« PONPONPON | トップページ | Pain & Pleasure »

2013年3月 8日 (金)

ナニャドラ

Rps20130308_193612「厄年」は、日本などで厄災が多くふりかかかるとされる年齢のことである・・・科学的な根拠が不確かで・・・根強く信じられている風習である。(wikipediaより引用)

突然ですが僕は厄年だそうです。
ええ、もちろんそんなことは信じませんよ。迷信もいいとこでしょう。ええ、先週も今日も落車しましたが、、、いや、厄年とは関係ないですよ。厄祓いですって?いやいや、そんなん必要ないし、、、いや、そりゃ満身創痍な感じですが、そーゆー迷信は、、、いや、必要ないですから、、、だから、関係ないって、、、

って、おい!先週と今日2回連続の落車ですよ!もう最悪ですな。
ちなみに、先週ですが、、、そう、先週の金曜日、仕事も休みで意気揚々と浜名湖巡りの旅に出たまでは良かったが・・・ウチからそうですね500m位地点でしょうか、なんかね走っててチリ~ンって音がしたんですよ。アレ?なんか落ちた?・・・って、そう、よくよく自転車を見てみると先日購入したFAR&NEAR社製のバーエンドLEDプラグなるバーエンドに付ける後方用のライトの片方がなくなっておるじゃないですか。おおお!ってそりゃ確か3000円以上もしたブツですのでUターンして探すわけじゃないっすか、、、って、あ、部品の一部らしきモノが落ちてると思ってビンディングを片方だけ外して止まり拾おうとしたとき・・・あれ空?と思った次の瞬間には腕をひねっていた。。。そして、気づいたら自転車もろとも側溝の中に落ちていたのであった。。。
いや~マジで最悪っすよ。左ひじ捻挫は確定、もはやバーエンドプラグ探すどこじゃない、、、すぐに帰るしかない、、、と。
で、痛む左ひじで無理して新車水洗い、、、ウェアやらシューズも泥にまみれていてまあ、、、ともかく、その日は肘を氷で冷やしてシップ貼って涙を流しながら寝てました。。。
ホントね~、まあ、落車はなんども経験してますが手を出しちゃいけませんね。。。落車といっても「立ちゴケ」なんで尚更のこと、、、お尻から落ちてればなんてことないのについ反射で手をついてしまい怪我、、、嗚呼、高校の時の柔道の授業をもっとマジメにやっておれば良かったっすよ。
・・・ってなわけで、その1週間後の今日、まだ肘は多少腫れていて痛みがないわけではないですが浜名湖5にリベンジだ!!!・・・って、まあ、また落車するのですがね。
って、そう、あれは信号のある横断歩道わたっている最中、まあ、横断歩道は歩いて渡れ!ってことなのかもしれませんが。。。そう、交差点の信号が青になって横断歩道を走行中、左から来た車が思いっきり信号赤なのに気づいてなくて交差点に突っ込んできやがったわけですよ、、、いや、マジビックリっすよ、急ブレーキで間一髪激突は避けたもののまあそりゃ転倒しますわな。。。
ま~それにしてもあまりの間一髪に気が動転、、、そのドライバーは車から降りもせずに「ごめんごめん」とか軽く言ってくるし、腹が立って「F●●K YOU」的なことを日本語で言ってやって、ともかく歩道まで避難、、、って信号変わったらその車はフツーに走り去っていったのであった。。。
いや~気が動転したのと膝打ったのが痛くてしばらく呆然と立ち尽くし、、、いや、このくらいならまだ走れるし自転車も無傷、、、とりあへず行くか浜名湖へ。。。と。
ま、後で気づくのですがこのときジャージの後ろポケットの僕のフェイバリットたる山崎パンのアップルパイがぺちゃんこになっていたという被害を被っていたわけですが。。。あのドライバーめ、アップルパイ弁償しろ!
いや~まあ、とにかく左膝打撲、内股あたりにどうしてなったかわからないけど10センチ程度の傷。。。今回は手をつかなかったのが不幸中の幸い、、、左に倒れていたので危なかったすよ。。。
まあ、ともかく自転車で公道を走るというのは危ないことなのだと改めて思うっすよ。まあ、自転車にかぎらないけど。。。ともかく、ひと度ウチを出立したのなら数多の危険にさらされている認識を持って運転することですな。信号が青だからといって安全に進めるのが保証されているわけではない!信号無視した車が突っ込んでこないとは限らない、、、と。

ってなわけで、なんとか浜名湖5で浜名湖周遊100キロ程で帰宅。
まだまだ次へ!

|

« PONPONPON | トップページ | Pain & Pleasure »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192976/56915047

この記事へのトラックバック一覧です: ナニャドラ:

« PONPONPON | トップページ | Pain & Pleasure »