« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月25日 (日)

Time

Nec_0147 ・・・テールが少しせり上がったシェイプは、ポジションを決めやすく、ヒルクライムイベントなどでもヒップのホールド感が高くペダリングトルクを掛けやすい形状をしています。・・・フィジークの広告文から引用

つうわけでまたしても自転車パーツを交換してみたんですけど。。。ちょっとなんかやり過ぎ感もありますが、まあ、いいじゃないですか(笑)
ロードバイクを買ってから1年半を過ぎ、なんつうか色んなモノを試してみたい年頃なのです(?)
で、まあ、思うところがあってサドル交換してみたのですが・・・まあ、合わなかったらブログのネタとしてはなかったことにしようと思ってたのですが、思ったよりも良かったので!
ちなみにコレはFizikのアリアンテです。
これまでFizikのアリオネこそ絶対だと思ってまして、通勤用のSIRRUSにも装着、このCAAD9も買ってすぐにアリオネに替えていたわけですよね。
ちなみに・・・初めて買ったスポーツバイクのSIRRUSには最初スゲー厚いサドルとサスペンションシートポストなるものが着いてまして、そりゃまあ長く乗ると必ずオマタが痛くなってましたね。
いったいどうしたらそんなオマタの痛みから解放されるんだ!?という疑問、そんな中で出会ったのがエンゾ早川という人物。『骨盤を立てて自転車に乗る』、それが出来れば穴の空いたサドルとかコンフォートを売りにするサドルなどいらない、と。
で、思い切ってサスペンションシートポストも捨て、ヤフオクで各界から絶賛されるサドル「アリオネ」に替えてみるわけですが・・・たぶんそのあたりが自分のターニングポイントになってるんじゃないかと思うわけです。
その後、このアリオネで乗り込むにつれ、いつのまにかオマタの痛みは解消。100キロ以上走ってもオマタが痛くなることはなくなっていたわけです。
いや~めでたしめでたし!もうサドルはアリオネで決まりじゃないっすか!そう思っていたわけですが・・・・
毎月のように買っている自転車雑誌「バイシクルクラブ」その5月号の「サドル&ハンドルで差をつける!」という記事。その中で・・・“フラットな座面”と“後ろが反りあがった座面”どっちを選ぶ?、と。
え?と思いましたね。記事を読むとどう考えても自分の場合“後ろが反りあがった座面”のほうが良さそうな気がするわけですよ。
アリオネはいわゆるフラットな座面の代表格、全長も長くポジションを変えやすい・・・あれ?僕ってポジション替えるタイプではないぞ!?むしろ、座る位置が動かないように動かないようにしているような気が・・・
これまで、サドルはオマタの痛みさえなければ問題なし!くらいにしか考えていなかったわけで、アリオネで全然大丈夫なら替える必要ないと思っていたわけです。しかし、どうやらサドルというのはそれだけではない、ということで。。。これは試してみたい!試してみたいよ~!!!、と(笑)
つうわけで、もう、こうなればダメですね。気になって気になって(笑)で、とりあへず同じFizikのアリアンテをヤフオクでGET!装着してみるとこれまで全長が長かったアリオネと比べものすごく小さくなったような気が・・・これでイイのか!?とりあへずまあ、乗ってみてよかったらブログに載せよう、と(笑)
で、いつもの練習コースと実は先日の富士五合目で使ってみたわけですが、、、これは良い!というか自分には合ってる!!
座る位置が決まってしまうので、上体が動かせないわけですが、、、自分にはその方が良いみたいです。なんか、この方がラク!これまでは無意識のうちに座る位置を探していたんではないかと、逆に思いますね。まさか、富士五合目までノンストップでいけたのもこのサドルのおかげか!?!?ってくらい。
ま、以前ハンドルを替えた時もそうですが、こーゆー自転車の実際に体と触れている部分のパーツって合う合わないは結構大事っすね。とはいえ、何が合って何が合わないのかは試してみないことにはわからないという。。。高額なモノなら必ずイイという訳でもないだろうし、誰かが絶賛していたとしても自分には合わないということも多々あるでしょうし。。。微妙なところです。
ぶっちゃけ、ハンドルも替え、サドルまで替えてかなり乗りやすくなったというか自分に合ってきたと思うわけですが・・・実はもっと合うものがあるのかもしれません。際限なく試せればそれにこした事はないですけどね(笑)
ま、これでいいかげんしばらくはパーツ交換はしないで・・・・おれればよいのですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

Into The Arena

Nec_0144 Mt.富士ヒルクライムでの多くのサイクリストが目標にするタイムが「1時間30分」。この時間までにゴールする参加者は全体のおよそ35%ほどだが、この圏内に入れば、実力派サイクリストと言っていいだろう。・・・・funride3月号より引用

っつうわけで、遂に「Mt富士」の参加のご案内がやってきたっすよ!や~ちょっとドキドキしてきた(笑)
これまでサイクリングイベントやエンデューロに出てきましたが、遂にヒルクライムイベントに初挑戦です!!!
さて、そんなわけなんで、参加のご案内も待たずに先日の日曜日に富士スバルラインを試走しに行ってしまいました!
今回またしても一緒に参加する自称・自転車愛好家を引き連れクルマで富士北麓公園へ!なんだか高校野球(?)の試合をしてるらしくやたら車や人がいましたが・・・なんつうか、そう、同じような自転車人がすでにその辺にいっぱいいた(笑)ちょうど2週前ということでみなさんやる気なんだな~!!!これは負けてられないぞ!?ということで五合目目指してGO!!!です。

ところで。。。そう、このブログに書いてますけど昨年の同じ頃にもこのスバルラインを走りに来てます。前回は山中湖⇒富士五合目⇒山中湖一周というかなり観光的なサイクリングで来たわけですが、今回はもうヒルクライムに向けての試走という目的で来てしまったのでちゃんと本番を想定しスタート地点から走り出してみます。・・・なんて言ってますが、まあ、僕らにとってはタイムを競うため!というよりはちゃんと完走するための試走って感じなんですけど(笑)
ちなみに、、、昨年登った時にはこの超級山岳に完全にアップアップで五合目に辿り着くのにもいっぱいいっぱいだったわけです。なんせ、昨年の記事読んでもらえばわかりますが。。。スタート地点に着くまでにバテ始め1合目では足にきちゃって初級者を思い知らされてますからね~(笑)たぶん大沢駐車上でロング休憩した以外にも息が上がりきって3~4回は自転車から降りたような。。。
そんなイメージがありますのでとにかく今回はなんとしてでもノンストップで五合目に辿り着くことを目標に行こう!と。funrideの記事のように1時間半きろうなどと大それたコトは考えず、とにかくこの1年の成果を試そう、とね。

