« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月27日 (土)

Green Hell

F1010054 「大井川 下りも坂が 多井川」

・・・「ピオーネ心の俳句シリーズ」その3
峠越えをして川根の街に降り、こっからは大井川沿いに下り基調だと思ってたらやたら坂を上る羽目になってしまったのがしんどかった・・・という・・・これは駄作だ!(笑)

ま、それはさておき(?)パンク修理をして進みます。
家山の駅前過ぎて・・・いい加減休憩します。予断ですが、今回の旅は結局7時間ほどかかったのですけど、サイコンによると走ってた時間は6時間弱。。。信号待ちや写真撮ったり缶コーヒー飲んだり・・・さらにパンク修理1回してるのにすべてひっくるめても1時間ほどしか止まってないことに。。。どれだけノンストップなんだよって感じですが(笑)
ジャージの後ろポケットに忍ばせていた饅頭1個と缶コーヒー飲んで再スタート!・・・ってそこからまた上り!?
家山のトコから南下するのは初めてのルートなんすけど、あれ~なんで上り???正直、川沿いに南下するので下ってるものとばかり思ってたのですが・・・嗚呼、だんだん川が下に見えていく!?
って、まあ、なんかこの辺から何故か上りジャンキーと化してきて(!?)まあ、正直言って遅いしシンドイんですけど変に楽しくなってきた!?!?
そして、気づくと・・・金谷の町に着き・・・牧の原台地も上りはじめてた(笑)
うむ、そう、「空港」の表示が見えたんで、、、ま、ついでに行ってみるか、と。どうせ、金谷から国1ルートで掛川に出るにも上りだしなぁ、と。
F1010050
←そんなわけで2時ころ到着しました。
う~む、しかし、来るときも帰るときも一回も飛行機が見えなかったけどやってるのか!?!?なんか、見学ツアーみたいな人達しかいなかったけど・・・
そんなわけでほんのちょっと・・・いや、この写真を撮ったくらいしか滞在せずに再スタート・・・しますが、なんかさすがに疲れてきたっすよ。よく考えるとまだもう1個饅頭持ってるから、、、あと、ドーピング用にVAAMも1袋持ってるから(笑)ってわけで飲料も切れたところで自販機休憩。
牧の原台地を下り、菊川駅前素通り・・・掛川駅前素通り・・・愛野駅前素通り・・・袋井駅前素通り・・・磐田駅前素通り・・・ノンストップでウチ到着!(テキトウすぎないか!笑)いやまあ、VAAMドーピングと饅頭パワーで(?)なんか回復してきたのでそのままフツーに止まらず帰ってきてしまった。
結局、126キロほど走り、、、概ね満足しました。やっぱりもっと「旅」にもでないと行けないっすね~

次は何処に!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Last Caress

F1010058「紅葉路 新品タイヤに もみぢ散る」

・・・「ピオーネ心の俳句シリーズ」その2
紅葉に浮かれて走っていたら正にもみぢが散るように新品のコンチネンタルグランプリ4000Sも散ってしまったことよ・・・まあ、パンクしてしまったってことを言いたいだけの句。

そんなわけで「自転車の旅」に出立!
今年はなんだかんだで「トレーニング」と称したハマナコ・くんまばかりで「一人チャレンジ」も「イベント」も・・・さらには新規ルート開拓の旅すらほとんど行ってないわけで、いいかげん何処かに行ってみようというわけです。
んで、イロイロ検討した結果、以前行こうとして大雨に遭い引き返してしまったルート・・・ウチ→遠州森町→太田川ダム→峠越え→川根→金谷→ウチという標高約600mの峠越えを含む120キロの旅に行くことにしたとさ。
んなわけで、GO!!!です・・・が、ウチから数キロ走ったところで黒い猫が轢かれているのを発見・・・なんか今日は嫌な予感が。。。

つうわけで、ウチを9時ごろ出発。磐田原大地を軽快に越えて森町に・・・って、もうすでにジャージのファスナー4/5くらい開!暑いぜ・・・こりゃウェア選択失敗っす。
ちなみに今回はパールイズミのプレーンジャージってやつにサーモタイツ、ディフィートのカバーソックス、、、これではジャージ後ろに入れてあるウィンドブレーカー必要なかったな、、、つうか薄手の長袖ジャージで良かった。。。まあ、今の時期ウェアは微妙ですね。通勤も朝のメチャ寒い時間なんでどうも錯覚したようです!?
で、森町突入、途中から広域農道に乗るも・・・途中から通行止めに。。。
で、森市街を通ってアクティ森。この辺から紅葉がキレイに見えはじめますね~(ちなみに上の写真はアクティの前)いや~今がホントちょうど見ごろじゃないでしょうか?
で、暑かったウェアもこのあたりからちょうど良く感じてくる(笑)
いたるところ見所のような美しい道を進み、前回大雨に降られて雨宿りした木も今や葉っぱ一枚ないのにワビサビを感じながら(?)さらに行くと・・・いきなり傾斜がキツくなる!
ホントにダムの手前の「友田家」付近は傾斜がキツイっすよ・・・ってわけでまた汗だくに(笑)

F1010057 そして、久々に太田川ダム到着!以前来たときに比べずいぶん整備されたみたいですな・・・ま、ひび割れが怖いんで近寄りませんがね(笑)
そんなわけで写真撮ったらすぐに再スタート。
さらに奥を目指しますが・・・しばらく行くと道がずいぶんとさびしくなって、所により水浸し、落ち葉やら落石やら・・・ちょっとロードバイクで走るようなところではなくなってきます。
ま、滑らないように気をつけるだけならいいんすけど、落ち葉の影に落石があったりして・・・ま、これが後でパンクの原因になるんすけど(笑)
そういえば、この道はずいぶん前に「森町サイクルツーリングデイ」とかいうイベントで走った道と一緒ですな。
で、さらに延々と行くとまた傾斜がきつくなってくる。。。人のいない感たっぷり!
そして、なんとか上りきって大日山付近・・・紅葉の景色が所々で素晴らしかったのでなんとか上りきれた!?

で、島田市突入~!激下り・・・いや~マジで島田側からは上って来たくはないくらい傾斜キツイですな・・・って、下り始めて違和感が???なんか後輪タイヤ方面からコンコンと変な音が???
これはサイコンのマグネットが当たってるのかと止まって確認するもどうやらそうじゃない様子・・・で、また走り出すも同じ音が・・・で、止まって確認するも異常発見できず・・・で、また・・・というのを3回繰り返して・・・坂も下りきった位のトコでついに異常発見!なんと後輪タイヤのサイド部カットしてるじゃないっすか!?!?で、チューブが見えてる・・・つうかちょっと出てる(笑)
いや~これは奇跡???タイヤサイドカットしてるのにチューブが無事でパンクせずに走ってたとは。。。これは以前の掛川の山の中で遭難しかけたときと同じ状況っすよ。危ない危ない!こんなクネクネ道のダウンヒル中にパンクしてたら転倒は免れなかっただろうしね。。。ま、コンチネンタルの新品タイヤがたった2回で終了になってしまったのは痛いですが転倒するよりはマシだったかと。。。
それにしてもチューブがカットした部分からちょっと出てるのに・・・これがコンコン鳴ってる原因だったんすけど、走れてたとは・・・コンチネンタルのチューブ恐るべしですな。クリンチャーのうちはもう絶対コンチネンタル派ですよ。
そんなわけで2回連続のパンク修理、、、またもパークツールのタイヤブートの出番です。また仕入れないといかんな。。。
で、後ですね、、、レザインの携帯ポンプ、これはイイですよ。携帯ポンプを5つも持ってる僕が言うんだから間違いない(?)8気圧とかもうね~全然入る!一応「ペンゲージ」(って名前だっけ?)っていうのでエア圧計りながら入れてるんすけど・・・ちょっと前輪以上に入れすぎて少し空気抜いたくらいっす(笑)

もう眠いんで・・・続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

Evil Fantasies

F1010046 昨日の話ですが・・・久々に「くんまとれぇ~」に行ってきました。
そーいや、昨年の今くらいは「くんま」にしょっちゅう行ってたような気がしますが・・・そう、「くんまとれぇ~」とはウチからくんま水車の里の往復約85キロくらいをなんとかして3時間切りしようというチャレンジなんすけど、、、未だ達成ならず(笑)
っつうか、まあ、昨日などは3時間半かかってるわけですが(泣)
ん~、、、坂がある道だと去年より遅くなってねぇ???と。。。

ま、とりあへず9時過ぎに出立!
前回のタイヤカットでタイヤも新調、僕の定番タイヤ(?)コンチネンタルのGP4000S!あと、ついでにブレーキシューもSWISSSTOPのFLASH-PROに(注 オーバースペック!笑)、さらにちょっと怪しくなってたフロントブレーキのケーブルも交換、さらにはカッコつけてディフィートのスリップストリームシューズカバーまでしてGO!!!
なんすけど・・・最初から全然ススマネェ~!!!
ウチからまっすぐ北上するわけですが、、、風が、、、横風が、、、向かい風が、、、どっちからだよ!?!?
いやぁ、タイヤ替えたんで、、、しかも、軽いタイヤに替えたんでもっといつもよりハイペースを期待したんですけど風には勝てん。。。第一チェックポイントの両島の交差点まで到着するのに1時間をはるかに過ぎていたんで、、、もうあっさり3時間切りは諦めます(笑)
ま、いい。ココからの17キロ弱、標高差300mへのタイムアタックで進化を証明してやるぜ~!
って、ちなみに昨年の今頃にアバウトにタイムを計ったところ約44分・・・今年の6月のチャレンジでは49分(泣)・・・そして、今回は・・・スンマセン45分っした、嗚呼。。。体重80キロオーバーのヒルクライムでは限界!?!?嗚呼ぁ。。。
まぁ、いつものことですが、傾斜がきつくなると、ねぇ。。。くんま手前のまっすぐな登りなんて逆風が強かったのもあって止まりそうなスピードだったもんなぁ。。。
あと、あんま平日には自転車人を見かけることがないんすけど、今回は何人かローディーがいましたね~。マジで後ろから誰か来て抜かれるんじゃないかと変にヒヤヒヤしました(笑)
ってなわけで、水車の里では1分くらいしか滞在せず、というかウインドブレーカー着ただけですぐダウンヒル。。。帰りは追い風?意外と早く帰り着きましたが。。。結局、86キロほど。最初にも書きましたが3時間切るなんて夢か!?!?

次は・・・またくんまか!?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

Delivering the goods

F1010042 「いずれにせよ、サドル高、サドル後退幅、ともにハムストリングをはじめとして、中臀筋や腸腰筋といった、より優先順位が高い筋肉が反応しやすいセッティングを探す努力を惜しまないことが肝要である。」(エンゾ早川著「ロードバイク解體新書」枻出版社より引用)

・・・って、またです、またセッティングについて考えてしまうわけです。
ま、この件に関してはあのエンゾ師を頼りにしているわけですが、、、そう、先月の「ハマナコ18」で久々に足を攣ってしまって以来イロイロ考えてみた結果セッティングを見直すことに。って、もうすでに前回でサドル高上げてますが・・・
ま、なんつうかロードバイクに乗り始めてもうすぐ4年が経とうとしてるわけですが、過去の記事を見てみるとサドル高だけをみても755mmから775mmと2センチくらいの中で試行錯誤を繰り返しているわけです。
ま、徐々に上げていったわけではなく、上げたり下げたりを繰り返してるボヘミア~ンなんですが(?)、ココ最近は低めのサドル高にしていたわけです。このほうがケイデンスを上げやすいような気がして・・・しかし、今回思ったのはですね、今の自分の場合、なんてことない平坦路を走ってる分にはこれでもいいけど、負荷がかかるような場面、坂とか向かい風とかスピード上げたいなどの時にどうもこのサドル高だとなんかいわゆる「内側広筋」が反応しやすいのではないか、と。つまり、「ハマナコ18」のときのようなテンションアゲ状態で無意識に飛ばしてると攣りやすい筋肉が反応しまくってるんじゃないかと。
で、試しに少しサドル高を上げて前回、前々回と走った結果と過去のサドル高や各種の妄想などを考慮して(?)新たなお試しセッティングをすることにしたわけですよ奥さん!
で・・・結局、サドル高770mm、サドル後退幅80mm、サドルハンドル間570mm(ステム110mm)サドルハンドル高低差80mm・・・ついでにフロントフォークのベアリングまでグリスアップしてえらい時間がかかりながら・・・これでとりあへず出立だ!

ってなわけで、記念すべき(?)「ハマナコ20」へGO!!!です。
ま、山もいいけどセッティングの違いでどうなるか?というのを試すのに走りなれたトコ行こうというわけですよ。
な~んですけど、いや~11月に入り徐々に西風の脅威が増してきました。。。うちの近所の昼間の風速は早くも6~7mですか。。。ま、向かいか風なら向かい風の楽しみがあるさ!・・・たぶん。
そんなわけで1時間半くらいインナーギアで走りようやくハマナコ!写真のトコで小休憩・・・なんすけど、ま、向かい風ではあったんすけど気温が18~19度くらいと絶好な気候だったこともあってかイイ感じです。
で、あまり休憩もせずにハマナコ周遊・・・いつもの弁天島到着。背中の補給食どら焼きとあったかいお茶を飲みながらしばし休憩。正直、ここまでイイ感じっす。このセッティングでいいんじゃない!?ま、ずっと向かい風の中インナーギアで走っていた区間はアベレージも上がりませんでしたが、その後は自分的にはそこそこのペースで来てるし・・・ココからの完全追い風区間でがんばっちゃってみようじゃないのよ!
なわけで、中田島砂丘前の信号もほとんどない一本道を追い風に乗って爆走・・・爆・・・爆・・・爆発だ~!!!!後輪タイヤが(泣)
いや~今年初パンクしちゃいました。つうかタイヤのサイドをカットしたんでパンッってイイ音してバーストっすよ。ちょっと調子こいてあんま路面とかに注意してなかったからかなぁ。。。ま、よく考えると今つけてるコンチネンタルのグランプリ4シーズンすでに1年が経過してるしな。。。よくぞ1年ももったもんだ、4シーズンってそーゆー意味なのか!?!?
そんなわけで、パークツールのタイヤブースト貼ってスペアチューブ入れて、おお!よく考えたらレザインのポンプ初出動だ・・・って手馴れたもんです我ながら。以前はよくパンクしたたからなぁ。。。

そんなわけで結局103キロほど、足も攣ることなく帰還(笑)このセッティングで概ねいいんじゃないかなぁ、次は山で試してみるか・・・

次は何処へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »