« ボヨヨンロック | トップページ | THE SATAN OF HELL »

2012年1月 7日 (土)

A WHITER SHADE OF PALE

Rps20120107_221333 はてさて、2012年・・・はたしてマヤ暦の区切りに世界は終わりなのか?それとも・・・そんな1年の始まりに自転車メンテナンスだ!?
←hudzのブレーキフードです。ついにこんなんに手を出してしまった(笑)
ちなみに今年のイメージカラーはホワイト!?無意味にシマノのカラーブレーキアウターとシフトアウター・・・もちろんホワイトも購入、ついでにフィジークの白のバーテープも・・・ってちょっとばかりやりすぎ感がありますが、まあいいじゃないっすか!?
って、そう、そのくらいなら消耗品交換だけの範疇だったのですが、、、思わず、、、せっかくなのでハンドルを試したくなってしまって、、、モドロ・ヴィーナスのC-C400mmをネットで購入してしまったりするわけですよ。ああ、これも人類滅亡説の影響か!?いや違う、単なる気まぐれだ。。。
いやまあ、ホント、CAAD9もすでに5年が過ぎ、そろそろ次が・・・と思っちゃったりするわけじゃないっすか!?そこで、思うわけですよ、、、次を買うならベストフィッティングなモノを、と!
いろんな書物を読むにつれ。。。やはり、自転車にとって大事なのはとにもかくにもちゃんとしたセッティングがでているということらしい。正直、今のCAAD9は自転車屋さんのフィッティングマシン的なモノに乗って「このサイズでいいんじゃない?」といった感じで選ばれたフレームサイズ。その結果、、、ま、概ねこのサイズでよかったと思ってるわけですが、、、次に買うなら120mmのステムを付けられるサイズにしようと思ったりするわけです。
ま、そんなわけで、とりあへず今のCAAD9で色んな試行錯誤を以前も今もしてるわけですが、、、正直、乗るにつれ自分の自転車スキルもアップしてくるのでサドル高さやハンドルまでの距離もサドルハンドルの落差も・・・変わってくるわけで、何をもってベストフィッティングとすれば良いのかは考え出すとわけわからんという感じなのですが、、、まあ、それはさておき、そう、今回はハンドル幅ってどうなの?と思うわけです。
確か最初についていたのはcannondaleマークの付く幅C-C440mmという超使いづらいアナトミックハンドルだったのですが・・・そこからワンサイズ小さい420mmのハンドルを色々試し、結局モドロ・ヴィーナスに落ち着いた訳ですが・・・どうよ400mmって?どうかな?もうワンサイズ小さいハンドルは?試してみるのも悪くないかもよ、嗚呼試しちゃったか・・・

で、今年初出立in小笠山。2時間くらいで行ってこれるちょっとしたヒルクライムもあるコースで試しましょう、、、ということで、まずはバーテープもまかず行ってみたわけです。
正直、今日は風が強く、、、横風にフラフラしながら、向かい風に心を折られながら、、、結局47キロ程走り、、、やはり、400mmハンドルは・・・特にいいことはなかった。。。
これを7000円の無駄遣いと思うか、7000円で有益な実験ができたと思うか。。。
とりあへず、やはり元のモノに戻すということになりました。。。400mmはネットオークションにでも出すか!?!?

はてさて、次は・・・

|

« ボヨヨンロック | トップページ | THE SATAN OF HELL »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/53681637

この記事へのトラックバック一覧です: A WHITER SHADE OF PALE:

« ボヨヨンロック | トップページ | THE SATAN OF HELL »