« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月15日 (日)

Mr. Scary

Nec_0171 はてさて、「今年は最低でも月1回は100kmライド!」・・・・などと前に言っていましたが、先月は「Mt富士ヒルクライム」に参加など結局「坂」ばかり(笑)
まあ、それはそれで面白いですが、、、やはり僕にとっての自転車は『ロング・スロー・ディスタンス』だよなぁ、と思うわけで。
まあ、『Mt富士・・・』も言ってみれば、ヒルクライムの24kmタイムトライアルじゃないですか。まあ、それも面白いんですけど、、、やはり自分にとっては、「富士ヒルクライムで1時間30分を切る」か、「富士チャレンジで7時間200キロを完走する」かどっちか?と言われれば後者のほうが大事なような気がするわけで。。。。

って、まあそんなことはさておき、今日はどうにも予定がないので(笑)久々に一人自転車ロングライドにGO!!!です。
ちなみに、コースは・・・『旧・磐田郡制覇コース(笑)』・・・自宅⇒船明ダム⇒秋葉ダム⇒佐久間⇒浦川⇒くんま⇒自宅。推定130キロくらい!?ちなみに・・・浦川からくんままでは峠越え(!?)

なんか「構成点が3000点を超えました」とかなってしまうので船明⇒くんままでのルートだけですけど、、、上り基調でけっこう走ってからの峠越えとなるのでどうなんでしょう!?・・・というかまた「坂」なんだ(笑)

そんなわけでウチから船明ダムまではほとんど平坦。たいがい日曜日の午前中に天竜を目指して走っていくと同じようなローディーの方たちとすれ違いますね~
今日は自分もかなり気合入れて一人レーパンっすよ!?
まあ、とはいえ、先が長いので息が上がらない程度のペースでね。
そして船明ダムに到着、約50分・・・昨年とかは全開で走ってきても1時間かかっていたのでだいぶ進歩したんじゃないか!?!?なんて思いつつ船明ダム湖の西側の道を進みます。この辺から山だなぁ~という感じの景色、そしてアップダウンがスタート!?う~ん、今日は・・・イマイチ調子が出ない(泣)
や~、上りが出たとたんイマイチとはなんてこった!?富士5合目に2度も上ってるのに情けない話です。この調子で大丈夫???と不安に。。。
Nec_0166
←なんとか秋葉ダムに!
ちなみにこの辺から先はローディーな方とは全然すれ違わなくなってきました(笑)
ココらから佐久間の手前までの天竜川沿いは山の中とはいえ全然フラットっす。なんか妙に走りやすくスピードも出ますね~
速い人なら時速40キロオーバーでしょう、僕は無理ですが(笑)

まあ、そんなこんなで遂に佐久間に!
や~まさか自転車で佐久間に来る日がこようとは思ってもみませんでした。
クルマで来るのも結構遠いなぁと思うような所に自転車で来ちゃうというのはなんかイイですね(笑)
とはいえ、ココらあたりからアップダウンが激しくなってきて、まあ、なんつうかあっという間に足が売り切れ間近(笑)
浦川のあたりでサイコン見るとまあ約65キロくらいなんですけど、、、65キロのわりには足が・・・足が・・・・(泣)
Nec_0160 ←そして遂に・・・ココから峠越えだ(泣)
ALPSLABで見ると約10キロで平均斜度は4%なんですけど・・・や~ぶっちゃけキツかったっす!
『Mt富士・・・』の時でさえこんなにキツくなかった!?
まあ、上り基調で70キロ走ってからの上りってこともあるし、なんつうか、平均4%というだけでそれ以上の斜度のところが多い(泣)
で、ココが頂上か?と思わせてちょっと下ったらまた上りで「だまされた!!!」という精神的なショックを受けること3回(笑)
ココを上るときはトンネルが一番上です!皆さん注意を(笑)

てなわけで、なんとか根性で上りきり、「くんま水車の里」には寄らずに後は下るだけだ~
下から上ってきている自転車の人とすれ違う、くんまは自転車での行き先としては人気あるのかな!?

