« Walk | トップページ | Burning Bridges »

2009年8月 7日 (金)

LOUIE LOUIE

Nec_0322 「この暑いに、ご苦労様だ!」・・・受信BOX15:07 (一部訛り!? 笑)

いやまあ、そう、まさかの今週2度目の出立だ!
確かに暑い!8月なんだから暑い!でも行けるときに行かなくては・・・行けないんです!夏休みとか・・・ないし。。。いや、夏休みどころか仕事スケジュール的には、あれ?いつ休み??ってくらいの状況で。。。まあ、とにかく行けるときに行くのだ!?それでいいんじゃない?!
ってなわけで、とりあへず『涼』を求めて山へ!目指すは白倉峡!というわけでGO!!!です。
しかしまあ、30度を越える中を走るのはキツイものがありますね(笑)正直言って、車で天竜まで行って木陰の日陰だけサイクリング!ってのも考えたんですが、、、メンドイんでウチから出発。汗だくサイクリングの始まりです(笑)

ところで、前回書きましたがハンドル&ステムを交換して2度目なんですけど・・・どうもやはりハンドルが遠いような気がしてきました。。。
これまで、まあ、イロイロ・・・フレームとフロントフォークとコンポーネント以外のものはイロイロと無節操に(?)替えてきてるわけですが。。。まあ、そーゆーパーツのアッセンブルを自分でして楽しむってのも一つ自転車の面白さだと自分では思ってるんですけど、どうでしょう?
ちなみに、自分的パーツアッセンブルは・・・「ロングライドで快適!」&「見た目!」で決めているわけです。逆に自分的パーツアッセンブルに関係ないのは・・・「軽量化!」&「絶対カーボン!」なわけですけど。。。まあ、なんつうか自転車が軽くなればヒルクライムが楽になるのは分かってるんですけど、どーも軽いけど耐久性がないとか儚いパーツと言うのはレースで勝負に出る!というなら欲しいでしょうけど、僕のような人間が休日のサイクリングに使うモノには思えないと言うかなんというか。。。ま、僕の体重で壊れないか心配なんですよ(笑)
で、イロイロとネットや雑誌なんかで見てみるとやっぱり昔からラインナップされてるド定番アイテムが良く思えちゃうんですよね~
で、ハンドル!これまでは・・・最初に着いていたキャノンデールC4は幅広過ぎで却下⇒PROのアナトミックは見た目がイマイチだったのと下ハンのブレーキレバーが遠すぎて却下⇒PROのアナトミック・シャローは見た目がイマイチだったのと写真写りが悪いので却下(?)⇒モドロのVENUSはとりあへず休眠中(???)で今回Dedaの215シャローなわけです。ま、一から始めたロードバイクですのでこのハンドル遍歴の間にも自分自信も少しは進歩してドロップハンドルはどー扱うのかどーセッティングするのかというのを自分なりに研究(?)してきたはず(??)
最初はとんでもなく遠く低く感じていたハンドルも乗るうちに腕が伸び、「妹の小学校の時の同級生のお母さん」くらいの位置から「妹の旦那さん」くらいまで近づいてきたわけです(どーゆー例えだ???笑)首・肩・僧坊筋の痛みに耐え、これはハンドル位置が悪いのか自分のフォームが悪いのか悩み、試行錯誤・・・景気の低迷、政治不信、環境問題、紛糾・紛争、そんな社会の大きな問題にもめげずにどーしたら快適にロングライドが出来るのか?それだけを追い求めてきたわけです(意味が・・・笑)
って言ってもまあ、前回も書きましたがこれも「お試し」!これで終わりと言うことはなくて今回も試してみる!という段階なわけで来月にはまた違うハンドルになってるかもしれませんが!・・・というか、まあ、先ほども書きましたがちょっとハンドルが遠いような気がするわけですよ。サドル位置はずいぶんと試行錯誤した結果、BB-サドル間765mmからもはやよっぽどのことがない限り動かす気はないわけです。で、その位置から無理のない、でもイージー過ぎない位置にハンドルをつけたいわけです。そこでステムと言うのもの存在がクローズアップされてくるわけですが・・・今回はハンドルの太さが26mmだったんでステムまで新しく購入、これまでと同じ120mmステムをつけたわけですが、、、なんでそれでハンドルが遠く感じるんでしょう???
・・・て、うん、なんかもともとついてたキャノンデールのステムとこのDedaのステムですね、同じ120mmということになってるはずですが、、、Dedaのほうが長いんでやんの!(泣)なんでだ~!・・・あ、、、なんDEDA~!!!(これが言いたくてココまで書いてきたわけではない 笑)う~ん、角度が違うから、か???
それと、ブラケットの取り付け位置もハンドル形状からこれまで以上に立った感じで、、、しかも低く遠いところにあるので余計ハンドルが遠く感じてしまうわけで・・・ステム替えるかな。。。と思ってます。

さて、そんなわけで・・・そう、白倉峡目指して走ってましたが、、、結局、暑さと白倉への坂道が余りに水浸し状態だったのとヘビがいたので(?)途中で断念!自転車泥だらけみたいな感じで戻ってきました。結局86キロほど、、、まあ、これが限界?天竜からの帰りの平坦路はチョイ向かい風と暑さで正直、磐田-箱根300キロのときよりよっぽどキツイっす(笑)

次はドコへ・・・

|

« Walk | トップページ | Burning Bridges »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/45862806

この記事へのトラックバック一覧です: LOUIE LOUIE:

« Walk | トップページ | Burning Bridges »