さて、そんなわけで北麓公園をスタート、スバルラインに出ると、知ってはいましたが早くも登り!しかも意外とこの最初から1合目まで傾斜があるんすよね。ぶっちゃけ自分、かなりのスロースターターなので最初から息が上がり気味(笑)や~これはいきなりスタートではやばいっすね。ちゃんとアップしてから行かないとキツイな。。。
そんなわけでかなり無理のないペースでしばらく走行、もう一人の自転車人に前を引かせてついて行くだけ(笑)
1合目あたりでようやく心拍も落ち着き、それでもまあ今日はノンストップ完走が目標ですので話ができるくらいのペースを保って行きます。ぶっちゃけ、後ろから来た人達に抜かれまくり(笑)みなさんがんばっておられます!・・・でもついては行きません(笑)
そうこうしてるうちに2合目を過ぎ、ココら辺は勾配が多少緩いとこがあったりするんで、もうちょっと行っちゃってもいいかな~なんて、だんだん調子が出てきます!
で、3合目の手前くらいで半分の12キロなんすけど、サイコン見ると約1時間。ん~このままいくと2時間切れるかどうかって感じっすか。ん~。。。
なんかココまで明らかに昨年よりラクに登ってきてます!道の途中で、「あ、去年力尽きて止まったトコだ!」とか「この辺で逝きそうになってたなぁ(笑)」とか、そんなん考える余裕もあります。もしかして行けちゃうのでは・・・・
そんなわけで、ココまで前を引いていたアシストを見捨てて(笑)、勝手に一人でペースアップ!!
さっきまでは抜かれまくりでしたがココからは徐々にではありますが僕の方が人を抜いて行きます。大沢駐車場も素通り!4合目過ぎてしばらく超絶景なトコ過ぎ、ついに残りわずかの1%という緩斜面区間に突入・・・・結構来ましたが・・・アレレレ!?・・・まだ全然イケてる!!!ぶっちゃけ、力がまだ残ってる!ケイデンス110とか回せるし!もうこれはアウターに入れた方がイイ・・・・と思ったらアウターに入れてすぐに緩斜面区間が終わり最後の上りに(笑)
あたふたしてたらいきなり最後のトンネルのとこで後ろから来た自転車に抜かれ・・・ってなんだ!この人、Tシャツにジーンズ!!??それはないだろ!!!!
ジーンズに置いていかれるのも腹立たしいので最後は全力の追走(笑)
そして、遂に五合目到着!!!ジーンズの若者に「その格好で登ってきたの!?」などと話し掛けながらあたりを見回すと自転車だらけです(笑)しかも、上の写真のようにまだ雪が相当残ってます、、、今気付きました、寒い~!!!
ってなわけで、なんとノンストップ完走達成!しかも、、、サイコンの表示はなんと1時間42分!!!ちょっとビックリ!サイコン間違ってるんじゃ!?と思いましたが距離はあってるので間違いなさそう。や、これは。。。もしかして、1時間30分めざしてもイイですか?????あ、言ってみただけ言ってみただけ(笑)
や~でも、ぶっちゃけ、このときも自転車の軽量化どころかフレームポンプや工具は当り前、ツール缶にイロイロ入れてにチューブも2本装備、帰りの下山用にウィンドブレーカーやらレッグウォーマーやら着替えのシャツやら食料を担いで上っているわけですし、アップもせずに最初はかなりのゆっくりペースだったわけですので・・・もしかして・・・あ、言ってみただけ言ってみただけ(笑)
ま、でも、なんつうか少なくとも昨年よりは明らかにイイ感じじゃないっすか。これはホントうれしい~!この1年間でかなり成長したんじゃないかなぁ、と自分で自分を誉めてあげたい・・・言ってみただけですよ~(笑)
ともかく、こーゆー登れなかった坂を登れたとかってのはホントうれしいっすよね。また、自転車が止められなくなる原因ですよ(笑)
そんなわけで6月1日!もしかして!?!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

Hangar 18

Nec_0139

激坂(げきざか)とは、ある程度の訓練を積んだ人間以外は自転車で上り切ることが不可能な勾配を持つ坂の総称である。舗装路、未舗装路を・・・(中略)・・・大きく分けて、ある程度の長さがあって斜度はそこそこのものと、長さは短いけれども乗り方や機材によってはリアタイヤがスリップしたりフロントタイヤが浮き上がってしまうような過激な斜度のものの二つに分けられる。     ・・・ウィキペディアより引用

そんなわけで激坂ヒルクライムですよ!?
ウィキペディアに「激坂」という項目があるのも驚きですが(?)その中で「各地の激坂」の東海の欄に「滝沢展望台」があるじゃないっすか!
滝沢・・・そういえば昨年は滝沢に何度も挑むということをしてました(笑)ぶっちゃけ、4回目にしてやっと上りきることが出来たのですが。。。や~あれは確かに激坂ですよね。
Mt富士ヒルクライムまであと半月ですが・・・これは久々に行っちゃうかな!と。滝沢への激坂ヒルクライムで日頃の鬱憤を晴らしてやる!!!(?)というわけでGO!!!です。

ところで・・・ヒルクライムっつうわけなんですが、なんなんでしょうね無性にこの言葉に惹かれるのは。
ジロやツールのDVDなんかを見てもやっぱし僕が一番熱いのは上りの場面ですね。ぶっちゃけ、平坦ステージで集団スプリント!みたいなステージとかTTのステージはスキップしたりとかしますもん。
自転車イベントなんかでもヒルクライムイベントは結構あるし、自転車雑誌なんかでもヒルクライム特集みたいなの多いじゃないっすか。サイクリングイベントでもちょっとしたヒルクライムは入ってたりするし・・・みんななんでこんなしんどいことが好きなんでしょう!?(笑)
まあ、かくいう自分もやはり自転車に坂は必要と思う人ですが、、、悲しいかな明らかに僕はヒルクライマーではないわけですよね。つうか体重が80キロもあるクライマーなどいるわけありませんが(笑)
ジロやツールでなんかすんげー軽そうに坂を登っていく人達を見るとほんとうらやましいというか、憧れるというか、、、そのイメージを持って坂に挑んでも結局返ってくるのは心拍数の上昇と息切れ(笑)誰なんだ地球に重力があるのを発見したのは!と逆ギレしても前にはなかなか進んでくれず、坂の途中で足を着いたら人間失格だ~!という訳わからない観念にとらわれ、何でもいいからとにかく頂上にたどり着きたいという一心でペダルを漕ぐのみ。。。
しかし、そんなしんどさも苦しさも・・・上りきった達成感で全て忘れるんすよね~。なんなんでしょうね、とにかくチョー気持ちイイ(北島風)!?しかも、なんつうかその気持ち良さってのはその時だけじゃなくてしばらく続くというか、、、ぶっちゃけ、しんどいヒルクライムすると次の日とかも気分がいいんですよ。たとえ足が筋肉痛でも(笑)これはなんとも不思議な感覚です。
そんなわけで止められない、のかな!?

はてさて滝沢ですが、ウィキペディアの説明的には距離は短いが過度な傾斜ってのにあてはまる坂です。滝沢小学校(?)付近の「展望台」って看板からそこまでは2キロもないわけですが、、、平均斜度もかなりのモンですが、途中にありえない傾斜も出現するというまさに激坂。
しかしまあ、昨年も計4回も行ってるんすけど、ウチから行くとなるとその2キロに挑む前にけっこうアップダウンのある道を走ってようやくたどり着かなくてはならないわけですが。。。昨年なんかはそこまでですでにヘロヘロになってたりしましたが(笑)1年の時を経て、意外とあっさり上り口までたどりつきましたよ。これは進歩ですかね!?
そして、いざ激坂ヒルクライム!もう何度も上ってますんで、ドコが激傾斜なのかはわかってます。なんせ4回中3回同じところで力尽きてますから(笑)そこまで足を温存できれば上りきれるわけっす。別に速く上ろうなどと大それたコトは考えません(笑)
ちなみに自転車雑誌バイシクルクラブの4月号のヒルクライム特集のなかでまたしてもエンゾ氏が最高のレポートをしてくれているのですが(!)「“重量級”ライダーへのアドバイス」ってヤツで「ハムストリングでグイグイと走る」「(ダンシングで)“スイスイ”は無理でも“のっしのっし”と(笑)」これを意識して「遅れているんじゃなくて“温存”しているのだ」という気持ちで行きます。
そして、例の激傾斜区間。。。頂上もあとわずかというところで、突如カーブを曲がると舗装がザラザラっつうかそこだけ粗い舗装になってるとこがあるんすけどそこがホント急傾斜で。。。あの舗装ってやっぱタイヤがスリップしたりしたら大変!ってわけなんでしょうか?
ぶっちゃけココは僕のような体重だとダンシング以外では無理というか、、、試しに途中でシッティングしたら危うく前輪が浮きそうになってすぐ止めましたもん。とにかくココは気合入れていかないと危ない傾斜っす。知らずに入り込んだらビックリ!って感じでしょう。
ってなわけで、温存効果でなんとか無事上りきる事に成功!!!久々に息が上がりきってましたが(笑)
そんなわけでしばらく展望台から絶好の景色を望み、後は何てこともなく帰ってきました。
や~気持ちイイっすね~。それに、明らかに昨年よりもイイ感じで上りきってるし!
これは富士山5合目も昨年よりラクに行けるんじゃないかと期待しちゃったり!?
とはいえ、あくまで重量級ですので速くはないですけどのっしのっしとね(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

Pour some sugar on me!

