« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月18日 (木)

Rock until you drop

Imgp0003 ・・・不況、金融危機、従業員削減、長期低迷、減収減益、、、なんとも経済は暗いニュースばかりですが・・・ま、しょうがないから僕が景気回復のために金を使うか!(?)ってわけで先日頂いたボーナスでアレを買うぞ!!!ってわけなんですよ。
実はそろそろちゃんとした良い「完組みホイール」を買おうかなぁ、なんてしばらく前から思ったりしてたんです。
で、イロイロ考えた末、、、フルクラムのRACING3を第1候補に!
ま、3より下だと意味ないし、RACING1やZEROでは自分にはオーバースペックかな、と。
たぶん、そんなん買った日にはヒルクライムは楽々、平地の平均速度もメチャメチャアップ!・・・なはず!?や~イケてます?イケてる!?!?
なんですけど、まあ、すんなり買っちゃうのもアレなんで、一つハードルを設けようかと思って・・・
そう、ま、なんつうか80kgオーバーの自転車野郎としては体重超過な自分ですので、ボーナス時に80kgを切っていたら買おう、と。ま~夏の終わりくらいからそんなことを漠然と考えていたのですが・・・
で?、、、今回は見送りとさせて頂きました(笑)
や~ホント体重が減らない!仕事のストレスでつい食に走ってしまうんで減るわけがない!マジで、自転車乗ってなかったら間違いなくメタボリックだ(笑)そんな流行にのりたくない!あ~イヤだ嫌だ。。。
もう、とにかく冬だろうがなんだろうが乗ってやろうじゃないのよ!?しばらくは寒いのもあるしあんま山登りというよりはLSDで体脂肪燃焼!?
Imgp0007 ってなわけで、GO!!!なんですけど・・・そうそう、ホイールは見送りになったんですけど、まあ、少し金は使ってみました。
買ったものは・・・PENTAXのOPTIO W60、デジカメです。
最初はキャノンデールだけにCANONを買おうかと思ってたんですが(笑)、イロイロ検索してたらコレって防水使用だし見た目的にもちょっと好みな感じだったので。ま、ジャージの後ポケットに入れて走ることを想定すると防水はないよりあったほうが良いんじゃないかなぁ!?ってくらいなんですけど。
ま、何しろこう自転車で走ってばかりいると素晴らしい景観や美しい何かを発見することもままあるし、走った記憶を残しておきたい・・・って、そろそろ携帯写真じゃ飽き足らなくなってきたわけですよ。
てなわけで、初デジカメ出走!?行き先は・・・って、実は浜北から三ケ日になんとなく行こうと思って出発したのですが。。。知らないうちにくんまに!?(笑)
ともかく、今日は平地ロングライドのつもり、天竜川も国1の橋渡って北上、、、でもなんか曲がるのを忘れ天竜、、、阿多古を過ぎて、、、どっかで曲がれば西に行けたような!?と思ってるうちに徐々に上り、、、なかなかイイ坂じゃないか!山はイイよね~、、、
って、まあ、何でしょうね!?上りだすと上りきるまで止まれない体になってしまってる!?(笑)ま、それほど傾斜もきつくないし、時折なかなかのパノラマも開け、あれよあれよという間に上っちゃってる、みたいな!?ん~今日は平地を走るはずだったのだが。。。
ま、結局、そんなわけでくんまの道の駅まで来ちゃいました。よく考えたら、ココを何度か下ってはいるけど自転車で上ったのは初めてだよな・・・ってね、それにしても道の駅に誰もいないが・・・定休日かよッ!!!(笑)
そんなこんなで、自販機で熱いお茶飲んで引き返す。とりあへずもう後は写真をドコで撮るかだけだ(笑)
しっかしまあ、なんて絵心がないんでしょう!?携帯写真より格段に画質はアップしたけど、、、なんつうか、僕のイメージしてるのはこんな写真じゃない!(笑)もっと。。。まあ、単に腕がないだけですよ、ホントね。
それになんかやたら色んな機能があるらしいんだけど全然わかんねえや~もうちょっと勉強しましょう。
ま、そんなこんなで81キロほど走り、まあ休憩込みで約3時間半。これならココも練習コースにいいかも!?かあさんの店も木曜定休ならちょうど良いし。

はてさて、年内あと1回走れるかどうか、か!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

Hell bent for leather②

Nec_0267 そんなわけで「天竜の森」を出発、しばらく下り基調になると・・・・とんでもなく寒い!
そりゃもう、とっくに標高も1000mを越えて山の上をずっと走ってるようなもんですからただでさえ寒いんでしょうけど・・・。
いや~ホント、失敗っつうかアホだなと思うんですが、寒さ対策のための長袖ジャージ+アームウォーマー+ウィンドブレーカーのはずが秋葉神社までの坂で「止まってたまるか!」という一心で大汗かいて上ってしまって、まあ着過ぎだったわけですけど、そんな汗だくジャージで下りを走れば寒いこと寒いこと(泣)
ホント経験不足ってヤツですかね。。。後から考えればアームウォーマーもウィンドブレーカーもココから着用すれば良かったのは間違いありません。。。アホ過ぎる。。。
ま、でももうココまで来ちゃったからには行くしかないわけで、、、次の寒さ対策はガマンだ!(笑)
そして、さらには寒さ以外にも難敵がいるんすよね、、、それは落石!
やっぱし、こーゆー山の中まで来ると上から道に落ちてきた石が散乱してたりするのは良くあるんですが、落ちてきてるが故に割れたりとかしてるわけですよ。そりゃ縄文時代の石器よろしく鋭利に尖ってることも珍しくないわけで、そんなのに乗り上げたら一発でタイヤカットっすよ!
マジでね~こんな所で絶対パンクなんかしたくない!!!以前の掛川の山奥で悲惨な体験が頭をよぎり・・・だから目の前の道をガン見ですよ!(笑)
いや~ホントココまで来ると視界も所々開けて良いパノラマが広がってたりするんですが、、、それよりなにより落石注意
そんなわけで寒さと石に苛まれ、景色を見る余裕もなくひたすら走る。そして、最後の上り。。。もう足もだいぶきてるんでかなりキツイが。。。なんとか上りきり、少し下る。
で、やっと着きましたよ!山住峠!ぶっちゃけ、体は冷え切って腹も減ってます。知らないうちにココにも温度表示の看板がたってたんすけど、只今の気温7℃。おぉぅ。。。
で、実はココに自販機があると思ってまして、熱いお茶とか飲もうと思ってたんすけど・・・う~んドコにもそれらしきものがないぞ!?!?
しかも、ココにも誰一人いない~!更にはトイレも「冬季封鎖」とかされてる!ヒドイ!ひど過ぎるよ!!!(泣)
ま、とにかくココで持ってきた饅頭を食いながら最後の難関に挑む心の準備を・・・そう、そうなんすよ、ココになかなか来れなかった原因、それは上り坂ではなくて下り坂が恐かったからなんですよね~(笑)

マジでね、僕はこれまで下りがメチャクチャ苦手、っつうか恐くて。。。こっから先、10キロ続く平均8%の坂がたぶんとんでもなく脅威ではないかと。。。
単なる恐がりなのかはたまたなにか原因があるのか!?ポジションが悪いから?ハンドルがあってないから?イロイロ考えてみましたが、、、実は先日の太田川ダムの帰りの下りであることに気付いたんすよね~。
それは・・・もしかして下りが恐いのはハンドルちゃんと握れてないから!?
すんげぇ低レベルな話で申し訳ないんですけど(笑)これまで自分、下りでは下ハン持たなきゃ!ということで下ハンは持っていたのですが、なにせまずはブレーキ!という意識が強くてそっちばかりに気を取られていたのですが。。。
エンゾ氏の「アニキの小指で走りが変わる」で書かれていますが、、、「下りを恐がるライダーは、たいてい‘ハンドルの位置゜と‘ハンドルの握りかた’に問題を抱えている。・・・ハンドルはしっかり握りつつも、手首や肘にはゆとりを残しておく“ナンパなツッパリ”の握り方をマスターしよう。そのためには、今一度“アニキの小指”を意識して欲しい」・・・これか!
三船アニキ曰く、「下ハンのブレーキは指1本でいい。それよりもハンドルのグリップを安定させることの方が大切」らしい。
そして、下ハンもったときにちゃんと握れた状態で人差し指がブレーキレバーを引ける位置にブレーキブラケットを取り付ける、と。
なるほど。。。確かにこれまでの自分は、まずはブレーキかける準備⇒ハンドルをちゃんと握るのを忘れてる⇒自転車が安定しない⇒スピードが出る⇒ますます自転車が安定しない⇒恐い⇒コーナーが迫る⇒なんだかとても曲がれるような気がしない⇒ブレーキを急激に握る⇒急減速して自転車がもはや挙動不審!?こりゃもうスリップしかねない⇒とてつもなく恐い⇒すんげえ減速するまでブレーキを握る⇒肩が凝る、遅い、グダグダ(笑)という悪循環に陥ってたわけですよ。
っつうわけで、こっそりとブラケットセッティングを動かして来たわけです。下ハンを小指からちゃんと握った状態でブレーキが引ける位置に・・・
そんなわけである意味今日最大の難関に挑む!
Nec_0263 で、覚悟を決めて下るも・・・・もう、とんでもなく寒い~!!!
平均斜度が8%で曲がりくねった山道ですのでもはやほとんど足は止めたままなんですけど・・・もう、だんだんつま先の感覚もなくなってくるし、徐々に手の感覚も鈍ってくる。。。でも今日はハンドルだけはしっかり握り続けるんだ~!!!
って、・・・来たよ!キタッ~!!!(山本!?笑)
いやもう、あんまり寒くて体も冷え切り手足の感覚もなくなり幻覚を見ているのか!?!?いやいや違う!今日はいつもより多く回しております!いや、それも違う!いつもより全然恐くないのだ!軽やかにコーナーを曲がれてるのだ!痛みに耐えてよく頑張った、感動した!最高だ!もう君を絶対離したりしないよ!ハンドル・・・ちょっと、興奮しすぎた(笑)
ま、そんなハイスピードでグリップの限界まで攻めた下りというわけではもちろんなく、はっきり言ってゆっくりなんですけど、、、いつものような変な恐さを感じずに下りを走れてる、これはうれしい!!ハンドルをちゃんと握る、これだけでこんなにも違うとは!これならもう思う存分山を上れるぞ~!!!???
つうわけで写真は「布滝」、下りの途中にあるんですがホントに美しい滝です。でも、自分自信はすでに体は冷え切り写真を撮るのもうまくいかない位の状態です(笑)
そして、なんとか水窪の民家のあるところまで到着、念願の自販機を発見し熱いお茶でも飲もうと自転車降りると・・・うっ!足が攣りそうだ!(笑)いや、もうホントに体が冷えて硬直状態、変な動きをするといつでも足が攣りそうな状態です。。。
もう、これは休憩なんかしないほうがよさそうな気がするのでお茶は買ったが飲まずにGO!!!あとは平坦路が・・・どのくらいあるの?
っつうわけで、後は平坦な道を一定ペースで漕いで秋葉ダムに帰還。なんとか日が暮れる前に着いて良かった(笑)
結局、79キロほど走り、、、平均時速18.6キロ(笑)ま、とにかくこの自分にとってはハードコースをボロボロになりながらよく走りきったモンです。
それにしても、もっとウェアなんかにも気を配らんといけないなぁ、とは思いますが(笑)

さて次は!?!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

Hell bent for leather①

Nec_0276 今年も残りわずか。
普段の生活や仕事面などはダメダメな一年でしたが(!?)それはさておいて、、、
こと自転車に乗る!ということに関して言えば・・・まあ結局、最大の目標にしていた「富士チャレンジ200」には参加することさえかなわず、「浜名湖」と「mt富士ヒルクライム」に参戦した以外は自転車イベント自体から遠ざかってしまいましたが。。。
ま、イベントはイベント、もしかしたら「一人チャレンジ」のほうが面白いかも!?という気もしております。
そんな12月、さて次はドコだ!?ってわけですが、、、自転車曰く、「おい!アソコを忘れてんじゃないのかYO!アソコだよアソコ!」
そうか、、、そう言われればそうだ、、、時は来た!『山住峠』にアタックだ!!!

ってなわけで、GO!!!なんですけど、今日の休みは残念ながら朝は出勤、速攻で作業をこなし出発・・・ですけど、まあ、どう考えてもウチから出発して山住峠まで行って帰ってくるには時間が足りなさ過ぎ!残念ながら今日はクルマで秋葉ダムまで行き、そこからスタートっす。
ちなみにコースとしては秋葉ダム⇒秋葉神社⇒山住峠⇒水窪⇒秋葉ダム・・・恐ろしい(笑)↓

っつうわけで11時過ぎくらいにやっと秋葉ダム到着、こっそり自転車を降ろし天竜スーパー林道の入り口に向かいます。
そして、、、いきなり激坂ヒルクライム~!!!
平均勾配10%の坂が7キロも続くという恐怖体験、しかもず~っと薄暗いいかにもな山道をひたすら走らなければいけない苦行、そしてなんとか上りきったとしてもあるのは神社、自販機などこの先ないという悪夢、まさに修験道、気分は山伏!?!?
いや~マジでキツイ!坂がキツイ!ちょっとこのところ体重が増量セールになってるので余計にキツイ!(笑)
そういえば、昨年の秋に初めてチャレンジしその時はなんとか上りきったのですが、今年の7月にチャレンジした時は熱中症になりかけリタイア。。。その雪辱を絶対に晴らさないといけない!そうに違いない!?
もうね、汗だくですよ、つゆだく!言っても12月の山の中ですから寒いと思ってロングレーパンに半袖Tシャツ、アームウォーマー、長袖ジャージ(前面だけウィンドブレーク地)、さらにはウィンドブレーカーまで着てしまって。。。汗だく!でも、この傾斜じゃ一瞬たりともハンドルから手を離せないので脱ぐに脱げない(笑)そういえば後のポケットには食料やこの先自販機ないからって缶コーヒーまで入れちゃってるし。。。
そういえば、昨年の記事見るとどうやら50分台で上りきっているみたいなんで出来れば50分切りたい、、、って無理無理!時速10キロ切りっぱなしだし!もう、自転車降りずに上りきれればなんでもいい!!!
・・・・っつうわけで、なんとかノンストップで上りきりました。結局、アバウトな計測によると54分かかりました。。。全然速くなってねぇな(笑)ま、時期も違うし、、、、ってココまでの斜度だと体重減らさないと上りきるだけでやっとだよな。。。と。
ま、そんなわけで神社の前で休憩~、あまりの汗だくにTシャツとレーパン、靴下以外全部脱ぐ!そして、観光で来ているらしき人たちに変な目で見られる(笑)
Nec_0271 さて、そんなわけで再出発!今日はココで終わりじゃない、目指すは山住峠なんだから・・・
ってなわけなんですが、、、寒いぞコラ~!!!
汗をかいて濡れたジャージを着ればまあ当り前なんですが。
しかし、それも杞憂。しばらく行けばまた坂となるなり秋葉山。まだまだ坂は続き「暑い~!」そしてちょっと下り「寒い~!」そんな繰り返しでもう身も心もボロボロですよ(笑)
ぶっちゃけ、秋葉神社過ぎてから全くと言っていいほどクルマともすれ違わなくなってホント誰もいない感たっぷりっすよ。まさに「一人チャレンジ」にはうってつけのシチュエーションだ(笑)

思うに・・・
ユング曰く、「外向⇔内向」。
外界とのコンタクトこそ何より大事!と思う人もいれば、自分の内面から思うことこそ何より大事!と思う人もいるわけで、たぶんユングの心理学的に外向的な人から見れば(心理学で言う外向的、内向的は一般的なそれとはちょっと意味が違う!?)「誰もいない山道を一人で走って何やってんの???」と思われるでしょうが、、、これが楽しいんです!別に一人で寂しいとかこれっぽちも思いません!もう「WE LOVE JITENSHA!ロードバイク最高!!!」ですよ(そういやクラブケイバのCM、新バージョンになってしまったな 笑)
ま、ロードバイクの楽しみ方は千差万別だと思いますし、一人で走ろうが団体で走ろうが楽しめればイイと思います。僕も仲間と走ったりイベントでたくさんの人たちと走るのも面白いと思いますし、そーゆーのも好きです、、、が、しかし、、、いや~僕にとってはこーゆーなんともいえない一人感はまた違った趣を感じるんすよね~(笑)
ぶっちゃけ苦しい!もう足もかなりきてるし息も絶え絶え(!?)、寒いし、坂だし、見渡す限り誰もいないし、あるのは山と木だけ・・・そんなシチュエーションを一人ひた走る。俗世間を離れ、つまらぬ社会のストレスから解放され、将来のことも過去のことも忘れ、いや、もう何もかも忘れ、そして、ただ自己と向き合う・・・え?キモイですか???(笑)
でも、自分に正直に生きる、ってのはそーゆーことだと思うんですよ(!?)

なんだか話がそれましたが・・・・。まあ、そんなこんなで「天竜の森」到着!でもココも誰もいない(笑)
あとどれくらい上れば山住峠に着くのだろう???とにかく出発!

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

Green Manalishi

Nec_0262 Pro bike: Andy Schleck's CSC-Saxo Bank Cervélo R3-SL

ここのところ自転車セッティングについてあれやこれや考え直しているわけですが・・・ネットをイロイロ検索していたら出てきたアンディ・シュレックの自転車(↑上のリンク)!
シュレック選手とは手足の長さも筋力もスキルも体重も(66kg!?恐ろしい。。。)、そしてルックスも(笑)まあ全然違うわけですが、身長だけは1cmしか違わないんすよね~
そんな一流プロ選手の乗ってる自転車、もちろん気になって見てみたわけですが。。。
まず、Horizontal top tube length 565mm、、、僕のCAAD9がキャノンデールのHPによると575mmなんで僕の自転車のほうがフレームは大きい!?ま、自転車の用途が違うからな~
そしてサドル高は779mm、おお4mmしか違わないじゃないっすか・・・が、やっぱりステムは130mm、しかも3Tの-17°でコラムスペーサなんて一枚も入っていないじゃん・・・こりゃもう、僕の自転車の下ハン握ったくらいの所にハンドルバーがついてるくらいの感じじゃないかな(笑)ぶっちゃけこの自転車じゃ下ハンもったら顔上げられないんじゃないか!?って思いますね、いや~すげー腕が長いんだろうなぁ。。。とてもじゃないけどこのハンドル位置だけは真似出来ない(笑)
まあ、そんな余談もありつつ(?)、なんとも気になって仕方ないのでローラー台でペダルを回してセッティングをあれやこれや考えてみるわけですが、、、最終的にサドル後退幅はもう5mmほど戻して85mmにすることに。
結局、シートポスト替える前からサドル高で10mm上げ後退幅5mmをとったってとこで、、、あんま変わってないじゃん(笑)ま、これも有意義な実験だったということで(?)
最終的にBB-サドル中心の上面まで775mm、BBからサドル先端までのセットバック85mm、サドル先端からハンドルの近い方の端まで555mm、ハンドルとサドルの高低差750mmというところで・・・・もういいかげんGO!!!です(笑)

つうわけで、タイヤもやっと新しいモノに替えましてですね、今日は会社の自転車仲間から是非行って来てくれ!とリクエストのあった(???)森町のNEW太田川ダムってところに一人で行ってみたわけです。
ちなみにたぶん現地まで行って帰ってくれば7~80キロくらい?ま、すべてひっくるめて4時間あれば行ってこれるかな、と。とにかく最近日が短いんで帰還予定時間は大事です。暗いし寒いしライトないしじゃ走れないっすからね~
って、なわけですが今日はもうメチャメチャ寝坊~昨日夜更かししすぎた(笑)結局スタートしたのが12時半で、、、まぁギリギリのスタートっすね(笑)
てなわけでGO!!!なんすけど、、、やっぱりコンチネンタルGP4000はイイですね~
Nec_0256 今回のNEWタイヤはSではない方のグランプリ4000、しかもブラックXブロンズ(だったかな?)という渋いカラーをチョイス!ボキャ天でいえばシブ・知の10/5といったところ、いやバカ・シブの3/10か?(どーでもいい 笑)
それにしても、自転車のこーゆータイヤってほんとサイドの部分ってメチャクチャ薄いっすね~、このカラーなんでアレなんですけど、サイドの茶色のところが逆側から光が当たるとうっすら光が当たってることがわかるくらい。こんなんでよく走れるモンなんだなぁ、と感心しますよ。こりゃ道になんか落ちてないかもっと気にしないといけないなぁ、と(笑)
つうわけでイイ感じに森町到着、今日は風も弱いんで楽~!・・・と思いきや、まあ、そんなロングライドじゃないんでとあまり調べていなかったのですが、アクティ森を過ぎて「重要文化財友田家住宅」があるあたりから坂がキツイ!
そういや以前の「森町ツーリングデイ」でもこの友田家前後の傾斜はすさまじかったなぁ。。。と思い出す。ぶっちゃけ後からALPSLABで調べたら平均10%くらいの斜度で1キロくらい・・・しかもアップダウンを繰り返しながらの平均10%なんでアップしてる時の斜度は15~20%くらいなんではないかと。。。イヤ~これは「聞いてないよ!」と往年のボケが出る(笑)
ま、そんなこんなでダム到着!展望台があって結構人がいるのですけど、ビンディングシューズで歩いて展望台に行く気もないのでとりあへず眺めて帰還。そうだ、写真をメールで自転車仲間に送るかな~♪とおもったらココは圏外です(笑)
帰りは友田家住宅をチョロッと見物。しかし、その先の坂であまりの傾斜に自転車降りて押してしまったっすよ、、、下り坂で(笑)いや、ホントスゴイ傾斜で恐いんだもん(泣)つうか、押して歩いても気を抜けばタタタタタッ~ってなりそうなくらいの傾斜でビンディングシューズじゃ恐い~
そして、その先はいかにも山と言った感じで日の当たらない細い道、落ち葉や濡れた路面・・・しかも、寒い!メチャメチャ寒い!下りなんで余計寒い~!これなら来た道戻れば良かった。。。。。
まあ、そんなこんなで帰宅。結局72キロほど走ったっす。もうちょっと行きたいところですが、、、ま、出発が遅かったのが悪い、ってことだっす。
セッティングもようやくこれで良いんじゃない?って思える感じになっているのでホントにこれでしばらく動かすのは止めよう(笑)

さて次はドコだ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

Here I Go Again

Nec_0254 Here I go again on my own
Goin down the only road Ive ever known, Like a ・・・

というわけでWHITESNAKEの『サーペンス アルバス』!
これが確か初めて買ったCDで今でもたまに無性に聴きたくなるアルバム・・・そういや深夜に放送してた小林克也『ベストヒットUSA』を毎度録画して、何度も繰り返して色んなビデオクリップを見ていたのも20年近く前のことになってしまうんだなぁ。。。時の経つのは恐ろしい(笑)
今じゃyoutubeとかで簡単に80年代の曲のビデオクリップなんか見れちゃったりして、、、便利だなぁって思いますね。
しかしまあ、WHITESNAKEのこの頃のビデオクリップは今見ると赤面モノですね(笑)あ~HEARTの『BAD ANIMALS』買おうかなぁ~
そんなわけで今日のオススメCDでした!(←いつからそんなん始まったんだ!笑)

それはさておき今日は仕事休みだったんですけど。。。いや~今日は絶好の日和だった!!!失敗した~!!!
って、ホントね今日は風もほとんどなく寒くもなく・・・と、自転車乗るには最高の一日のはずだったんすけどね~タイヤが、タイヤが、、、。
って、そう、例の三保の松原200キロの時に釘を踏んでIRCレッドストーム1本がお亡くなりになってたんですけど、まあとりあへずということで前輪だけ前に使ってたコンチネンタルGP4000Sを装着してたんすよね~。
が、、、先週の日曜にさて走るか!と出かけたは良いのですが、しばらくして途中で止まったときに。。。後輪のレッドストームなんすけど、なんか踏んだのかいわゆるトレッド面っつうんすか、パンクしたわけじゃないけど2mmくらい切れてるんすよね。嗚呼、もう最悪~
まあ、貫通してないし空気が抜けてきてるわけじゃないんで走れないことはないんすけど、まあこのままじゃいつパンクするか。。。なんて感じなので帰ってきてしまいました。
いや~もうなんつうか、まあたぶん自分の体重が重すぎるのが悪いんでしょうけど。。。
とにかくレッドストーム、ホント短命だったな~。まあ、でも川根、清水と今年走った中では重要なロングライドに使わせてもらったので良しとするか。。。たぶん自分のようなヘヴィー級が乗るには相性が悪そうなのでもう買わないと思いますが。。。。
ってわけで、ネットでタイヤの注文したわけなんすけど、、、まあ今日には間に合ってなくて、今日は自転車ライドの予定はなかったのですが、この陽気ですよ!いや~悔しい!!!・・・つうわけでSIRRUSで出発してみました(笑)
ちなみに、SIRRUSにはシュワルベのマラソン28Cというまかせて安心!仕様のタイヤがついてるんすけど、これはなかなか良いタイヤだと思いますね。通勤などに使うならホントに最適じゃないかと。
そろそろ10ヶ月ほど通勤で使用してるんすけどまだまだ全然いけそうです。それに、何よりパンクしそうな気配がない(?)まあ頑丈なタイヤっすね~。へヴィー級の僕が乗るにはもってこい、か!?
まあ、重量が重いんで漕ぎ出しが重い、そして坂道になるといつもの1.5倍くらいしんどくなるのはしょうがないんすけど(笑)まあ、平地で足が回ってるというような状態まで行けばなんか逆にその重さの慣性のためか勝手に進んでく度は高いですよ(???)

ってなわけでSIRRUSでGO!!!です。行き先は、とりあへずまあそんな遠くまでは行けそうにないので小国神社で紅葉を眺めてみる、です。
ちなみに、、、そういえば自分の金で買った始めての自転車がこのSIRRUSなわけですが、購入からはや5年も経ってるんだなぁ、と。
ま、5年と言っても買ってから2年半ほど全然乗ってなかったもので(!)箱入り娘ならぬ箱入り自転車、もしくはデカイ傘立てとして(笑)最初は使われていたわけで、、、買ってからすぐにハマっていれば今頃もっとマシな自転車野郎になってたのになぁなんて、ね。
今年、ブレーキや変速機なんかは新品にとっかえてますけど、まだそのままのディレイラー(シマノSORA)なんかはそろそろヤバ目。ぶっちゃけ、ネジがさびていたりフレームにいくつも傷があったりもしますが。。。まあ、この自転車が良い悪いとかそんなん度外視して今でも乗ろうと思うあたり愛着ってのがあるんでしょう。
そして、小国神社、、、ココに自転車で何回来てんだろう!?という場所。
自転車にハマり出した時に「よし行くぞ!」と思って走りにいけたのがココと弁天島っすかね~。どちらもウチから約20~25キロくらいの場所で。。。。
そう、2年前と20年前、Here I Go Again!?!?

・・・って、そんなん考えながら走って小国神社に着いたらメチャメチャ人いるやん!今日、平日だよね!?!?
や~、自転車押して中の紅葉見るのもこんな人がいたら興ざめだ、、、というわけで、上の写真を撮っただけですぐ引き返してきました(笑)
まあ、そんなとこで中途半端ですが(?)次はタイヤ交換だ~!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »