« GYPSY WAYS | トップページ | SPEED METAL SYMPHONY »

2009年1月25日 (日)

Icarus' Dream Suite Opus 4

Imgp0053_9 いや~1月、寒いですね~。
って言っても全国的にみればココ静岡はわりかし温暖なわけで日中の気温も10度近いわけで、、、雪が積ったり、最高気温が氷点下なんていう所に住んでる方からは怒られそうですが・・・
で、自転車に関して言えば、こう寒いとやっぱり走り出すまでがイヤというか、「寒いし風強いし、やっぱ今日は止めようかなぁ~」なんて思っちゃったりするわけですよ(笑)
とはいえ、走り出してしまえばそんなことも忘れてしまうわけです。
とにかく、今日の休みは何の予定もないので(!)GO!!!ですよ!
ちなみに、まあ今日はそんな「気合を入れて走るぞ!」ってモチベーションも上がらないのでいつもの豊岡方面練習コース60kmのつもりで出発。
関係ないけど↑上の写真・・・磐田に出来る超大型ショッピングセンターだそうですが・・・何勝手に作ってんだよ!って感じ(笑)これで僕の定番練習コースも変更を余儀なくされるなぁ・・・というか、もうすでにいつもの道が道路工事の真っ最中で今日も変更を余儀なくされた(泣)
まあ、それはおいといて・・・磐田原台地を抜けて森町、ココから北上して豊岡の名もなき峠を抜けるのがいつものコースですが・・・なんか、今日はもうちょっと長い距離走っとこうかなぁ~と心変わり。森町の街を抜けて周智トンネル経由二俣行きにGO!!!です。
ってなわけで、森の街を走る。ようやくこの辺の道も分かるようになってきたので彷徨うことなく通過(笑)そして北上、アクティ森方面ではなく左に折れると後は山の間の走りやすい延々と10キロくらい続くスゴク緩い上りの道・・・・なんですが、ココで思いがけぬ事態が!!!
なんか後に気配を感じて振り向いた瞬間・・・「ちぃ~っす」と僕の横を見知らぬローディーの方が!うお~抜かれたぁ~!!!(笑)
しかも加速して抜かれたわけではなく、フツーにアベレージで抜かれた感じなので完全に僕より速い。。。たぶん僕よりアベレージで1~2キロは速い。。。そーゆー抜かれ方だったのでもはや普通に走ってたら未来永劫追いつくことはない・・・んですけど、僕もアホだからやっちゃうわけですよ、オーバーペースってヤツをね(笑)
とにかく3~50メートルくらいの間隔を保ってこっそり追走!ココしばらく自転車イベントってヤツに出てないんで、これは「擬似イベント」だ!なんて思いつつちょっと無理目は承知でついていく。これはちょっと面白いぞ!!なんて思ってたのは、まあでも数キロくらいっすね~、前のローディーの方、下ハン握ってグイグイ上ってくって感じでしばらくは追走できたもののちょっと傾斜がきつくなりだしてあっけなく離される。。。これが俗に言う「ちぎれる」ってやつなんだなぁ。。。と思ってたら、なんか途中で左に折れて行ってしまったので、さようなら~!、と。
Imgp0055 ←というわけで、周智トンネル。ココで写真を撮って、仲間に「今日も走ってるぞ!」とメールを送ろうとしたものの圏外(笑)
って、そんなことしてたらさっきのローディーの方が下から上ってくる!ああ、やっぱそっちの道行き止まりだったんすね、たぶんそうなんじゃないかと思いました・・・と心の中でつぶやく(笑)ローディーの方も「あれ?」ってな顔で上っていく。
とりあへず、先に出たらまた抜かれるのはミエミエなんで通過をまって再スタート!
トンネルを抜け下り、新宮池の上り口も見てみぬ振りして通過、、、って、やっぱりというか予想通りというか、、、オーバーペースで弱上りを走ったので足がだいぶ売り切れてきた(笑)や~この先、峯小屋トンネルでもう一回上りがあるのにやべ~なぁ、と。いつになったらLSDってやつを出来るようになるんだろう!?と後悔。。。も、つかの間やっぱり来たよ最後の上りが(笑)
これはアレを出すしかないな、あの必殺技を・・・
名付けて・・・
「坂が来たけどもうヘロヘロだし、もう速いとかそんなのどうでもいいからとにかく自転車から降りると言う失態だけはさけたいダンシング!」(笑)
解説しよう!もう足がかなりきてるのに上り坂という場面が現れた時、いさぎよく速さを放棄!足の筋肉になるべく負担かけないようなるべく早めにヒザを伸ばしてしまい、とにかくペダルに体重を乗せることだけで前に進むという究極奥義だ!よく自転車雑誌に乗ってるから皆も試してくれ!(笑)
って、自分、スピードアップするためのダンシングとかはイマイチなんですが(というかすぐ足がいっぱいになってしまうんで出来てないんでしょう。。。)、コレだけは得意かもしれない(笑)ダンシングでずっと上れ!と言われれば結構イケると思うし、、、というかこの坂も全てダンシングで上ったわけですが、、、でもコレだとすんげぇ遅いんすよね~、だから使わずに上れればそのほうがいいと思うんですが、まあ今日は仕方なし!
そんなこんなで天竜を過ぎ、後は平坦路をウチまで帰るだけ・・・だけど足が。。。終わってる(笑)
結局、79キロほど。大した距離でもないのに、ホントねオーバーペースはイカンですよ。わかっちゃいるんですが止められない(笑)
実際のトコ、ほぼ同じ距離走り坂もたぶんこっちの方が斜度があるであろう「くんま」までのコースを一人で走ったときより今日のほうが最終的にはアベレージも遅いし足もきちゃってるし、みたいな。なんとも自転車ライドの奥の深さですよね~。
ツールやジロでも坂で変にアタック繰り返したりしてると結局は遅くなりマイペースで走ってきたヤツが追いつく、ってのもこーゆーことなのかなぁ、と。
つうか、僕は競技してるわけではなくサイクリングしてるだけなんで余計にそれじゃダメだろ!?って気がしますが(笑)

ま、そんなこんなで次は!?

|

« GYPSY WAYS | トップページ | SPEED METAL SYMPHONY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/43854468

この記事へのトラックバック一覧です: Icarus' Dream Suite Opus 4:

« GYPSY WAYS | トップページ | SPEED METAL SYMPHONY »