« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

ENDORPHINE

Rps20121129_230357さわらぬ神に祟られる・・・コワイね
運命なのか・・・恐ろしい世の中
仕事と割り切るか怒りに任せるか
グズグズしてたらあとのまつり!
熱くなれば世界はアホらしい
舐めてかかりゃ世界にエンドルフィン・・・

いやまあ、FSBなんですけど、、、何となく仕事中の怒り収まらずユーチューブでかつての曲を聴きたくなったのですが、、、ウィキペディアで調べるとまだ活動中???
って、今はどんな曲調なのか、、、怖くて最新のものは聴けないな。。。この「エンドルフィン」の頃がやっぱり。。。

いやまあ、それはさておき更新だ!?
って、昨日の浜名湖28!・・・ってまあ、よく飽きもせずに浜名湖ばかり行ってるなぁと自分でも思いますが、、、なんなんでしょう?とりあへず浜名湖周辺の色々な景色見れて自転車で走れればそれで良し!?なのでしょうか。
思うに浜名湖を一人でただひたすらに走るというのは、、、僕にとっては日常からのトリップなんですよね。
自転車で走る・・・人によっては仲間と走る喜びや楽しさ、目的地を目指す旅、美味しいものを食べる旅・・・なんでもいいんですよ。楽しみ方は人それぞれで。
僕ももちろん仲間と走ることもあれば、新たな目的地にチャレンジもしますが・・・ただ単に行きなれた浜名湖を回る、というこの行為、、、この場合はもはや楽しむというより自転車ヒーリングに近い、かな。自転車に趣味として乗らない人には理解してもらえませんが(「なんで休みにそんな疲れることするんだ?」と言う人には・・・)、自転車で4時間5時間・・・と延々とただ前だけ見て走るというのは肉体的にも精神的にも「癒やし」なんですよ。そう、癒やし。自転車ヒーリングなんですよ!?
なんつったって、金のためには仕事もせねばならず、仕事もすればたくさんの人の相手もせねばならず、たくさんの人の中にはそりゃ嫌なやつや嫌なヤツや嫌な奴もいるわけで、、、そんな日常のストレスを発散し、あらたな活力を得るには自転車に乗る以外ないじゃないですか!?!?アレ?違いました?
まあ、そんなわけで、、、そうか、ここ最近浜名湖ばかりに行ってるのはストレスが多いからなのか!?なんか書いてて思った。。。

まあ、そんなわけで冬場にしては風の強くない一日。浜名湖の日中の気温は14度だったか、まだまだウィンドブレークタイツは必要ないですが、、、もうすぐネックウォーマーがいるかな。。。ってわけで、ちょうど100キロほど。(ウチから三ケ日まで行くとホントちょうど100キロになる)

さて次は。。。またか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

¡Chutzpah!

Rps20121116_211530「普段のPIOよりも動きが足りなかった。その理由として大きく挙げられるのが、気候。この寒さ・・・寒いのかと思わせておいてそうでもない!?いやこれは厚着しすぎた!・・・というのがうちの動きを制限させていたと思う。
それがひとつ目の理由で、もうひとつが、ミカーンがいいバランスでピッチに配置していたことも挙げられる。つまりミカーンがなっているかどうかが気になったということだ・・・だから三ケ日まで走ってしまった。」
「やはり最後まで信じ切っていたところだと思う。
前半開始直後に苦労させられた。その後は徐々にPIOが機能し始めたが、ミカーンもかなりいたるところになっていて、そこが難しかった。そのスペースをどう打開するか、オフザサイトの動きで仕掛けていくのが通常のやり方だが、厚着のために力が残っていなかった。
後半、気候が涼しくなり、そのあたりの動きも改善されてきたと思うが、自衛隊の航空ショーの練習(?)が気になってしまったということで、それがなければ試合は終わっていた内容だったと思う。実際、ミカーンは前半の最初のほうにしかなっているところはなかったが、我々は完全にマークを見失ってしまっていた」

意味わかりませんが・・・まあ中東アウェイのオマーンに勝ってうれしいやら悲しいやらですな。これじゃこの先の試合が全く面白みがなくなって。。。いや、それより浜名湖27でちょうど100キロほど。

次も浜名湖か!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

I want to know what love is

Rps20121109_204936絶望と苦しみばかりだった僕の生活
まだそれに耐えて行けるか自信は無いけど
でもここで諦めてしまう訳にはいかないんだ
この孤独な自分を変えるために
これまでやって来たんだから

愛が何かを知りたいんだ
それを君に教えてもらいたいんだ
愛を感じていたいんだ
君にならそれが出来そうな気がするんだ

・・・・ってな歌を唄いながら走るチャリは最高ですな(笑)
今更ながらの80年代のフォリナーですが、、、今どきの訳の分からんリズムの曲やら馴染めないメロディの曲やら目眩がしそうなアイドル曲ばかりが耳につく中、、、昔の曲はイイなぁなんて思ったらもうオッサンでしょうか!?
まあ、80年代という時代が産業ロックだとかヘアメタルだとか言われて、そりゃ60年代や70年代のロックの・・・後略

そんなわけで、浜名湖25&26!なんと水曜と金曜の今週は2回も出立!?
よくよく考えると・・・今年は本当に浜名湖しか行っていないが。。。このままいけば30以上は確実だな!?
ちなみに、タイヤをコンチネンタルグランプリ4000Sに履き替えとります。
まーいいかげん、7月に発注したNEWチャリが来るのではないか来るのではないか・・・と待っているものの何の音沙汰もなく、かなり消耗しきっている4シーズンを引っ張っていたものの。。。さすがにサイドの何かが剥がれ始めたので替えざるをえないかな、と。
ところで、、、コレAMAZONで買ってしまったのですが、グランプリ4000Sが2本セットで7000円くらいで出てますが・・・なんでこんなに安いのか???ん~

ま、ともかく95キロ&101キロほど走ったわけですが、、、とりあへず今日は三ケ日まで行って「ミカさん」を拝んできました。やはり静岡の冬は「ミカさん」につきます!?
わけのわからんご当地キャラだかなんだか知りませんが、、、そんなぱっと出のパンパカパンツとは違うんです!酸味と甘味の絶妙のバランス、それこそがみかんのコクってヤツです!甘いだけの今どきのスイーツとは違うんです。。。後略

ところで、・・・って、話がもはやつながってませんが・・・気候がいいからか知りませんが意外と平日なのにローディー的な人をちょっとは見かけたのですが、、、思うに、、、「あなた何戦隊ですか?」、、、。
いや~自転車ウェアってピチピチでさらにメットとサングラスしてるので簡単に地球防衛軍か宇宙人の一派になってしまうっすね。。。特に白とかシルバーっぽい色が多いと尚更。。。ってなことを走ってる人を見て思う僕です。
もっとなんかイカス自転車ウェアないかなぁ。

ってなわけで次は何処へ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

Open Arms

Rps20121103_205718浜名湖に 向いてみれば 西の風
サイコン見れぬ 冬のおとずれ

PIONE心のチャリ短歌シリーズ5832
浜名湖にチャリで行こうと思ったらめちゃくちゃ西風が強いじゃないかよ!アベレージが情けなさすぎてサイコン見れねぇよ・・・ああ、また冬になったのだなぁ、チャリに乗るイイシーズンってのはなんて短いんだ!まさに人生と同じでイイ時期は短くすぐ冬が・・・

てなわけで、浜名湖24です。
ま、冒頭にも書いてますが、、、めちゃくちゃ風が。。。
出るときに見たYAHOO天気予報では北西の風風速4~6あたりだったのでそんな気にも止めず出立したものの・・・いやいや、ゼッテーこれそんなもんじゃないっすよ!
で、今日に限って完全浜名湖1周コースでウチ→弁天島→浜名湖1周→弁天島→ウチというコースを行ってしまったものですから、、、たまらん!なんせ、ウチから新居関所までずーっと向かい風、、、いや、曲がって北上したら向かい風、、、ホント、延々と50キロほども強風の中を風の吹いてくる方向に向かって走るんだからそりゃもう空気抵抗とかそんなの関係ねぇ~!って感じですよ。。。
必死の思いで細江まで走り、あとは浜名湖東側の自転車道をずっと走ってガーデンパークに・・・と思ったら舘山寺過ぎたところであまりの強風に自転車道に波がザバーンしてるじゃないっすか。。。ちょっとした富嶽三十六景の波みたいになってる(そりゃ言い過ぎだろ!?)これはもはやココ進むの無理。。。
少し引き返してスマホのマップ見てなんとかガーデンパークに。。。マジでこのへんまで来ると完全に追い風の区間では漕がなくても時速30キロっすよ。オートバイ化ですな!?

いや~ちょっとさすがに疲れはて、弁天島に行くのやめてもう街中通って最短コースで帰ってやるぜ!
・・・と、悪いことを考えたせいなのかなんなのか、浜松のド街中でちょっとした坂登りきったときに・・・久々に足が攣った!しかも同時に両足攣った!しかも太ももの内側というどうしていいかわからないとこ攣った!!(笑)
全然進めなくなったので、女子高生にも抜かれる体たらく・・・でも、そこはサイクリストの嗜み、ちょっとここ周りを見てますポーズ、決して脚が攣ったわけではありませんよ~という涼しい顔で痛みをこらえる僕です。

そんなこんなで結局103キロほど、、、もっと距離走る予定だったのですが。。。

次は何処へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »