« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年1月29日 (土)

Voodoo Fire

F1010092 ピオ 「ここまで来られたことを非常に満足している。また、ここまでたどり着くまでのプロセスについても、選手をたたえたいと思う。厳しい冬の寒さとの戦いを強いられながらも、なんとかハムストを使って漕いできた。
また、これまで冬の西風に苦戦を強いられてきたというデータがあるが、この木曜日も風速6~7メートルの向かい風と戦いながら、ここまでたどり着いたことにも満足している。」

 「いつもの定番平坦コースのハマナコ1周については、われわれも非常にリスペクトしている。
コースの内容についても、上り坂は三方原大地のちょっとした上りだけで、平坦トレには非常にいいコースという印象を持っている。ただし、冬はちょっと違う。向かい風の強いコースの探求というものに、あらゆる指導者が日々励んでいるわけだが、細江までたどり着いたのが1時間半後ということで、やはり「勝利の方程式は存在しない」ということを感じた。
向かい風の中を走ってもアベレージは上がらない。(それに対して)われわれは、このコースでおそらく最も平均時速が遅いチームだと思うが、サイコンを見ないことでで勝負したいと思う。」

――大会の準備が少ない中、厳しい戦いをくぐり抜けて決勝までたどり着いたが、その理由を1つだけ挙げるとすれば何か?

ピオ 「ハマナコは1つのクオリティーでたどり着けるるわけではないので難しい。
ただ1つ、頭に浮かぶのは団結力だ。スタートからインナーギアなのも、またジャージの後ろポケットから出られないウィンドブレーカーも、ピッチにいるように戦っている。また、ジャージのポケットスタートだった補給食のまんじゅうやカロリーメイトがお昼を決めているのも、その象徴だと思う。
今大会は、内容が伴っていて走れていると思う。ただし、時に継続性に欠けてケイデンスが下がったり、あるいは横風でバランスを崩すこともあって、試合が難しくなったことも課題としてある。それでも団結力があり、素晴らしいチームスピリッツを持っているので、やっぱりこの自転車に乗って良かったと思っている。」

――最初の会見で監督は「若いチームを連れてきた。いいプレーをすることを目標にしている」と言っていたが、それはどれくらい達成されたか? パーセンテージで答えてほしい(地元記者)

ピオ
 「ハマナコ1周について数値化することはできない。なぜならこのチーム、そして選手たちの伸びしろは計り知れないからだ。
最初も言ったように、このハマナコ1周トレでは経験を積みに来た。若いチームなので、1周を通して成長させていければと思っていた。最終的な目標は、「一人チャレンジ」までにこのチームをどこまで高められるか、成長させることができるかだ。
われわれがやらなければならないのは週一でやっている自転車ライドに、いくつかの要素を加味しながら代表チームとしてのプレースタイル(を確立していくこと)だと思う。積極的な出立を仕掛けていかなければならない、ということだ。」

「また今大会、寒いし風強いしという中で『出立するの止めようかな~』というヘタレた考えもよぎった中で厳しいライドをすることで、戦術面、技術面だけでなくメンタル面でも成長した。厳しい戦いの中、すげー寒い中出立することで、メンタル面でも非常に強いグループになっていった。
このチームの成長については、自転車通勤の貢献というものをたたえるべきだ。朝6時台の超寒い中での自転車通勤の素晴らしさ。夜の帰宅時もそうだし、通勤用のクロスバイクSIRRUSが素晴らしい仕事をしてくれているおかげだと思う。だからローディとしての成長は、今後も計り知れないものがあると思う。」

――オーストラリアのある選手が、「日本の選手は怖がっている」と発言したことについて、どう思うか?(外国人記者)

ピオ 「その質問は、出立時ではなく弁天島に着いたときに聞いた方がよいのでは? 
わたしの見解としては、そう思っていない。就任以来、向かい風を苦手にしていると言われてきたが、今大会に関してはまったく脚が攣りそうな傾向は見られなかったし、次の出立に関してもそうなると思っている。当然、向かい風はリスペクトしなければならないが、怖がってもいけない。帰りは追い風になるだろう。」

――2つの質問がある。監督としてのキャリアが豊富だと思うが、日本を率いるにあたり、自身のキャリアにどんな重要性や意義を持つと考えるか? この大会で優勝することで、日本サッカー界にどんな効果があると思うか? 特にW杯招致については、日本ではなくカタールが開催地の権利を得たわけだが(外国人記者)

ピオ 「自転車人いう仕事をする上で経験は必要だ。冬のハマナコでの経験は、これまでの経験とはまったく種類が違う。当然、いい経験の1つとして、わたしの人生の財産として大切にしたい。自転車人にとって、経験に限りはない。本日の94キロも1つのいい経験としてとらえたい。」

・・・よくわかりませんが・・・とりあへず走ったってことで(?)

さて、もうすぐアジアカップの決勝戦だ!!!(次は何処に!?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

Princess of the Night

F1010091 「姫街道」・・・東海道見附宿静岡県磐田市)と御油宿愛知県豊川市)を結ぶ東海道の脇街道浜名湖の北側、本坂峠を越える道で、本坂道、本坂通りとも言う。東海道新居関所の厳しい取締まりを嫌った女性が多く利用したためこの名があるという。。。wikipediaより引用

←姫様発見!(笑)
いや~いいですね。最近、歳のせいか(?)歴史に妙に興味を持ってしまうのですが、何てことないいつもの道も名の由来とか知ると楽しいです。
姫街道、、、いったい何ゆえそこまでしてレディースが旅をしたかったのか!?なんともファンタスティックなものを感じます(発想がオッサンになってきてる。。。笑)
この道をかつての姫様達が熱い思いで通り過ぎて行ったかと思うと・・・そんなイロイロなファンタスティックな妄想をしながらハマナコへ(たぶんこの歴史認識は間違っている!笑)・・・今年初めての出立っす!
とりあへず、ルートはいつものウチ→国1橋→浜北→細江→ハマナコ周遊→弁天島→遠州大橋→ウチという平坦100キロ。ま、冬場は無茶な山コースとかは止めときます。

ってなわけでGO!!!なんですけど、まあ、やはり、冬場は風が強いっす。今日はそんなでもないとはいえ(天気予報によると西風4~5mくらい)、やはり向かい風の中を走っていくのはキツイものがありますね~
F1010088 なんせなかなか前に進まない・・・つうかもうインナーギアだし、時速20キロくらいしかでてないし、、、時に強風でふらつくし、、、向かい風の中でダウンヒルって結構危ないっすよね。って、またしても都田から下る坂で危ない目にあったんすけど、ただでさえハンドルを取られかねない状況で、さらに道の反対車線からダンプが猛烈に通り過ぎていったものですからモノスゴイ逆風に晒され。。。ハンドルがぶるんぶるんっすよ。下ハンを握ってたから良かったものの危うく転倒するくらいふらついてしまった。や~ココはかなりスピードダウンしてくだらないといけないポイントですな。

ま~そんな感じで、冬場の自転車ってのはあまり楽しめないですが、、、これも人生修行ですよ(?)禅の境地ですよ(??)
まあ、とにかく風でなかなか進まないとはいえ、ひたすらにエンゾ師曰く「アップアップペダリング」を意識してとにかく踏み込まないように、、、回せ回せ、、、と。
それでいいんじゃないかなぁと思うんすよね~、やはり、自転車に乗る目的は速く走れればそれにこしたことはないけど、それ自体が目的ではない、と。長時間乗って、長距離を走りきるのを目指してはいるけど・・・ホントの目的はその先にある、、、言葉は変ですけど、自転車に乗って「悟りを開く」ことにあるんじゃないかと!?!?
いや~僕もいい歳してもはやオッサン化してきているわけですが、、、やはりオッサン的な人生の閉塞感とか日常生活のストレスとか何やらかんやらに惑わされてしまいそうなんですが、そんな生活を打破したいと思うんでしょうね~。とはいえ、癒しのなんちゃらみたいな享楽的短絡的なモノにすがりつきたくはない!ある意味「昇華」ですよ、、、保健体育の教科書の名言ですよ!?

ってよくわからなくなってきましたが、弁天島でいつもどおり休憩しながら帰宅。結局96キロほど走り、、、行きがメチャメチャ遅かったので大丈夫かと思いましたが、帰りは追い風に乗って思ったよりも早く帰り着きました。。。とさ。

さて次もハマナコ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

Gimme' No Lip

F1010082 賀正!

・・・というわけで、またしても、、、今年で4年連続の自転車乗りながら年越しin小国神社&法多山に行ってきましたとさ。いや~こんなアホなこといつまで続くのでしょう?(笑)
当然のことながら大晦日の7時くらいまで仕事をし、そのまま職場から自転車に乗って森町を目指してGO!!!、途中もう2名と合流し小国神社参拝、そしてさらには法多山も参拝・・・という50~60キロのコースですよ。
正直、ちょっと周りからは呆れられる感もありますが(笑)ま、自転車乗りとしては当然の・・・なわけないよな!?

そんわけで7時過ぎにSIRRUSで一人出立!・・・したものの今年は風が強い。。。超スローペース(笑)
いや~やはり昨今の経済情勢などを反映してか、逆風が吹き荒れておりますな(?)
個人消費の低迷、厳しい雇用情勢、、、いったいいつになったらこの不況、不景気は回復するのか?そして、さらに言えば日本の国内外における諸問題、例えば政治不信の問題や・・・・そんなことを全く考えることもなく(笑)ひたすら寒い中、自転車を漕ぐっす。
ま、実際、不景気のせいで「仕事」ということになるとイイこと全然ない、、、というかひどい目に遭いまくってるわけですが、ま、それは日本全国多くの人が感じてることでしょうけど、、、正直、自転車にでも乗ってなきゃやってられない!!!・・・のは自分だけかもしれませんが、ま、ある意味こうして自転車に乗ることで日常生活のストレスやら何やらから開放される。。。そして、また明日を生きていく活力を得るのですよ!そう、悟りを開くんすよ・・・

って何を書いてるのかわからなくなってきましたが(笑)ともかく、森町で無事アホな仲間2人と合流、まだ駐車場も全然空いてる小国神社を参拝。
そして、よくわからない経路で法多山到着。門前で年越しそば食べて参拝もまだ時間が早いせいか人もまばら!?ま、大混雑する前に帰路に・・・そして、やはり自転車で走りながらの年越し!あ~なんなんでしょうね~また1年が経ってしまったんすねぇ。。。
「己 六才より物の形状を写の癖ありて 半百の此より数々画図を顕すといえども 七十年前画く所は実に取るに足るものなし
七十三才にして
稍(やや)禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり
故に八十六才にしては益々進み 九十才にして
猶(なお)其(その)奥意を極め 一百歳にして正に神妙ならんか 百有十歳にしては一点一格にして生るがごとくならん
願わくは長寿の君子 予言の妄ならざるを見たまふべし」・・・wikipediaの「葛飾北斎」より引用
こんな風になりたいもんです。。。

さて、何処に行くかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »