« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月18日 (金)

Another Day

Nec_0350 また一日生きてみるッス
ちょっとでも高く登るッス
ココにいる理由をみつけるッス
手に灰、目には慈悲!?
もしアンタが静かな空を探してんなら・・・

アンタ、ココじゃ見つかんないよ~
他の方法でやんなよ
アンタ、ココじゃ見つかんないよ~
だからねぇ、他の日にやんなって!
pio魂の直訳シリーズその①~Another Day~

そんなわけで出立!行き先は今年最後の浜名湖1周(?)へGO!!!
天気予報は「真冬」、西風がメチャクチャ強い。それでも行き先は西、ひたすら西、ひたすら向かい風。
なるべく風を受け無いようにと下ハンを握る。急ぐ必要はない、だから渾身の力で踏み込む必要ははい。
インナーギア、時速は20キロちょいほど。
ただ、前に、前に進むだけだ。
美しい音楽が流れ、また困難な一日が始まった。

何もかも忘れて前に進め!
昨日の嫌なことは忘れろ!膨大な些細なことも、つまらない大事なことも、いや、過去のことも未来のことも忘れろ!
何も考えるな!もはや自分が人間だって事さえも忘れろ!
前にある道と向き合え!自分自身と向き合え!

かんざんじ到着。40キロほど走った。
止まって自販機で缶コーヒー買う。
浜名湖1周ならココは素通りだ、でも、このまま行くと時間が足りない。出発が遅すぎた・・・今気付いた。
交差点で右折。1周は諦めてウチに帰る。
すごい追い風!勝手に自転車が進む、まるでモーターサイクルだ。

結局、82キロ。1周するつもりでいたのでなんだか不完全燃焼だ。
でも、まあ、いい。
また違う日に・・・また何か探しに行こうじゃないのよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

Stargazer②

Imgp0055b ・・・って、そんなわけで遂に山住峠へのヒルクライム!
一気に傾斜が増し、一気にスピードも落ちる!(笑)体が重い!前にすすまねぇ~!
いや~「食欲の秋」を過ぎて恥ずかしながら今年最も重い体、、、ただでさえ80キロオーバーのへヴィー級ですので斜度のある上りは全然ダメなんですが、もうそりゃ今年最大のダメっぷりっすよ(笑)
もう、もはや速く上ろうなどと大それたことは考えずおとなしく登坂するのみ。。。っつかもはや時速6~8キロほどで歩いてるのと変わらないようなスピードしか出ネし、蛇行しまくりだし、もう。。。
嗚呼、いったい何やってんだろう!?!?
嗚呼、あと何キロあるんだろう。
嗚呼、なんだか寒い。
嗚呼、もうこんなんやめて熱い風呂入りたい!寝たい!
嗚呼、ラーメン食いたいなぁ~、トマトラーメンとか・・・
そういや今年はトマト鍋ってのが流行みたいだなぁ・・・
去年はカレー鍋とか言ってたっけ・・・
腹減ったなぁ・・・
喉も乾いたし・・・
っつうか何やってんだろう!?!?
あと何キロあるんだろう。。。寒い。。。風呂入りたい!寝たい!ラーメン食いたい!

いや~正直言って後から考えても危なかった(笑)
一人で寒空のなか誰もいない山の中で標高1000mのヒルクライム、、、後でわかったんすけどこのときココの気温6度。。。インナーシャツと春秋用の薄での長袖ジャージしか着てなくて。。。しかもハンガーノック気味、飲料も途中で底をつき。。。体重は80キロオーバー(笑)無駄な脂肪があってもこーゆー時にパワーに換わるわけでもなく、とにかく「意地」だけで上ってるわけで。。。はっきり言って僕の実力では『危険』だったかも!?!?
調子よければ寒くても必死こいて漕いでれば熱くなってくるもんですけど、だんだん体が冷えてきて心拍数も上がらず・・・
ホント、カーブがあるたびにそこを曲がったら山住神社があるんじゃないかと。。。でも、ない!あと何キロ?あと何メートル?

