« Straight between the eyes | トップページ | Stairway to heaven »

2008年7月27日 (日)

Trial by fire

Nec_0188 いや~すんません、またやってしまいました・・・
←セラ・サンマルコのロールスです!アメリカのキャノンデールにロールスというのはなんか変な気もしますが(?)・・・いや、そういえば最初に完成車の段階でついていたのはサンマルコのサドルだったっけ(名前が思い出せないが・・・)
そう、最初のサンマルコの安っぽいサドルではほとんど乗らずフィジークのアリオネに替え、ちょっと見た自転車雑誌の特集で御乱心を起こしフィジークのアリアンテに替え「これ良いんじゃない!」などとこのブログでちょっと前に言ってたわけですが・・・う~ん、なんつううかヒルクライムだけするならいいんですけど、長い距離を乗るとあまりよろしくなかったわけですよ。よろしくなかったというと語弊があるな・・・なんというか自分には合っていなかった、ということです。まあ、つまりは、前の方の記事で佐久間まで行った120キロでケツがケツが・・・(笑)いや~面目ない(誰に謝ってる!?)
そんなわけで実はこっそりアリオネにもどしていたわけですが、このことでまたしてもイロイロ考えてしまうわけですよ。なんつっても自分の体はハンドル・サドル・ペダルとだけ接しているわけじゃないですか。どう考えてもその3点が自分に合っているかどうかは重要なことだと思うわけで、、、アリオネでもいいんですが、この際だからもう一歩だけ踏み込んで考えてみようかと、そう、ボーナスも出たことですし(笑)
で、まあ、サドル・・・世の中にはそりゃもうメチャメチャいっぱいサドルがありますよね。実際のトコ、あまりに種類がありすぎて何が良いんだか・・・アレも良いですよ~コレも良いですよ~って雑誌には書かれ、アレはダメ~コレは最悪~とネットでは書かれ、いったい何を信じたらよいのだか!?
レーシングサドル?あの選手があの峠を制するのに使っていたって???
コンフォートサドル?医学的に見て理想的な・・・???
う~む・・・・
そんな中で、セラ・サンマルコを調べていたら気になることが書かれいるじゃないですか。
「S.I.Z.E.システム」、性別・体重・ショーツサイズからライダーにマッチしたサドルを見つけることが出来ます!・・・へぇ~
で、ふと思ったのですが、なんでサドルって同じ種類でサイズ違いというのがないんでしょう?アリオネを使ってる人って山ほどいると思いますが、身長160cmの人と190cmの人でも同じサイズのアリオネなわけです。身長だけではなくオシリの大きさも人それぞれでしょうし・・・なんで???サドルってのはそんなに大きさを気にするところではない???
が、さらに調べると、中には同じサドルでサイズ違いがあるサドルも存在するじゃないですか・・・う~む。
ちなみに、例のサンマルコの「S.I.Z.E.システム」からすると自分の選ぶべきサドルってのはどう考えてもMAXサイズです。まあ、身長185センチ体重80キロ、レーパンのサイズはパールイズミの3Lの自分ですからね~。
で、ですよ、その辺をイロイロ考えてみた結果、今回はできるだけ大き目のサドルを試してみよう、という結論に達したわけですね。長さではアリオネ以上のものはないでしょうから幅が広いものを、ね。
そんなわけなんですが・・・・調べてみると、なんつうか幅が広いサドルって「コレ、超コンフォートですよ!」みたいなサドルばっかしなんすよね~。しかも、たいがいそーゆーのって穴の開いたサドルで・・・穴の開いたサドルってどうなんですか?なんか余計ケツが痛くなりそうな気がして仕方ないんですが(笑)
いや~、幅広でレーシーって矛盾してるんでしょうか!?調べた所、世の中細身のサドル全盛じゃないですか!細身の方がペダリングの邪魔にならない???僕は絶対ヒザが開いたペダリングだけはしてないつもりですが(あくまで「つもり」です!)サドルがジャマになって・・・なんてことはないんですけど。。。
まあ、そんなこんなでちょっとばかり諦めかけていた時に目に付いたのがサンマルコのロールスなんすよね。
ぶっちゃけ、最初はこの横から見た姿がイマドキの薄いサドルとかけ離れてるコレを古臭いくてカッコ悪いと思ってしまった自分ですが(笑)いや~調べてみると一昔前はバリバリのレーシングモデル、しかも未だに生き続ける定番品、例の「S.I.Z.E.システム」にはのらない程の!(笑)で、しかも幅も広く(150mm近い!)、「乗り心地良い」という評判、そしてそんなに高くない(笑)試すんならコレじゃないか???とね。まあ、ダメならダメでアリオネで生きていこう、と。
で、ボーナスをつぎ込んでみたわけですが、、、まずセットしてみた感じは・・・意外とイイんじゃない?なんかサドル単体で見てみるとイマドキの薄いサドルしか見たことない自分が言うのもなんですが・・・もっさりして見えるんですけど、自転車に組み込んでみると意外と普通というか別にカッコ悪い感じはない、いや、むしろイイんじゃないかこれは!?ああ、でもまあ、たぶん、たぶんですけど小さいフレームの自転車だとどうかなぁ、僕の自転車かなりデカイですから。
それにアリオネと比べてレールの違いだと思うんすけど、単純にセットするとサドルが1センチくらい低くなってしまう・・・つまりシートポストがもう1センチほど出せるわけですよ。これはありがたい!やっぱしシートポストがでていた方がカッコいいですからね(笑)
あ、それと重量は決して軽くはない・・・いやイマドキのサドルと比べたらもちろん重いっすよ。ま、そーゆーのは最初から気にしてませんけど(笑)
で、そんなわけで乗って試してみないといけないわけですけど・・・いや~ここ数日の毎日の真夏日、しかもこの前のアホな企画のせいでずっと体調が悪くて・・・なかなか乗れないでいたのですが、今日は意を決して朝5時に起きて乗ってきましたよ。ぶっちゃけ、一人で練習ライドみたいなのでこんなに早く起きて乗ったのは初めて(すんませ~ん!笑)
で、いつものウチ⇒豊岡の名もなきちょっとした峠の定番コース50キロに行ってみたわけですが・・・そうそう、以前の自転車修理をした記念に(?)ちょっと他もいじっています。ステムを短いのに替えていたのを元の120mmに戻し、ブラケット位置ももうちょっと上が地面と水平になるように変え、もちろんバーテープも巻きなおし(ちなみにPROのシルバーのバーテープ!)・・・しかも、やめりゃいいのにシートポストが1センチ余計に出たのがうれしくて「んん、もうちょっとサドル上げてみるかな~!」と。さすがにこれは途中で失敗だったことに気付いて戻しましたが(笑)
いや~、まあ、たった50キロ乗っただけなのでアレなんですが、、、見た目から想像するにフカフカしてんのかなぁって思ってたんですがいやいやアリオネより硬いです。ぶっちゃけ、今日乗った感じとしては「次も乗ってみます」って感じですかね(!?)とりあへずコレでしばらく乗ってみよう、という気にはなってきました。まあ、やっぱし僕のような鈍感な人間が50キロ乗っただけで良し悪しがわかるわけないので(笑)まあ、乗っていれば自分に合ってるか否かは自然と分かってくるでしょう。
それに・・・サドルの良し悪し以前に自分のスキルというか自転車に乗るフォームがイイのか!?という根本的な問題もありますので(そのほうが重要だとおもいますが。。。)とにかくしばらくコレで乗りまくってやろうと思います。

|

« Straight between the eyes | トップページ | Stairway to heaven »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/41987662

この記事へのトラックバック一覧です: Trial by fire:

« Straight between the eyes | トップページ | Stairway to heaven »