Nec_0135 世の中ゴールデンウィーク?
恥ずかしながら僕には今日の日曜日しか休みが・・・この不公平を無くすためにゴールデンウィークは絶対仕事をしてはならないという法律を作るかゴールデンウィークを廃止するかすればいいのに・・・・と、いきなりひがみが入ってるんですが、、、もうねこうなりゃね、走るしかないでしょ!?!?
つうわけで、いつもの自称・自転車愛好家一人に声をかけてGO!!ですよ。行き先は御前崎です。
なぜ御前崎かというと・・・・・本来ならヒルクライム準備で山方面か!?というとこなんですが、前回山方面に走りに行ってあまりの足の売り切れ具合から判断して、、、、まあ、今回は平地ロングライドの方向で・・・と。かなりのごぼう男ぶりです(笑)
しかしまあ、一気に気候が「暑い」のほうに傾いてきてますね。
今日はなんつうか今年初めて「暑い!」って感じましたよ。ぶっちゃけ、走り出して数分で暑さでちょっとフラついてきまして。。。これで御前崎まで行けるのかなぁ!?って感じ。
とりあへず、150号線に出てひたすら一直線に御前崎を目指します。砂だらけになりたくないので自転車道はパス!
それにしても、暑いのもそうですが日差しが強いっすね。。。
1時間半くらい走ってちょっとコンビニ寄ってみたのですが・・・長袖の薄手ジャージ着てたんですけど、袖とグローブのわずかの隙間だけがスゲー日焼けしてる!なんじゃこりゃ!!!っつうわけでコンビニで急遽日焼け止めを買ったのですが、、、値段見ずにレジに行ったらなんと1800円とかするヤツでして、また、なんじゃこりゃ!!!(笑)「どーしますか?」とか言われる自分ですか、まあ、なんとかお金はあったので買いましたが、かなり所持金が。。。(笑)
そんなこんなで、御前崎灯台到着!サーファーやら観光やらで人だらけです。
あまりに人だらけなのでほとんど素通りして、まあ、「なぶら会館」行ってみようと・・・って「なぶら会館」に行ったらもっと凄い人だらけ(笑)しょうがないのでさらに素通りして、向かいのコンビニで休憩、昼飯。
いや~なんなんだこの人人人。。。ちくしょうゴールデンウィークめ!!!
つうわけで、ほとんど御前崎は素通り状態で帰ってきました。結局90キロちょっとで・・・なんか最近100キロ弱が多いな(笑)
それにしても、今日は150号線をひたすらまっすぐ走ってきたのですが、かなりたくさんの自転車人にすれ違いましたね。150号は磐田内ではちょっと走るの恐いですが、それより先は道幅、というか路肩部分がけっこうあるから走りやすいし、アップダウンがあまりないからでしょうか?(笑)まあ、でもこれだけ暑いとやっぱこれからは山方面に行った方がいいなぁと思う感じです。
まあ、どっちにしてもそろそろ富士試走しに行かないと!!!なんて思うわけです。
来週!・・・か???

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

Run Silent,Run Deep

Nec_0134 Go to DMC! Go to DMC!!・・・・久々にマンガ買いました(笑)
や~これは面白いじゃないっすか「デトロイト メタル シティ」。
関係ないけど、このブログの記事のタイトルはほとんど意味なく色んな曲のタイトルなんですが(たぶん誰もわかりませんが)・・・そして、イベントの勝負ジャージがメタリカやジューダス プリーストだったりする自分・・・いやはや恥ずかしながら・・・僕のメタル魂に火がついたぜ!(笑)
そのELECTRIC EYE!早くIRON HORSEに乗りこめ!今日のオレはMETAL MILITIA!ウロウロしてたらSEEK&DESTROY!・・・というわけで恥ずかしながらGO!です(笑)
ところで、、、実は前回の伊良湖に行って以来、全くCAAD9に乗ってなかったりします。
なんつうか、仕事が、仕事が、、、ぶっちゃけしばらく休みもなく疲労困憊、まあ毎年この時期は忙しいというかなんというか、、、実際ココ数日はさすがに疲れて朝起きた時にすでに疲労感を感じるくらいなんで、、、。で、まあそんなわけなんで久々の休みの今日はニューハンドルを試すくらいでLSDに徹して走ろうと思っていたわけです。
が・・・乗ってみると・・・クラウザーさんが降臨!!!チョロチョロ走ってるとSATUGAIするぞ!!!って感じで(???)、、、つうか、なんか乗ったら体がスゲー軽く感じる!なんなんだこの力は!これがまさかマイヨ ジョーヌ マジック!?
いやいや、なんなんでしょうね~間違いなく仕事より自転車乗るほうが心拍数もあがるし動いているのですが、仕事では疲労感を感じ自転車ではテンションがあがるのか!?これがいわゆるランナーズハイってやつなんでしょう。。。ま、そこでそーゆー脳内麻薬ってのが出てるような心拍数でずっと走っていればいいのですが、結局いつもそこから「いけるぞ!行けるぞ!」みたいに行き過ぎちゃって後がグダグダってのがよくあるパターンなんですが。。。まあ今日も結局そうなりますが(笑)
そんなわけで、今日はよく行く練習コース約50キロを走ります。ちなみにこんなんです。

一応、交通量も少なくちょっとした登りもしっかり入ってる感じの自分としては自転車コースにはイイのではないかという50キロ。特に敷地の所からの峠越えは眺望はありませんがなんともいえない風情のある道です。ちなみに最初の写真は坂を下った地点にある天然記念物の大木。で、まあ調子がよければココからさらに新宮池とか秋葉山とか・・・行けばいいんですが(笑)
さて、そんなところで、例のニューハンドルシマノPROバイブ7Sなんですが、、、これは正解でしたよ!まあ、ハンドルとかは好みの問題だと思うんでオススメしたりしませんが、自分にとっては元々ついてるキャノンデールのハンドルよりイイ感じ!やはりハンドル幅はこのくらいで良かったみたいです。
ブラケットも地面と平行気味なので持ちやすくなり、下ハン持った時もブレーキレバーが近くなったので楽!ホイール替えたのもありますがこれで下りもかなり楽になった、というか前より恐くなくなったような気がします。これまでの乗車フォームはなんだったのか!?って感じです。
や~、そんなんもあって、もう行け行けドンドン!みたいな感じっすよ。本来は敷地で峠越えた後は折り返して平地を走って帰ってくるのですが・・・止めればいいのにそこからまたアップダウンのある方へ・・・森町から磐田原大地を越えて帰るルートに変更。そして、森を過ぎたあたりで・・・気力、体力の限界っ!(笑)
そういや、昨日まで連続出勤で疲労困憊、フラフラになっていたんだった・・・と思い出す自分。いや~、完全に足が売り切れ!マジで伊良湖の帰りより品薄!(笑)まあ、帰ってはこれましたが。。。みごとなごぼう男っぷり(笑)
そんなわけで、久々に乗ってこりゃいかんなぁと思う次第です。なんか微妙に帰ってきてから足が攣りそうになってるし!
なんせ、上半期の最大のイベントMt富士ヒルクライムまで残りちょうど1ヶ月じゃないっすか。今日の調子ではたぶん・・・(泣)
まあ、1ヶ月ありますので調整したり走ったりしないとなぁ、と。
つうか、そろそろ試走しに行かないと!
では次は富士山5合目で会いましょう!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »