« EXCITER | トップページ | The Gods Made Heavy Metal »

2013年1月27日 (日)

黄金の夜明け

Nec_0396・・・自転車フレームの元祖であり基本は、鉄であり、ホリゾンタルなんです。 これは変わることがない自転車の事実であり、真理。基本こそ、圧倒的に美しい。あらゆる事象に当てはまる普遍の法則。昨今、移り変わりの早いロードレーサーバイクの景色の中で、変わらぬ美意識を再確認していただきたい。
これが世界における自転車の基本、スタンダードですよ、というものを世の中にお届けしたい。今だからこそ。それがMIYATA LEGENDに込められたメッセージ、「鉄の意志」です。・・・MIYATA JAPONのHPより引用

「鉄の意志」!・・・まさにメタル!
ヘヴィーメタル以外の奴はここから出て行け!アンプのボリュームをマックスにしろ!炎の車輪で夜を焦がせ!DIE!DIE!!・・・いや~まさにMANOWARみたいなことを言ってくれるぜ、MIYATAさんよぉ!
やはり、男なら鉄!カーボンなんてポップコーンみたいな自転車はいらないぜ(・・・ってコレMANOWARを知ってる人じゃないとわからないギャグです)・・・それが僕がこのクロモリロードバイク「The Miyata」を選んだ理由です。
って、まあ、冗談なのか本気なのかわからぬ理由はさておき、前々から言っていましたけれども次はクロモリ。。。思うに自分の自転車ライドを考えれば考えるほどやはりクロモリ。。。って思ったんすよね。
自転車世界は今やカーボンが主流ですが、、、レースに出るわけでもないのに何故脆いカーボンを選ぶ理由があるのでしょう?!100キロ走るのに4~5時間もかかる人間が何故レース機材のような軽量化したフレームが必要なのでしょう?!
正直、このカーボン偏重の流れは自転車業界の陰謀のような気がしてならない・・・振動吸収性がどうとか、剛性がどうとか正直そんなもんわかる実力もないし、わかる気もしないのでどうでもいいのですよ。快適性?アルミ製でもレーパン履かずに100キロ走ってケツが痛くなったりしませんので大丈夫です。
鉄でいいじゃないっすか!大して速いわけでもなく、ただ休みの日に自転車で遠くに行きたい!そして、永く楽しみたい!って思う自転車人に必要なのは丈夫で長持ち、転んでフレーム折れたりしないクロモリでしょう???大事なのはロングライドに出ても壊れずに無事に帰って来れる自転車。僕の体重でも下りが怖くない自転車っすよ。
まあ、戯言はそのへんにして・・・それに、やっぱり・・・この細フレームにラグのスタイル、カッコイイっすよホント・・・ってまあ、それは個人的な趣向の話ですが・・・まあ、自分がカッコイイと思うものを選べばいいじゃないっすか。
てなわけですが、まあ、クロモリも最近は若干注目をされているのか、、、例えばDE ROSAのHPなんか見てもネオプリマートは別枠になってるし、どうなの?ん~ネオプリマートかマスターXライトか?はたまたネオコットかまさかのパナソニックか・・・イタリアもんはやはり所有満足度高いが値段も高い、ネオコットはどうも形が・・・パナソニックは色がメチャメチャ選べるからいいかも、、、そんなん考えながらひたすらネット検索してたら突如発見したのがこの「TheMiyata」。なんじゃこりゃ!ラグとか色々メッキ仕様だし、スレッドフォークだし、完成車でカンパニョーロ+手組ホイール!?で、お値段50万切るのか(注;高いか安いかは一般の方の感覚とは異なります!)
なんつうか、次に買うときはフレーム買いして自分好みのパーツのスペシャル車にしようと思ってたんすけど・・・この完成車は考えてたのそのまま付いてるじゃん!なのです。なんせカンパニョーロ!さらにはマビックリムの手組ホイール・・・まあ、あえて言うならサドルはリーガルが良かったのですが・・・どうせサドルはいつか替えるし、セライタリアのフライトならたぶんそれほど違うとは思えないし。
ってなわけで、それからはミヤタのHPを眺めたり、何か情報はないかとネット検索する日々・・・そして、啓示が来たんすよ、某自転車屋のブログに現物が入荷したという記事が!しかも、自転車で行っても30分ほどの所にある自転車屋!これはとにかく見に行くしかない!見に・・・ってもはや、これを買うが良い!というメタルゴッドの啓示としか思えなかったすよ。まさに神々しい美しき青いフレーム!2回目に店に行ったときにその場でボーナスのほとんどをATMから下ろして店長に渡してきましたよ。そして、待つこと半年、、、で、今に至るわけです。

あ、さて・・・そんなわけで、前回の更新では初ライドの模様をお送りしたわけですが。。。一つ気になる点が有りましてですね、まあ、記事でも書いてますが、、、サドルが下がるんですよ、走ってると。ええ、わかってます体重オーバーだってことでしょう?ああ、もう、充分承知してます。でも、だからといって下がってしまっていいわけないじゃないっすか。
だから、色々と、、、シートピンの締め付けトルクとか・・・締め付けトルクとか・・・って、やっちまったぜ!シートピンをダメにしてやったぜ~!まだ1回しか乗ってないのに自転車ぶっ壊してやったぜ~ワイルドだろ~!ワイルド・・・って、嗚呼!痛恨の極み!マジでね~パキっと。その昔、CAAD9でも締めすぎてシートクランプのボルト折っちゃったことあったけど・・・そういや、あの事件でトルクレンチを買ったんだっけなぁ・・・・って、今回はトルクレンチで慎重に締めていたのに何故???って、まあ、そのですね、このシートピンの構造をイマイチ理解してなかったのと、正直その付いていたシートピンがハズレだったとしか言いようがないんすけど。。。もう半狂乱でネットでシートピンを探し、全く同じスギちゃんならぬSUGINO製のシートピンを注文などなどしていたら・・・メチャクチャ寝るのが遅くなってしまってですね、、、次の日から風邪ですよ、寝不足はいけません!
そして、ついでにシートポスト下がりに効果があるというTACXのカーボンアセンブリーコンパウンドなるものまで購入、、、慎重に慎重を期して組み付け、、、しかし、風邪は治らずなかなか乗れなかったのですが、ようやく本日晴れて仕事半休でチョイノリしてみたわけです。まあ、ウチから袋井~森あたりで41キロほど走っただけですが、、、まったくシートポスト下がらず!いや~長かった、、、これで安心して次から走れますよ!もう、自転車壊してワイルドピオちゃんにはなりたくない!ですからね。

いよいよ次は何処へ!

|

« EXCITER | トップページ | The Gods Made Heavy Metal »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/56640571

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の夜明け:

« EXCITER | トップページ | The Gods Made Heavy Metal »