ふと気付くと後から車が走ってくる音が。。。そして、横を通り過ぎていく。『宅急便』の会社のバンだった。。。

「おい!あの空に見える北斗七星の傍らに星が見えないか?」

「え?誰???黒猫???あ、見えますけど、それが何か?」

「フッ…悲しい運命だ。きさまがみた星は死兆星!神はわたしとの戦いを読んでいた!!」

「あの~いったい何を言ってるんですか?・・・えっ?うわ~!!!」

ビンディングペダルを外して、自転車から降りる・・・死兆星が舞い降りたのだ。。。
通り過ぎていった宅急便のバンがまた戻って来て・・・いや、違う、つづら折れの道を曲がって数メートル上の道を走りすぎていったのだ。つまり、まだまだ上があるのだ・・・心が折れた、意地だけで上っていたので心が折れたら終わりだ、、、もはやこれまで!(泣)
嗚呼、もう最低っすよ。いつぶりなんだろう?坂上りきれないとは。。。
自転車を崖に立てかけ道にへたり込む。寒い、、、ジャージのポケットに入っている携帯用ウインドブレーカーを着る、、、でも寒い。それに眠い・・・ネム・・・いかん!これじゃ大袈裟じゃなく遭難するぞ~!!
しばらく自転車押して歩く、そしてもう一度乗ってみる。。。って、カーブを曲がって3~400メートルほどすると山住神社が。。。。あららら???。。。さっきバンが走っていった辺りが峠の頂上の真前くらいだったのだ、、、チクショーあとちょっとだったのか!だまされた。。。。(泣)

ま、そんなこんなでヒルクライム失敗しながらもなんとか山住峠到着。。。
って、それにしても寒い!親切なことに誰もいないのに電光掲示板のような気温表示がされてて・・・6℃、真冬だこりゃ!正直言って、春秋用のカッコウで走ってきたのでそりゃもうヤバいっすよ。でも、下らないと帰れないわけで・・・休憩はせずに決死のダウンヒル!
途中、あまりの寒さにストップ!がけ下でガサガサ音がするのでのぞいてみると3匹の猿が・・・まさか見ざる言わざる聞かざる・・・もう行けよ!ってことか???
もうね~10キロ以上のダウンヒルに凍えますよ。手足の感覚がだんだんなくなってくるっすよ。やばい、、、帰れんのかなぁ、、、ココからあとウチまで60キロ以上はありそうだし。。。メチャメチャ腹減っていたので下りきったところの学校の前の自販機であったかい「コーンポタージュ」を買う。手がかじかんで動かねぇ。。。
で、すぐ出発。止まってたら寒くて寒くて。。。でももう、足の感覚も半分くらい?ほとんどオートマチックに足が動いているだけ!?とにかく前に進まないと!前に進まないと帰れない!その一心だけでとにかく無意識のペダリング!?正直体が冷え切ってハンドルバーの上のフラット部分しか持てずカッコ悪い・・・でも、とにかく走ってさえいればいつか暖かくなってくるはず!心の中ではワンダのCMで優木まおみが「あったまれ!」と言っている姿をひたすら連想(笑)「まさかねぇ~」とツッコミつつひたすら走る。。。しばらく行って、次の自販機であったかい「おしるこ」購入、、、こんなん初めて買ったよ(笑)そして、とにかく天竜川沿いをひたすらひたすら走る・・・たぶんちょっと下っているので走れるんだろうけど。
で、ついに「花桃の里」まで到達!ココであったかい缶コーヒー飲む。。。ようやく、寒いという感じもなくなってきた。なんとか、なんとか帰れそう~!

・・・ってなわけで、危険なサイクリング(?)から無事生還。久々にウチにたどり着いたときにはホッとしましたね~!よく帰り着いたなぁ、って。
結局、162キロほど走り、、、9時出発で5時半にゴールしたので8時間半か。とにかく、時間と距離以上に危ないサイクリングでしたよ、ホント。
嗚呼、でも山住へのヒルクライムで失敗は悔しい~しばらくは体重減らすトレーニングに専念だ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

Stargazer①

Imgp0053s 「・・・明神峡ってあれですよね、春野のトンネル通って山住峠まで続く道ですよね?」
「そうそうそう!そこの紅葉がさあ・・・そうだ今度自転車で行ってみたら?」
数日前にとあるオジサンとそんな会話をしていたのですが。。。ホントに行って来ましたよ。。。でも、ちょっぴり無謀でしたよ。。。いや、スゲー無謀でしたよ!嗚呼。

いや~、師走!今年も残りわずか、今年の自転車ライドも後何回?
ん~、やはり今年の締めにあの峠に行こう!、と。自分の中でのチマ・コッピ(?)山住峠!(笑)で、そう、せっかくなので明神峡経由して、ね。
そんなわけで今年たぶん最後のロングライド!ウチ→天竜→春野→明神峡→山住峠→水窪→天竜→ウチという推定150キロくらい、しかも標高1000mオーバーの峠越えを含む恐怖のサイクリング(笑)にGO!!です。

ってなわけで木曜日、ちょっと寝坊し(笑)9時に出立!天気予報では昼間は晴れ、夜には雨が降りそう・・・って事だったのですが、明らかにくもってる。これホントに雨降らないのかなぁ!?と半信半疑ながらも、まあ雨が降り出したら引きかえせばいいかな、と。
って、しかし、数キロ走ったところで携帯ポンプ持ってなかったことに気付いて結局引きかえすことに(笑)いやはや、ただでさえ出発が遅くなってしまったのにさらにコレで30分くらいロスタイム!これで大丈夫なのか!?!?ホントに行けんのか山住峠!?!?
ってなわけで、ウチから天竜までの20キロほどの平坦路をアップがてら進む。そして、山東通過、天竜美林を眺めながらの一人サイクリング・・・峯小屋トンネル通過、天狗の面の公園も通過・・・ってまあこの辺はもう何回も走ってるので省略(笑)
そして、まあ約50キロほど走り、なんだか腹が減ってきたのでご休憩。気田川を眺めながらジャージの後ポケットに入れてきたミニバームクーヘンと真空パックになってるういろうを頂く。今日のメインディッシュ(!?)明神峡から山住峠への道はもうすぐ!さて、今日はどうなっちまうんだろうなぁ!?それはもう期待と不安ってヤツです。
で、明神峡方面に行くにはこの先「小石間隋道」を通ればいいわけですが・・・そういえばあのトンネルって1車線だし自転車で行くのはどうかなぁ!?と思ってたのですよ。地図だけみると迂回して行く道もないことはなさそうだし・・・ってわけで、なんとなく間がさして集落があるところで曲がったりしてみる(笑)途中「門桁→」って看板があったので「お!行けそう!!」と思うものの・・・しばらく行ったら「通行止め」(笑)仕方なく来た道に戻り、またしてもタイムロス!
で、結局、小石間隋道通ってみるものの思ったほどは走りにくくはなかったっす・・・というか車が来なかったので。。。
さ~って、ココからメインディッシュだ!・・・ってわけですが、ポツリポツリと何かが。う、雨ですね~
Imgp0052 ん~どうしたものか!?!?雨は・・・天気予報ではまだ雨が降り出す時間ではないはず。それより2回もタイムロスしたせいで無事に帰りつけるかどうか!?一応、9時出発17時帰宅予定だったんだけど、ん~・・・と考えること5秒、まあいっか!という結論で先に進む(笑)せっかくココまで来て何もせずに帰りたくないですもん!?
そんなわけで明神峡目指してGO!徐々に上り!
ちなみに・・・調べによると小石間隋道過ぎてから16~17キロほどの明神峡を眺める道が平均1~2%というなんとなく上ってますという道のり、そこ過ぎると山住峠まで一気に斜度がアップして7キロ弱の平均8%オーバーのヒルクライム・・・つうわけでこの区間だけで850mほど上らないといけないわけですけど、、、ん~いろんな意味でナメテましたね~、いろんな意味で。。。

それはさておき、自転車では初めて走るこの道、なかなか良いですね~
もちろん進むほどに渓谷は広がり、山は高くなり、・・・時折、はっとするような美しいもみじの色があったり、薄暗い影があったり。
やはりココら辺りまで来ると山のスペクタクル(?)というか、南アルプスに通じていくホントの山への入り口って感じがしますね。舗装された道から一歩でも踏み入ればリアルな自然界がもうそこにあるわけで、ある意味のんきには入っていけない何かを感じるような、人間以外の野生動物たちの世界というか。。。上手く言えないんですけど。
ま、僕は自転車で走るだけですから舗装路から出ずに山や渓谷を見るだけで何も足したり減らしたりはしませんけど。
ってなわけですけど、まあ、そんな悠長なことばかりも言ってる場合でもなく徐々に上ってるので徐々に疲弊し徐々に「う~む、いつまで走れば・・・!?」という気もしてくるわけで(笑)頼みはサイコンの距離表示のみ!?↑上の写真のトコで「山住峠18km」と書かれていたのを頼りに逆算してあと何キロあと何キロ・・・と。
そして、ゆる上り区間が終わり傾斜が増す!おお!遂に山住峠へのヒルクライムだ!
が。。。。。。。

続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »