むということをしてました(笑)ぶっちゃけ、4回目にしてやっと上りきることが出来たのですが。。。や~あれは確かに激坂ですよね。
Mt富士ヒルクライムまであと半月ですが・・・これは久々に行っちゃうかな!と。滝沢への激坂ヒルクライムで日頃の鬱憤を晴らしてやる!!!(?)というわけでGO!!!です。

ところで・・・ヒルクライムっつうわけなんですが、なんなんでしょうね無性にこの言葉に惹かれるのは。
ジロやツールのDVDなんかを見てもやっぱし僕が一番熱いのは上りの場面ですね。ぶっちゃけ、平坦ステージで集団スプリント!みたいなステージとかTTのステージはスキップしたりとかしますもん。
自転車イベントなんかでもヒルクライムイベントは結構あるし、自転車雑誌なんかでもヒルクライム特集みたいなの多いじゃないっすか。サイクリングイベントでもちょっとしたヒルクライムは入ってたりするし・・・みんななんでこんなしんどいことが好きなんでしょう!?(笑)
まあ、かくいう自分もやはり自転車に坂は必要と思う人ですが、、、悲しいかな明らかに僕はヒルクライマーではないわけですよね。つうか体重が80キロもあるクライマーなどいるわけありませんが(笑)
ジロやツールでなんかすんげー軽そうに坂を登っていく人達を見るとほんとうらやましいというか、憧れるというか、、、そのイメージを持って坂に挑んでも結局返ってくるのは心拍数の上昇と息切れ(笑)誰なんだ地球に重力があるのを発見したのは!と逆ギレしても前にはなかなか進んでくれず、坂の途中で足を着いたら人間失格だ~!という訳わからない観念にとらわれ、何でもいいからとにかく頂上にたどり着きたいという一心でペダルを漕ぐのみ。。。
しかし、そんなしんどさも苦しさも・・・上りきった達成感で全て忘れるんすよね~。なんなんでしょうね、とにかくチョー気持ちイイ(北島風)!?しかも、なんつうかその気持ち良さってのはその時だけじゃなくてしばらく続くというか、、、ぶっちゃけ、しんどいヒルクライムすると次の日とかも気分がいいんですよ。たとえ足が筋肉痛でも(笑)これはなんとも不思議な感覚です。
そんなわけで止められない、のかな!?

はてさて滝沢ですが、ウィキペディアの説明的には距離は短いが過度な傾斜ってのにあてはまる坂です。滝沢小学校(?)付近の「展望台」って看板からそこまでは2キロもないわけですが、、、平均斜度もかなりのモンですが、途中にありえない傾斜も出現するというまさに激坂。
しかしまあ、昨年も計4回も行ってるんすけど、ウチから行くとなるとその2キロに挑む前にけっこうアップダウンのある道を走ってようやくたどり着かなくてはならないわけですが。。。昨年なんかはそこまでですでにヘロヘロになってたりしましたが(笑)1年の時を経て、意外とあっさり上り口までたどりつきましたよ。これは進歩ですかね!?
そして、いざ激坂ヒルクライム!もう何度も上ってますんで、ドコが激傾斜なのかはわかってます。なんせ4回中3回同じところで力尽きてますから(笑)そこまで足を温存できれば上りきれるわけっす。別に速く上ろうなどと大それたコトは考えません(笑)
ちなみに自転車雑誌バイシクルクラブの4月号のヒルクライム特集のなかでまたしてもエンゾ氏が最高のレポートをしてくれているのですが(!)「“重量級”ライダーへのアドバイス」ってヤツで「ハムストリングでグイグイと走る」「(ダンシングで)“スイスイ”は無理でも“のっしのっし”と(笑)」これを意識して「遅れているんじゃなくて“温存”しているのだ」という気持ちで行きます。
そして、例の激傾斜区間。。。頂上もあとわずかというところで、突如カーブを曲がると舗装がザラザラっつうかそこだけ粗い舗装になってるとこがあるんすけどそこがホント急傾斜で。。。あの舗装ってやっぱタイヤがスリップしたりしたら大変!ってわけなんでしょうか?
ぶっちゃけココは僕のような体重だとダンシング以外では無理というか、、、試しに途中でシッティングしたら危うく前輪が浮きそうになってすぐ止めましたもん。とにかくココは気合入れていかないと危ない傾斜っす。知らずに入り込んだらビックリ!って感じでしょう。
ってなわけで、温存効果でなんとか無事上りきる事に成功!!!久々に息が上がりきってましたが(笑)
そんなわけでしばらく展望台から絶好の景色を望み、後は何てこともなく帰ってきました。
や~気持ちイイっすね~。それに、明らかに昨年よりもイイ感じで上りきってるし!
これは富士山5合目も昨年よりラクに行けるんじゃないかと期待しちゃったり!?
とはいえ、あくまで重量級ですので速くはないですけどのっしのっしとね(笑)

|

« Pour some sugar on me! | トップページ | Into The Arena »

コメント

そんなに有名なのか!?
地元なので、もっと宣伝しないといけませんね
激坂であることは間違いないです

ジジイは一度も登れません
途中でひきかえしたこと、3回ほど
休んで登った 1回ほど
車で登った 1回かな??
明日、挑戦してみます
(でも駄目だろうな・・・)

投稿: うーやん★ | 2008年5月16日 (金) 08時53分

うーやんさんどうもです。
滝沢は地元なんですか!?
滝沢展望台はデートスポットとして有名ですよ(笑)
ヒルクライムも大変ですが・・・最大の問題は登りきったトコでカップルなどがいた場合あまりに息が切れてハァハァしてたらマズイという事です(変な心配しすぎ!?笑)
まあ、ともかくあそこで練習してたらたいがいの坂は登れるようになりそう・・・というかきっと普通の坂なら坂と思わなくなるんじゃないっすかね~

投稿: pio | 2008年5月16日 (金) 22時45分

今日、ジジイも制覇しましたヨ
例の場所は、前輪が上がりそうでした
それでも、しがみついて登りました
着いて吐き気しました、爆

投稿: うーやん★ | 2008年5月17日 (土) 21時35分

おおナイスファイトです!
もう秋葉山とかも制覇しましょう!!
ちなみに僕も今日は『あのヒルクライム』をしてきましたよ~
詳細は次の更新にて!(笑)

投稿: pio | 2008年5月18日 (日) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/41218893

この記事へのトラックバック一覧です: Hangar 18:

« Pour some sugar on me! | トップページ | Into The Arena »