« HEARTWORK | トップページ | Breadfan »

2008年8月31日 (日)

Hello from the Gutter!!!

Nec_0195 君を待つ

夏の終わりに

初パンク(初落車)

  ・・・ピオーネ都田

いや~、今年初めてのパンク、しかも転倒して初めてパンクしていたのに気づくという悲しい事態(泣)
なんでもない右カーブ、曲がろうと車体を少し傾け・・・そのまま前輪は全くグリップせずにあっさり転倒。右ひじ、右ひざ、右腰付近に擦り傷。巻いたばかりだったバーテープが破れ・・・まあこのくらいですんで良かったとしましょう(泣)
そういえば、昨年は何回パンクし、何回落車したか。。。そのたびに自転車界の厳しさ、ロードバイクの難しさ、自分の情けなさ(笑)に気付かされたわけです。が、今年に入ってからそういえば一度もパンクしてないし、落車もしてなかった。今年はこのまま一度もトラブルなく行けるのか。。。と思ってましたがやはりそう甘くはないっすね(笑)
で、今回はスネークバイトっていうんですか(名前がカッコいいな 笑)タイヤには損傷ないんですけどチューブがキレイに同じ位置に何箇所か穴があいてました。う~む、ちゃんと空気入れて走り出したんだけどなぁ。。。
ってなわけで、パンク修理なわけですけど・・・ちなみに写真では道路に思いっきりはみ出してますけど、ココは完全な農道というか全然クルマが通ることのないところです、ココまでしばらく歩いて来たくらいなんで一応。
で、ちなみに僕のパンク修理用品として携帯してるのはTOPEAKのポケットロケットDXマスターブラスター(以前のフレームに挟み込むロードマスターブラスターはやっぱしジャマなんでやめました)+grungeのポンプアダプターなんすけど、この組み合わせはかなり良いのでは!?と思います。
ポケットロケットは小さくてジャージの後ろポケットに入れて走れるわりには空気も良く入るような気がします。さらにgrangeのポンプアダプターと組み合わせれば100回以上のポンピングも意外と苦にならないような!?やっぱホイール持ちながらポンピングより楽ですよ、これはホント!
あと、やっぱコンチネンタルのグランプリ4000sはイイですね!コレと今のマビックリムのホイールならタイヤレバーなくてもタイヤの着脱が出来るくらいっすよ。以前のシマノホイールとパナレーサーの組み合わせの時はパンクがとんでもない脅威でしたけど、これだけはめやすいなら「や~やっちゃったな~」くらいでいられますもん(笑)
そんなわけで、まあ、出血もしておるので目的地には行かずに帰ってきましたとさ。
嗚呼。。。

ところで、実はこっそりまた自転車パーツを替えてたりします(笑)
毎月何か新しいパーツをつけてるような気がしますが(?)、まあ、自転車の探求者たるものセッティングに関して妥協は許さないわけで(??)、もっとラクにもっと美しく走るために日夜考えをめぐらすわけですよ(???)
まずはハンドルなんすけど、そーいえば数ヶ月前にキャノンデールC4とか書いてあるハンドルを20mm幅のせまいシマノPROのバイブ7sアナトミックに替えたのですが・・・
外-外で460mmの最初のハンドルから比べ20mm狭くなったハンドル、さらにブラケットとハンドルをフラットに出来て、そりゃブラケットに手を置いて巡航してるにはかなり乗りやすくなったわけです。
が、下ハンが・・・とにかく下ハンが持ってられない、下ハン持ってるとブレーキも遠い、下ハンが、、、、というわけで、シマノPROのPLTコンパクトというモノに交換。
自転車雑誌などでイロイロ夏休みの自由研究よろしく調べてみたのですが、、、今、シャローとアナトミックのイイトコ取りしたハンドルが人気!らしく試してみる価値はあるなぁ、と。
ちなみに、僕は身長のわりに手が小さいんすよね。パールイズミでいえばジャージ・レーパンは3L、でもグローブはL、、、グローブに3Lはないっすけど普通に考えたらXLのところLなわけです。ぶっちゃけパールイズミのサイズ表で手の周り測ったらMでもいいくらいなんで。。。
で、バイブ7sのカクカクなアナトミックだと下ハンでのブレーキに手が届きにくく、かといって下ハンでのブレーキ優先にするとブラケットが非常に持ちづらい位置に移動してしまうわけで、、、、っつか、それ以前にアナトミックのハンドルって下ハン握りづらくないっすか!?いや握りづらいというか握る位置が一箇所しかないというか。。。ま、数ヶ月乗ってようやく気付いたことなんですけど。
そんなわけで、イロイロ調べた結果、モドロのヴィーナスというエンゾ氏の本でよく出てくるハンドルにしようかと思ったんですけど、、、売ってないんすよね(笑)で、似たようなハンドルのシマノPROのPLTコンパクトってのにしてみたわけです。もちろんアナトミック・シャローな形状で、シマノブラケットつけたときに上は平らに下ハンは緩やかなカーブ、しかもショートリーチでドロップも120mmしかないという・・・185センチの男が使うハンドルにはとても思えないようなモノです(笑)
さて、これでどうなるものかな!?!?
それと・・・シートポストもついでに同じシマノPROのPLTシートポストに・・・って、見た目をあわせるためではないんすけど。
っつか、ですよ、前々から言ってやろうと思ってたんすけど(!?)最初についてるキャノンデールのC3カーボンラップドってポストはインチキですよね(笑)カーボン巻かないでいいから角度調整できるようにしてくれ!!!ホントあれは詐欺だ!!!
なんというか、サンマルコのロールスにサドル替えたのは良いんですけど、よくよく見るとサドルがちょい前下がりになってるんすよ、レールの角度がちょっと違うのかな!?
これはイカンですよね、サドルは地面と水平でないと・・・ってその最初についてるキャノンデールのシートポストって見た目には角度が調整出来そうなんすけど実は形だけというなんちゃってポストなんですよ、、、ってこれまでのサドルだとそれで水平になってたんでイマドキのサドルをつけることしか想定されてないわけかなぁ。
まあ、でもロールス使う気になっちゃってるのでしょうがないポストも替えるか、、、ま、ハンドルとあわせりゃいいか、、、くらいでコレに(笑)カーボンポスト?たぶん壊すのがオチなんでやめときます(笑)
そんなわけで、もうホントいい加減にこれでどうだ!!!みたいな心境ですね(笑)ま、でも探求者としてまだまだ、、、いやいつまでもセッティングには悩むんだろうなぁ。。。
ぶっちゃけ、ステムも100mmと120mmをとっかえひっかえしてるんで(笑)
ま、探求者というよりも一年中夏休みの自由研究ってくらいな気もしますが(笑)

|

« HEARTWORK | トップページ | Breadfan »

コメント

怪我は軽傷で良かったですね。
僕はまだ、転倒もパンクも一度も経験無いのですが、考えるとちょっと怖いですね。
下り坂で50kくらい出てて、ここで転んだら大怪我するだろうなあぁと思うことがあります。
オフバイクのときは全くそんなこと考えもしなかったでけどね。身体をさらけ出してることに、何も変わらないんですけどね。ロードの場合、空気圧は7kgくらいですか?
友人のタイヤを触ったとき、すごく硬かったことを記憶してます。僕のスポルティーフは大体5.5~6.0kgです。
パーツもいろいろ、楽しんでますねぇー。
ピオーネさんの部屋に2台目3台目の自転車が増えて行きそうな気がします。(笑)

投稿: たか | 2008年9月 3日 (水) 06時33分

たかさんどーもです。
確かに自転車で下りで50キロもでると恐怖心が。。。クルマやバイクならなんてことないのに。
やっぱ自転車だと体感スピードは速く感じるし、あの細い車体にあんなちっちゃなブレーキでしょ、考えてしまうと恐い(笑)
プロの選手なんかだと下りで100キロとか出すらしく、テクニックがあればそのスピードもありなんだなぁ、と。まあ、つまりそんなスピードが出ても大丈夫なブレーキであるはずなので恐がってばかりでもイカンと思うわけですが。。。まあ、プロじゃないんで安全第一で行けばいいんじゃないっすか(笑)
ちなみに空気圧は・・・kgという単位ではいつも考えてなくて(なんか色んな単位がPSIとか・・・)、いつもは8BAR入れてます。たかさんのスポルティーフはたぶんタイヤの幅とかも広いのがついててそんなに簡単にはパンクしないような仕様じゃないですか?とはいえ自転車でロングライドするならパンク修理の装備は必携っすよ!
って、自転車はそんな簡単に買えないっすよ(笑)
でも、マジでいまもっと車輪が欲しい~!特にチューブラーに興味が・・・・

投稿: pio | 2008年9月 3日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/42340605

この記事へのトラックバック一覧です: Hello from the Gutter!!!:

« HEARTWORK | トップページ | Breadfan »