« ThuderSteel | トップページ | GUNG-HO »

2009年3月19日 (木)

XANADU

Imgp0143 ←これは来た人にヒドイ仕打ちだな(笑)・・・って、今月はちょっとイロイロありましてあんま乗ってないんすけど~、、、で、今日も仕事休みながらあまり気乗りしなかったのですけど~、、、いや、今日はあまりに自転車日和過ぎ!今日乗らずして何がローディーか!?!?と改心(笑)、そんなわけで『白倉峡』へGO!!!です。

ちなみに何故白倉峡か?といわれると・・・別に意味はなくて、そういやココに自転車で行ったことなかったなぁ、くらい(笑)ウチから走っていって秋葉ダム手前から白倉峡を通ってくんまに抜けて帰ってくれば、まあたぶん100キロくらいはあるだろうというアバウトな計画。
そんなわけなんですが、今日はホントにイイ天気!完全に春の一日!春だ!僕にも春が来た!?!?・・・何を言ってるんだ!?(笑)
まあ、そんなんなんで何を着ていけばイイかちょっと迷うわけですが、今日はペラペラの冬用ではないパールイズミのUV長袖ジャージとUVレッグカバー、そしてこれまで着けてたウィンドブレークトゥーウォーマーも外して出立!そんなんでちょうど良かったっす。

それにしても今日の午前中はほぼ無風!いや~ホント風がないのはイイですよ(笑)
やはり自転車にとって坂と向かい風は2大難敵だと思うんですが、まあ、坂は好きでそっちに向かってるので(?)いいんですけど、向かい風はねぇ、楽しくないっすよね。
前の方の記事で東に向かった末に40~50キロもずっと強い向かい風の中を走る苦行を強いられたりとか・・・平地なのにインナーギアみたいな屈辱は耐えられません(笑)
そんなわけで、向かい風にも横風にも苛まれずに進む進む!たぶん、そんなにいつもより速いわけでもないと思うんですが、体感的に、ね(笑)まあ、それくらいココしばらく嫌な風の中を走ってたってことでしょう。これでいつでもロングライドの旅に出れるな(!?)

で、平地をひた走り秋葉ダムの手前まで到着!ココから白倉への上り・・・なんですけどココって全然調べてこなかったんですけどどのくらい上るの!?!?(笑)
まあ、ちなみに後からALPSLABで調べると・・・秋葉ダム手前の上り口から龍山青少年旅行村をちょっと過ぎたトコの頂上まで約10キロほど、平均勾配は5.4%也。
って、まあ、なかなかの坂なんですが、まあ、それより景色がいいです!白倉峡ってくらいなんでしばらく続く日常生活を忘れるような美しい渓谷、所々にあるちょっとした滝、そして紅葉・・・はなかったけど(笑)なんとも気持ちイイ道ですよ。まあ、時々現れる10%は越えてるだろう傾斜には苦しめられましたが、まあそれもスパイスということで。
そんなわけで、上の写真の看板のところで小休憩・・・と思ったのですけど。。。アレ?ココって自販機なかったでしたっけ!?!?おお、あるのはこのアホな「ようこそ白倉峡へ」とトイレと遊歩道の入り口だけ。。。そういや、さっき通ってきた道で集落があるとこに自販機があったけどココにもあると思ってパスしてきたんだけど。。。
いや~まあ、今日は10時過ぎくらいに出発してココで昼飯と思って後のポケットにパンやら何やらを突っ込んで来たのだけど。。。実は自販機を期待してボトルの水もすでに尽きてるんだけど。。。
まあ、仕方ないこれから先になんかあるかもしれない!っつうわけで写真撮っただけで出発!ほどなく龍山青少年旅行村・・・自販機、あるわけないか(笑)
Imgp0146余談ですが・・・中学の時に「宿泊訓練」とかいう名目でココに来たんですけど、ずっと雨でして、、、火がうまくつかずにとても食べれない飯盒炊飯のせいでほとんど飲まず食わず、さらに水浸しのテントの中でぶるぶる震えながら寝て一泊・・・ウチに帰り着いた時には熱が39度も出て3日も休みました。正に訓練でしたねアレは(笑)
そんなことをふと思い出しながらさらに上り頂上通過、しばらく下って9号線に合流。

←合流地点の天然記念物・・・名前は忘れた(笑)とんでもなく大きな木ですけど、まあ自転車との比較でなんとなく分かってください!ん?自転車わかんないって!?!?
でぇ~、またぁ~、ココから上りぃ~!・・・というわけで、さらに上る。そういや、以前佐久間まで行ったときもココを通ったっけ。。。
って、いや~さすがにココへ来てちょっとキツくなってきました。飲料もなく、腹も減り、坂は急、、、もはやいつもの「ヘロヘロなときのダンシング」でやり過ごすしかないっす!
結局、「くんま水車の里」に着くまで休憩できそうにない・・・が、そういえばこのまま行くと・・・またアソコか・・・!?!?
Imgp0149_2 ←不気味なトンネル!(大地野隧道と言うらしい)なかは一切照明がないので恐いです。。。
自転車にライト装備してないのでホントに真っ暗な中を出口の明かりだけを頼りに走るのはかなり恐い!
それに、そもそもなんかこのトンネルの周辺事態が薄暗くなんか出てきそうな雰囲気満載!で、これ抜けなきゃいけないんでホント。。。まあ、でもココ通らないと帰れないんで(笑)そんなこんなでようやく「くんま水車の里」で御休憩!坂と恐いトンネルでのどカラカラっすよ(笑)

というわけで、あとはずっと下って天竜を抜けウチに帰ってきました。結局、総距離102キロほど。なかなかイイコースだと思います、トンネル以外は(笑)
ちなみにコースはこちら

さて次はドコに!

|

« ThuderSteel | トップページ | GUNG-HO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/44400738

この記事へのトラックバック一覧です: XANADU:

« ThuderSteel | トップページ | GUNG-HO »