結局、最終的には129キロほど走りました。まったくもって予想以上にキツかったです。寝ていて足が攣らないか心配です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

LOVE BITES

Nec_0156 タイヤに空気を入れる、ちょっとメンドイ作業ですが、ママチャリならともかくロードバイクを楽しもうと言うなら欠かせないことの一つでしょう。
当り前かもしれませんけど、僕は走る前にかならずタイヤに空気入れしてます。なんつっても、自転車人としてはスーパーへヴィー級(笑)の80kgもの体重があるので空気圧不足は非常に危険!いつパンクするか分かったものじゃありません。
ロングライド中にパンク・・・・以前、掛川の山奥でパンクしてとんでもない目にあって以来(顛末はこちら)、ホント、走り出すときにはタイヤの規定空気圧まで空気を入れ、さらにチューブ2本とパンク修理キット、ビニールテープ、もちろんフレームポンプといった装備を持って行ってるのですけど・・・まあ、それだけ気をつけていると・・・そういえばここ半年くらい走りながらにパンクってのはないっすね。やはり、日頃の整備、特に空気を入れるのは大事だと思うわけですが・・・。
が、この空気を入れるという作業が実はこれまでスゲーメンドくて・・・いや、メンドイというかですね、手持ちの空気入れがかなりショボイものを使っていたものですからなかなかこの8気圧もの高圧を入れるのが時間がかかっていたわけです。
ちなみに使ってる空気入れはserfasとかいうメーカーのヤツなんですが、、、確かsirrusを買った時に「コレ、フレンチバルブってのだから専用の空気入れ必要ですよ」と言われ一緒に購入したようなしてないような(?)、とにかくもう5年も前に買った3000円位の安物ポンプをいつまでも使ってるわけです。ぶっちゃけ、ポンピングしながらエア漏れまくりで(笑)うまくいかないときなんかは2、3回入れなおしては空気圧ゲージで計るという変なことをしていたわけですよね。
いやまあ、薄々は気付いていたのですが、、、、よく一緒に走っている会社の自称・自転車愛好家の持っている空気入れで空気を入れてみたら、ん~なんか全然エア漏れとかしないんすよね~。なんてラクなんだ、と。ちなみにそれはシマノPROのフロアポンプで5000円以上したとか言ってましたが。。。
そんなわけで、もういい加減もっと良いフロアポンプ買おうと思い立ったわけですけど、、、まあ、何が良いんだろう?PROのポンプなら良いのは分かってるけど被るのもなんだしなぁ、巷にはイロイロあるみたいだし・・・・・・と、まあネットでイロイロと検索して行き着いたのがなぜか『ヒラメ ポンプヘッド2号』!!!
いやぁ、なんでしょうねコレ、マニア心をくすぐる・・・あえてポンプヘッドというパーツ!
なんつうか、ポンプヘッドってバルブを固定するトコだけをパーツとして売ってるなんて思ってもなかったし、まさか空気入れにも「改造」という手段があるとは驚き!
しかも、「あさひ」のネットショッピングのページなんて『史上最強のポンプヘッド』ですよ。『絶対ご満足いただけます』『価格も高いが、性能も超一流』『正直言って、もの凄い感動です!』やべえ、これメチャメチャ欲しい!(笑)
そんなわけで、オークションで落札してみました。ぶっちゃけ、手持ちのフロアポンプより高額(笑)ポンプヘッドだけで下手なフロアポンプが買えてしまうというセレブアイテム!
そんなわけで手持ちのserfasのヘッド部のホースをカッターで切ってこのセレブアイテムを装着!なんてことはない作業終了~、簡単です。
安物ポンプに高額なポンプヘッド・・・訳分かりませんが、いや、あえてココは安物ポンプが高性能ポンプに大変身!!!と言っておきましょう(笑)
で、確かにこれは感動モノの変身ぶり、スゲー楽々空気が入っちゃう。あまりに楽々過ぎてこれでいいのか!?と。物足りないなぁ、と思うくらいです(!?)
それになんと言いますか、モノ自体の質感みたいなのも良い感じ。イイ仕事してますね~、と言いたくなります(笑)
さてさて、そんなわけで空気も入れたし走るぞ~。。。。と言いたいところですが、ホント雨ばかりで全然乗ってないや~。Mt富士ヒルクライム以来、CAAD9で外走ってなかったりします。。。今週末あたりは晴れるかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 5日 (木)

Difficult to cure ...Mt.Fuji Hill Climb !!! ③

Nec_0152 ・・・てなわけで、自転車乗りながら富士チャレンジ以来の危ない人に変身する自分(笑)
ドコだ!平坦区間はドコだ!平坦を我によこせッ!!!・・・そんな調子です(笑)
もはや、周りの景色など見ることもなく突き進む!
そして、遂にだいぶ前に置いていかれたsotoasobiさんに追いつき・・・最後の傾斜の緩い区間へ!
これが最後のスパートだ!!!と思ってたら、なんか親切な人が「列車作るんで乗ってください!」みたいな声をかけてくれる!
「いや、足がいっぱいなんで!」とか言いつつも、その列車とやらに乗ってみる!
おお!人生初の自転車列車への乗車だ(笑)とにかく前の人につく、なんだか途中足止めてもスピードが維持するんすねぇ、これはイイや。。。
ってなわけで、最後の最後、緩斜面が終わり最終上りへ!
ゴールらしき所がもう見えている!
まだダンシングで最後の力を振り絞ることはできそうだが・・・・ゴール前大渋滞!(笑)
なんだかゴールの余韻に浸っているかのような大集団の中を強引にかき分けてゴールゲートへ・・・・そして、遂にゴール!!!

結局、最終結果は・・・1時間39分ちょっと。嗚呼。。。。。
試走の時より3分ちょっとは速く上れましたが。。。。もしかして?1時間30分?はならず。
いやあ、今回はゴール直後から悔しかったっすね~
嗚呼~

さてそんなわけで、すっかり忘れていた一緒に参加している自称・自転車愛好家のもう一人を五合目で待つ自分。
なんだかどっと疲れが出てきたっすよ。しかも、なんか空気が薄いのを感じる。
以前富士登山をしたことがありますが、、、頂上にいるのか!?ってくらい空気が薄く感じる。やっぱり、今日は調子悪かったのかなぁ。。。
実はすぐそばにあの「今中大介」がいて気さくに皆さんと写真撮ったりしてるんで、僕も写真撮って欲しかったのですが・・・ここでもイケない(笑)もうなんか動く気力が出ねえっす。
嗚呼~

で、あとは自称・自転車愛好家のもう一人と合流し、下ってスタートした会場へ。
「吉田うどん」のサービスがあるというので行きましたが。。。元・山梨県民の僕から言わせて頂きますと「山梨には美味いものは▲■!(←自主規制!笑)」
で、まああとは途中で温泉入ったりしつつ、高速をマッタリ帰ってきました。メチャメチャ眠かったっす。。。つうか、帰ってきて自転車を拭いたあとちょっと横になったら1秒後には爆睡してましたね(笑)次の瞬間起きたら3時間たってたんで、ホント何が起きたかわかりませんでしたもん。

そんなわけで、僕の「Mt富士ヒルクライム」も終了~
いや~ぶっちゃけ、かなり悔しいんで来年こそ1時間30分をきりたいんですが。。。出れるかなぁ。
出来れば今回のようにほとんど寝ずに会場入りとか、ボトルを凍らせたままスタートとかはなしで(笑)
ま、でもその前にもっと上達したいっすね~。
とりあへず、次は最大の目標である「富士チャレンジ200」っすか?
今度こそ目標達成だ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 4日 (水)

Difficult to cure ...Mt.Fuji Hill Climb !!! ②

Nec_0152 さてそんなわけで、1kgの氷を持ってスタートする自分(笑)
実際のトコ、坂を上っていくわけですから軽い方が良いわけで、、、軽量パーツやら何やらってのがもてはやされるくらいなわけで、、、よく自転車ブログなんかを見てると、いかに軽量化したかとか自転車が重さ何キロ何グラムになったかそんなことに執着してる人もいますが、、、う~ん、飲めないボトルは完全に重量化、しかも1キロだよ。。。(泣)
いや~、もう自転車の軽量化とか、、、ぶっちゃけ自分自身が重量級なのでそんなことはそれほど気にしませんけど、まあ、なんつうか氷の重さよりも飲料がないことのほうが自分には問題。。。僕はどっちか言うと汗かく方なんすよね、だから水分補給とかは走り続けるにはかなり必要なわけで、特にこんな超級のヒルクライムするわけですから、気温云々をさておいても完走予定時間からして500ml~1000mlくらいは必要だと思われるわけで、、、それがないとはかなりやばいなぁ、と。
もう、スタート地点まではアップもかねて(?)ボトルを振りまくってました(笑)
そんな感じで、遂に記録計測地点へ!!!もう、行くしかない!!!富士五合目目指してGO!!!です。

ちなみに、今回の目標は「もしかして1時間30分?」(笑)
前の記事のとおり、試走しに行った時には1時間42分。一応そこから考えて、、、前半の12キロを頑張って10分短縮し50分、そうすれば後の12キロは試走と同じペースで行けば1時間30分か!?!?
とにかく前半でムリしないようにしつつも前回以上のペースで行こうと。とにかく1時間30分、もしかして!!!それが今回の目標なわけですよ。
まあ、しかし、初めてのこんな大人数でのヒルクライム。まあ、上っているのでエンデューロみたいに後ろから猛烈なスピードで追い越されビックリ!!みたいなことはありませんのでイイ感じです!第7グループなんで周りも自分も時速は20キロも出るなんてことないですし(笑)
まあ、そんな感じで結構抜かれるより抜く方が多く(!)イイ感じで走っていたわけですが・・・突如思わぬ出来事が!!!
なんと後ろから追いついてきた人に「ピオーネさんですよね?」と。これは正直、ビックリ!!!初めてリアルにハンドルネームのピオーネと呼ばれた!(笑)
これが前の記事でコメント書いてくれてたsotoasobiさんで、いや~まさかホントにこうして出会うとは!!これも分かる人にしか分からない「JUDAS PRIEST」のロックジャージを着ていたからでしょう(笑)ちなみにsotoasobiさんも「KISS」のジャージ!KISSのほうが分かる人は多いでしょう(笑)
そんなわけで、しばらくsotoasobiさんと談笑しながらヒルクライム。
で、目安としていた12キロ地点、なんとか50分で通過!これなら行けるんじゃないですか???なんて話ながら、、、残り12キロを40分で・・・前回は行けてる40分で・・・ペースアップしないと、ペースアップを・・・・アレレ?・・・なんか・・・これは・・・イケてないっ!!!

いや~、なんつうか、前回の試走ではココらからイケたわけですが、今日は明らかに前回よりイケてないんですよ。。。。sotoasobiさんにも置いていかれ。。。いや~、まあ、これでもこの1年半でイロイロな坂を上ってなんとなく自分のことはわかっているつもりですが、なんか今日は勝手が違う!?
だいたい、坂でダメになるときは息が上がりきってしまうか足がいっぱいになってしまうかなんですけど、、、今日はなんだか単純にイケないんですよね。
息が上がりきって心拍もMAXになってるんだったら分かるし、足がいっぱいで攣りそうになってるんだったら分かりますが、、、そのどっちでもない。イケないのです。動けないのです。。。何故だ!?!?

前日ほとんど眠ってないからか?水分補給が足りてなくて軽く脱水症状になってるのか!?それとも単に実力不足か。。。とにかくイケないので完全にマイペース走法、なんかやたら抜かれる。。。(泣)
3合目を過ぎ、大沢駐車上では太鼓の演奏が鳴り響いています。。。でもイケない。太鼓の人達にありがとう~!!とか言う余裕はあるのですがイケない。。。
サイコンを見ると、もしかして1時間30分???とか言っていたのがちょっともうどう考えても無理目になっているのがわかってしまいます。。。何でだ!!??

・・・チクショウ!ボトルの水もいつまでたっても溶けねえし!なんで錘を持って上らなきゃいけねえんだ!投げ捨ててやりたいぜ!!
・・・「多くのサイクリストが目標とするのが『1時間30分』・・・・この圏内に入れば実力派サイクリスト?」どうせオレは実力なんてないさッ!
・・・富士チャレンジも失敗、富士ヒルクライムでもまたも目標達成ならずか!?

・・・チクショウ!ふざけやがって!

・・・いつまでも上らせやがって!

・・・何がフジヤマだ!何がミナナロウだ!!

・・・この、、、ハゲ山がッ!!!!(←あ~言っちゃったよ!笑)

そう・・・遂に何かが降臨!!!(笑)

行くぜ!STAND UP & SHOUT !!!(←ただのダンシング)
もう心拍数が上がらないとかそんなの関係ねぇ!イってやる!(←完全に逆切れ 笑)

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

Difficult to cure ...Mt.Fuji Hill Climb !!! ①

Nec_0154 ヒルクライム・・・
「僕の人生は長くつらい上り坂を上るためにある」。。。と言った人もいますが、何故そんな長くつらい上り坂を自転車で上ろうというのか!?
何故お金を払ってまで平均勾配5.2%距離24キロ標高差1270mの試練に立ち向かおうというのか!?
何故4000人以上の人がココに集うのか!?
何故僕はそこを目指すのか!?
何故・・・いや、もはや理由なんて探す必要はない!すでに『治療不可』だから!!

ってなわけで、行ってきました『Mt.FUJI HILL CLIMB !』
その顛末を記しておこうというわけです。

それでは五合目目指してGO!!!・・・なわけですが、実は行く前にですね大問題が発生!
実はこのイベント、前日に受付しないといけないわけですよね。
が、ネットでエントリーしたときにはそれも軽く考えていたんですよね。しかし、大会が近づくにつれよくよく考えてみると、前日の土曜日の仕事って休めないよな・・・と。
大会は6/1、ということは前日の土曜日の受け付け日って5/31、月末じゃないですか。そりゃカレンダー通りの休みでしたら月末も関係ないでしょうが僕の場合は・・・。
これは困ったことになった、最悪仕事を中抜けして受付しに行く???でも、ウチから会場まで行って帰ってくれば6時間はかかるだろうし。。。いや~困っちゃったよ!funrideさん前日受付とか止めようよ~(泣)
そんなわけで、一緒に参加する会社の自称・自転車愛好家と誰か受付しに行ってくれる奇特な奴はいないかと探しまくったわけですね(代理での受付は可だったので)・・・や~やっぱりこーゆー時のためにも自転車仲間とかもっと増やさないといけないのかなぁ、なんて思ったり。。。ま、なんとか自転車とは無縁の勇者が見つかり受付にはいってもらっちゃったんですが(Kさんホント助かりました!)
しかし、受付には成功したものの、まだまだ問題はあってですね。。。なんと当日のスタートは朝の7時!しかも、5合目までの荷物を運んでもらうためには6時15分までに荷物を預けないといけないとか。。。しかも、自分の割り当ての駐車場は富士急ハイランド駐車場、、、富士急から富士北麓公園までは3~4キロの上り(笑)そこを自転車で行くとなると・・・・そんなんを全てひっくるめて考えるとですね、ウチを出発するのは2時ってトコですか、2時。。。2時ッ!?!?
え~っと、前日は仕事で、まあ月末なんで早く終わったとしても8時くらいですか。朝の6時台に出勤して夜8時まで仕事して2時出発、え~っと・・・マジかよっ!!!(泣)
まあ、そんなわけで、超ハードスケジュールでの参戦になってしまったわけですよ。ぶっちゃけほとんど寝ずに会場入りするはめに(笑)
しかしまあ、そんなハードスケジュールもこの最大級の大自転車イベントの前に気にはなりませんでしたね。富士急の駐車場に集まるのはもう日本各地のナンバープレートの参加者!ドコから来てんだよ!と言いたくなるくらい。さらに会場入りさえしてないのに富士急の駐車場でローラー台回してる人もいるわ、なんだかもうイベントの規模が違うぞ!?というただならぬ雰囲気
で、準備して会場に向かえばもうそこは自転車人だらけ。いや~これまで参加してきた天竜や浜名湖の自転車イベントがホント小さな規模に思えますね。4000人以上の自転車人、この4000人以上がみんな富士五合目を目指して走るわけで・・・ちょっとこれは・・・アホ過ぎる!!!(笑)
いや~、すんません、もうなんか興奮して(笑)初めて出た自転車イベント「天竜サイクルツーリズム」の時を思い出しましたね~!寝てないけど眠いなんてちっとも思わない!
スタートセレモニーも間近で見させてもらいました。カネシロ編集長「ベストを尽くせば(かりにイマイチなタイムでも!?)それがベストタイム!」その言葉は頂きモノです!!
いや~、もう興奮も最高潮!徐々に前の人たちがスタートし、もう早くスタートさせてくれ!!!って感じです。
ちなみに、自己申告タイム順にグループ分けされていて速い順にスタートしていくわけですが、、、僕は自己申告タイム2時間にしていたので第7グループ。後には第8グループがいるだけで、かなり遅いスタートです(笑)
いや~、もう走ってないのに喉が渇いてきた!ま、今日は万全を期してボトル2本で来たからね~!富士チャレンジの時のような失敗はしないっすよ!え~っと、あれ、、、、ボトルが、、、ボトルが、、、凍ってる(泣)
ん~、そうなんすよね~、なんつうかスタート前に最大の問題が発生!しちゃいまして、、、ボトル2本を用意してきたわけですが・・・まあ、ぬるい水を飲むのもなんなんで前日から冷凍庫にいれておいたのですが、それが両方とも全然溶けてなくてですね。。。そんなバカな。。。。。。(続く!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »