2013年1月27日 (日)

黄金の夜明け

Nec_0396・・・自転車フレームの元祖であり基本は、鉄であり、ホリゾンタルなんです。 これは変わることがない自転車の事実であり、真理。基本こそ、圧倒的に美しい。あらゆる事象に当てはまる普遍の法則。昨今、移り変わりの早いロードレーサーバイクの景色の中で、変わらぬ美意識を再確認していただきたい。
これが世界における自転車の基本、スタンダードですよ、というものを世の中にお届けしたい。今だからこそ。それがMIYATA LEGENDに込められたメッセージ、「鉄の意志」です。・・・MIYATA JAPONのHPより引用

「鉄の意志」!・・・まさにメタル!
ヘヴィーメタル以外の奴はここから出て行け!アンプのボリュームをマックスにしろ!炎の車輪で夜を焦がせ!DIE!DIE!!・・・いや~まさにMANOWARみたいなことを言ってくれるぜ、MIYATAさんよぉ!
やはり、男なら鉄!カーボンなんてポップコーンみたいな自転車はいらないぜ(・・・ってコレMANOWARを知ってる人じゃないとわからないギャグです)・・・それが僕がこのクロモリロードバイク「The Miyata」を選んだ理由です。
って、まあ、冗談なのか本気なのかわからぬ理由はさておき、前々から言っていましたけれども次はクロモリ。。。思うに自分の自転車ライドを考えれば考えるほどやはりクロモリ。。。って思ったんすよね。
自転車世界は今やカーボンが主流ですが、、、レースに出るわけでもないのに何故脆いカーボンを選ぶ理由があるのでしょう?!100キロ走るのに4~5時間もかかる人間が何故レース機材のような軽量化したフレームが必要なのでしょう?!
正直、このカーボン偏重の流れは自転車業界の陰謀のような気がしてならない・・・振動吸収性がどうとか、剛性がどうとか正直そんなもんわかる実力もないし、わかる気もしないのでどうでもいいのですよ。快適性?アルミ製でもレーパン履かずに100キロ走ってケツが痛くなったりしませんので大丈夫です。
鉄でいいじゃないっすか!大して速いわけでもなく、ただ休みの日に自転車で遠くに行きたい!そして、永く楽しみたい!って思う自転車人に必要なのは丈夫で長持ち、転んでフレーム折れたりしないクロモリでしょう???大事なのはロングライドに出ても壊れずに無事に帰って来れる自転車。僕の体重でも下りが怖くない自転車っすよ。
まあ、戯言はそのへんにして・・・それに、やっぱり・・・この細フレームにラグのスタイル、カッコイイっすよホント・・・ってまあ、それは個人的な趣向の話ですが・・・まあ、自分がカッコイイと思うものを選べばいいじゃないっすか。
てなわけですが、まあ、クロモリも最近は若干注目をされているのか、、、例えばDE ROSAのHPなんか見てもネオプリマートは別枠になってるし、どうなの?ん~ネオプリマートかマスターXライトか?はたまたネオコットかまさかのパナソニックか・・・イタリアもんはやはり所有満足度高いが値段も高い、ネオコットはどうも形が・・・パナソニックは色がメチャメチャ選べるからいいかも、、、そんなん考えながらひたすらネット検索してたら突如発見したのがこの「TheMiyata」。なんじゃこりゃ!ラグとか色々メッキ仕様だし、スレッドフォークだし、完成車でカンパニョーロ+手組ホイール!?で、お値段50万切るのか(注;高いか安いかは一般の方の感覚とは異なります!)
なんつうか、次に買うときはフレーム買いして自分好みのパーツのスペシャル車にしようと思ってたんすけど・・・この完成車は考えてたのそのまま付いてるじゃん!なのです。なんせカンパニョーロ!さらにはマビックリムの手組ホイール・・・まあ、あえて言うならサドルはリーガルが良かったのですが・・・どうせサドルはいつか替えるし、セライタリアのフライトならたぶんそれほど違うとは思えないし。
ってなわけで、それからはミヤタのHPを眺めたり、何か情報はないかとネット検索する日々・・・そして、啓示が来たんすよ、某自転車屋のブログに現物が入荷したという記事が!しかも、自転車で行っても30分ほどの所にある自転車屋!これはとにかく見に行くしかない!見に・・・ってもはや、これを買うが良い!というメタルゴッドの啓示としか思えなかったすよ。まさに神々しい美しき青いフレーム!2回目に店に行ったときにその場でボーナスのほとんどをATMから下ろして店長に渡してきましたよ。そして、待つこと半年、、、で、今に至るわけです。

あ、さて・・・そんなわけで、前回の更新では初ライドの模様をお送りしたわけですが。。。一つ気になる点が有りましてですね、まあ、記事でも書いてますが、、、サドルが下がるんですよ、走ってると。ええ、わかってます体重オーバーだってことでしょう?ああ、もう、充分承知してます。でも、だからといって下がってしまっていいわけないじゃないっすか。
だから、色々と、、、シートピンの締め付けトルクとか・・・締め付けトルクとか・・・って、やっちまったぜ!シートピンをダメにしてやったぜ~!まだ1回しか乗ってないのに自転車ぶっ壊してやったぜ~ワイルドだろ~!ワイルド・・・って、嗚呼!痛恨の極み!マジでね~パキっと。その昔、CAAD9でも締めすぎてシートクランプのボルト折っちゃったことあったけど・・・そういや、あの事件でトルクレンチを買ったんだっけなぁ・・・・って、今回はトルクレンチで慎重に締めていたのに何故???って、まあ、そのですね、このシートピンの構造をイマイチ理解してなかったのと、正直その付いていたシートピンがハズレだったとしか言いようがないんすけど。。。もう半狂乱でネットでシートピンを探し、全く同じスギちゃんならぬSUGINO製のシートピンを注文などなどしていたら・・・メチャクチャ寝るのが遅くなってしまってですね、、、次の日から風邪ですよ、寝不足はいけません!
そして、ついでにシートポスト下がりに効果があるというTACXのカーボンアセンブリーコンパウンドなるものまで購入、、、慎重に慎重を期して組み付け、、、しかし、風邪は治らずなかなか乗れなかったのですが、ようやく本日晴れて仕事半休でチョイノリしてみたわけです。まあ、ウチから袋井~森あたりで41キロほど走っただけですが、、、まったくシートポスト下がらず!いや~長かった、、、これで安心して次から走れますよ!もう、自転車壊してワイルドピオちゃんにはなりたくない!ですからね。

いよいよ次は何処へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月11日 (水)

THE SATAN OF HELL

Nec_0179 The Black Satans - The Satan Of Hell」

 ↑このYouTubeの動画が気になって夜も・・・横になったら1分以内に寝れます。嗚呼、眠い・・・なんでこんなに眠いんだ。。。って、違う、ホントになんなんだこれは???10秒に1回はツッコミたくなる動画です。。。ま、素人は見ないほうがいいでしょう!!??

あ、さて、自転車の話ですが。。。バーテープ巻いてます。フィジークのバーテープでグロッシーホワイトという色のものなんですが。。。写真じゃわかりづらいけど、そう、つるつるてかてかあしたもはれるかな~。。。って歌いだしそうな感じのツヤありバーテープなんですが。。。正直、これは失敗したと思った。マジでね~これめちゃめちゃ巻きにくいっす。はじめてのバーテープ巻きに挑戦!がコレだったら大失敗すること間違いなし!?
いや~、まあ、モノも見ずにネットで買うからでしょうけど、、、そう、しばらく前に通勤用SIRRUSのバーテープも替えたんですけど、、、それがフィジークのバーテープでして、それはこのグロッシーじゃないフツーのだったんですが、すごく良くてね、、、巻きやすいし厚さもいい感じだし見た目もいいし、、、これからはバーテープはフィジークだな!と思ってたんすよ。
で、なんとなくこのグロッシーなのを注文してしまったわけですが、、、なんつうかですね、このテカテカの表面のせいなのかバーテープ自体がまったく伸びませんで、、、うまくまかないとしわしわゴワゴワになるっす。しかも、HUDZのブレーキフードに替えたせいでこのブラケット付近の一番の難所なとこがさらに難所に。。。正直、1回目はココをクリアするのに30分くらいかかった。。。なんせ、全然伸びないのでフツーのバーテープの5倍くらいは引っ張らないとグチャグチャになります。。。いやあ、、、しかも苦労して巻いたのに思ったよりもこれが厚いんすよ。。。SIRRUSのやつと比べて明らかに厚い。。。なんでやねん!とツッコミたくなります。。。

Nec_0177 で、そんなこんなで今年の浜名湖1です。
←って別に船には乗ってませんが(笑)
寒いし、風も強いし、、、と思いましたが、バーテープ等々一新したことだし行かなくてはいけないでしょう!
ちなみに、バーテープ巻くときに少しだけブラケット位置やハンドル角度も変更、とにかく下ハン優先セッティング。下ハン持ちやすい角度と下ハンでのブレーキレバーの近さにこだわってみたつもりです!?
そんなわけで出立!!!・・・ですが、ま~風の強いこと。。。向かい風だと進まないだけですけど、横風はきついですね、、、転倒の危険を常に気にしながら走らないといけない。
ってわけで、やはり超向かい風の中アベレージ20キロしかですずに第一休憩ポイントの気賀関所、、、ってちょうど自販機でホットコーヒー買おうとしたら木の枝切ってたオジサンに「その格好で寒くないの?」と話しかけられる。
まあ、寒いですよ、、、でも、前に気温5度で遭難しかけたときに比べりゃ今日はマシだ。途中の気温表示も今日は9度だったし、、、このくらいなら大丈夫ですね~。
で、50キロ過ぎ、、、ここからは追い風!楽に30キロオーバーなんとかして40キロペース走を試みるも、、、なかなか簡単にはいかんな(笑)
ってな無理をしてたら、、、遠州大橋手前でめちゃくちゃ腹減って力がでなくなる。。。そういや、朝起きてから菓子パン3コ食っただけだし、、、でもあれはカロリーだけは高いが、、、って、あまりに空腹でなんどもコンビニ休憩しようと思うも思いとどまる(笑)
最後は気力だけで帰宅、結局96キロほど。
バーテープはまあ、可もなく不可も無く?もうちょっと薄手のほうがいいんですが。。。ブレーキフードはどうなんでしょうね?純正と比べ、下がちょっと形状が違っていて、コブのようなものがあるのですが、、、ヒルクライムでダンシングしたときとかに役に立つのかな???平坦だけではわからないかも???

そして、次は・・・2か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

A WHITER SHADE OF PALE

Rps20120107_221333 はてさて、2012年・・・はたしてマヤ暦の区切りに世界は終わりなのか?それとも・・・そんな1年の始まりに自転車メンテナンスだ!?
←hudzのブレーキフードです。ついにこんなんに手を出してしまった(笑)
ちなみに今年のイメージカラーはホワイト!?無意味にシマノのカラーブレーキアウターとシフトアウター・・・もちろんホワイトも購入、ついでにフィジークの白のバーテープも・・・ってちょっとばかりやりすぎ感がありますが、まあいいじゃないっすか!?
って、そう、そのくらいなら消耗品交換だけの範疇だったのですが、、、思わず、、、せっかくなのでハンドルを試したくなってしまって、、、モドロ・ヴィーナスのC-C400mmをネットで購入してしまったりするわけですよ。ああ、これも人類滅亡説の影響か!?いや違う、単なる気まぐれだ。。。
いやまあ、ホント、CAAD9もすでに5年が過ぎ、そろそろ次が・・・と思っちゃったりするわけじゃないっすか!?そこで、思うわけですよ、、、次を買うならベストフィッティングなモノを、と!
いろんな書物を読むにつれ。。。やはり、自転車にとって大事なのはとにもかくにもちゃんとしたセッティングがでているということらしい。正直、今のCAAD9は自転車屋さんのフィッティングマシン的なモノに乗って「このサイズでいいんじゃない?」といった感じで選ばれたフレームサイズ。その結果、、、ま、概ねこのサイズでよかったと思ってるわけですが、、、次に買うなら120mmのステムを付けられるサイズにしようと思ったりするわけです。
ま、そんなわけで、とりあへず今のCAAD9で色んな試行錯誤を以前も今もしてるわけですが、、、正直、乗るにつれ自分の自転車スキルもアップしてくるのでサドル高さやハンドルまでの距離もサドルハンドルの落差も・・・変わってくるわけで、何をもってベストフィッティングとすれば良いのかは考え出すとわけわからんという感じなのですが、、、まあ、それはさておき、そう、今回はハンドル幅ってどうなの?と思うわけです。
確か最初についていたのはcannondaleマークの付く幅C-C440mmという超使いづらいアナトミックハンドルだったのですが・・・そこからワンサイズ小さい420mmのハンドルを色々試し、結局モドロ・ヴィーナスに落ち着いた訳ですが・・・どうよ400mmって?どうかな?もうワンサイズ小さいハンドルは?試してみるのも悪くないかもよ、嗚呼試しちゃったか・・・

で、今年初出立in小笠山。2時間くらいで行ってこれるちょっとしたヒルクライムもあるコースで試しましょう、、、ということで、まずはバーテープもまかず行ってみたわけです。
正直、今日は風が強く、、、横風にフラフラしながら、向かい風に心を折られながら、、、結局47キロ程走り、、、やはり、400mmハンドルは・・・特にいいことはなかった。。。
これを7000円の無駄遣いと思うか、7000円で有益な実験ができたと思うか。。。
とりあへず、やはり元のモノに戻すということになりました。。。400mmはネットオークションにでも出すか!?!?

はてさて、次は・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

IN MY WORLD

F1010117 ←今年浜名湖4周目・・・昨日ですが、花粉飛び舞う気温一桁の強風の中またしても回ってきました。
いや~まあバットコンディションでもやはり浜名湖はイイですよ。ホント、この数年でもういったい何周したんだ!?って感じですが、、、このコースは何度でもイイですね~ロードバイクで走り、日常のストレスを開放するにはうってつけでしょう。
で、また、ウチ→国1橋→浜北→引佐→細江→浜名湖周遊→弁天島→遠州大橋→ウチというルートでGO!!!してきたわけですが・・・せっかくですので例の「浜名湖サイクルツーリング」のコースもあえて取り入れてみた・・・といっても、普段は行かない「三ケ日青年の家」過ぎたあたりからコースに沿って正に海沿いの細い道を走ってハマナコスタへ行ったくらいですけど・・・
ま、でもここなんかはこのイベントの中では一番の見所とも言えるところじゃないでしょうか?ま、一番パンクしそうなトコでもあるので毎回は行かないですけど(笑)
そんなわけで、結局99キロほど走り帰宅。日曜日は風が弱いといいですね~・・・あ、僕は走りませんけど。

F1010109 ってなわけで・・・
←これが不穏な計画のすべてだ!!!(?)

・ディズナ レバーコラムマウント \4,641
・ダイアコンペ Wシフトレバー パワーラチェット(無段)シフトレバー \3,118
・ダイアコンペ 287V Vブレーキ対応ロードブレーキレバー\3,998
・シマノロード用シフトケーブルセット \1,407 
・シマノロード用ブレーキケーブルセット\1,659タイオガ
・デダ バーテープ \1,102

これで通勤用のSIRRUSをドロップハンドルにしてやろうという・・・ありがちといえばありがちな計画(笑)
インターネットで検索すればクロスバイクのドロップハンドル化の記事はいっぱい出てきますけど、、、ま、よくよく考えるとクロスバイクをドロップハンドルに変えるというのは意味がわからんと言うか、、、だったらなんのクロスバイクなんだよ!?と本末転倒な改造であることは重々承知の上の改造・・・改悪???
まあ、以前からたびたびドロップハンドル化計画は考えたわけですが、やはりクロスバイクについてるMTB用のVブレーキがネックとなって断念してたわけです。ところが、ふとCBアサヒのサイト見てると、Vブレーキ対応のブレーキレバーが!?!?それにWレバーをコラムに装着できるというレバーコラムマウントなる製品が!?!?・・・これなら簡単だ!!
数日ほど考えて、購入決断!装着に2日ほどかかり、現在ドロップハンドル化したSIRRUSで通勤しております(写真は撮ってなかった・・・)
ハンドルは以前CAAD9に使ってたデダ215シャロー、ステムはこれも以前使ってたデダのロゴステム(100mm)・・・一応、通勤用ということもあるのでサドル高はCAAD9と同じですけどハンドル位置は1センチほど高く1センチほど手前となるポジションにしております。

さて、次は何処に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

Delivering the goods

F1010042 「いずれにせよ、サドル高、サドル後退幅、ともにハムストリングをはじめとして、中臀筋や腸腰筋といった、より優先順位が高い筋肉が反応しやすいセッティングを探す努力を惜しまないことが肝要である。」(エンゾ早川著「ロードバイク解體新書」枻出版社より引用)

・・・って、またです、またセッティングについて考えてしまうわけです。
ま、この件に関してはあのエンゾ師を頼りにしているわけですが、、、そう、先月の「ハマナコ18」で久々に足を攣ってしまって以来イロイロ考えてみた結果セッティングを見直すことに。って、もうすでに前回でサドル高上げてますが・・・
ま、なんつうかロードバイクに乗り始めてもうすぐ4年が経とうとしてるわけですが、過去の記事を見てみるとサドル高だけをみても755mmから775mmと2センチくらいの中で試行錯誤を繰り返しているわけです。
ま、徐々に上げていったわけではなく、上げたり下げたりを繰り返してるボヘミア~ンなんですが(?)、ココ最近は低めのサドル高にしていたわけです。このほうがケイデンスを上げやすいような気がして・・・しかし、今回思ったのはですね、今の自分の場合、なんてことない平坦路を走ってる分にはこれでもいいけど、負荷がかかるような場面、坂とか向かい風とかスピード上げたいなどの時にどうもこのサドル高だとなんかいわゆる「内側広筋」が反応しやすいのではないか、と。つまり、「ハマナコ18」のときのようなテンションアゲ状態で無意識に飛ばしてると攣りやすい筋肉が反応しまくってるんじゃないかと。
で、試しに少しサドル高を上げて前回、前々回と走った結果と過去のサドル高や各種の妄想などを考慮して(?)新たなお試しセッティングをすることにしたわけですよ奥さん!
で・・・結局、サドル高770mm、サドル後退幅80mm、サドルハンドル間570mm(ステム110mm)サドルハンドル高低差80mm・・・ついでにフロントフォークのベアリングまでグリスアップしてえらい時間がかかりながら・・・これでとりあへず出立だ!

ってなわけで、記念すべき(?)「ハマナコ20」へGO!!!です。
ま、山もいいけどセッティングの違いでどうなるか?というのを試すのに走りなれたトコ行こうというわけですよ。
な~んですけど、いや~11月に入り徐々に西風の脅威が増してきました。。。うちの近所の昼間の風速は早くも6~7mですか。。。ま、向かいか風なら向かい風の楽しみがあるさ!・・・たぶん。
そんなわけで1時間半くらいインナーギアで走りようやくハマナコ!写真のトコで小休憩・・・なんすけど、ま、向かい風ではあったんすけど気温が18~19度くらいと絶好な気候だったこともあってかイイ感じです。
で、あまり休憩もせずにハマナコ周遊・・・いつもの弁天島到着。背中の補給食どら焼きとあったかいお茶を飲みながらしばし休憩。正直、ここまでイイ感じっす。このセッティングでいいんじゃない!?ま、ずっと向かい風の中インナーギアで走っていた区間はアベレージも上がりませんでしたが、その後は自分的にはそこそこのペースで来てるし・・・ココからの完全追い風区間でがんばっちゃってみようじゃないのよ!
なわけで、中田島砂丘前の信号もほとんどない一本道を追い風に乗って爆走・・・爆・・・爆・・・爆発だ~!!!!後輪タイヤが(泣)
いや~今年初パンクしちゃいました。つうかタイヤのサイドをカットしたんでパンッってイイ音してバーストっすよ。ちょっと調子こいてあんま路面とかに注意してなかったからかなぁ。。。ま、よく考えると今つけてるコンチネンタルのグランプリ4シーズンすでに1年が経過してるしな。。。よくぞ1年ももったもんだ、4シーズンってそーゆー意味なのか!?!?
そんなわけで、パークツールのタイヤブースト貼ってスペアチューブ入れて、おお!よく考えたらレザインのポンプ初出動だ・・・って手馴れたもんです我ながら。以前はよくパンクしたたからなぁ。。。

そんなわけで結局103キロほど、足も攣ることなく帰還(笑)このセッティングで概ねいいんじゃないかなぁ、次は山で試してみるか・・・

次は何処へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

STAY GOLD

Nec_0386 ←やっちまったぜ、ゴールドのバーテープ!センスを疑われそうだぜ(笑)
っちゅうかですね、ま、なんつうか、ハンドルをまたモドロのヴィーナスに戻したもんですから。。。結局、DEDA215シャローは半年ほど使ってみたものの、う~む、やはりモドロのほうが僕にとっては使い勝手が良い、という結果で。
ま、シャローハンドルのほうが見た目的に好き、というだけでお試しに替えてみたものですから、ま、お試し期間終了ってことで!?!?
ちなみに、バーテープはシルバのカーボンフォレロなんすけど、ちょっと厚みがあり過ぎるような気が・・・妙にハンドルが太くなってしまったような気がするのですが。。。色のせい?
ま、そんなわけで、浜名湖3周目にGO!!!っす・・・って昨日なんですけど、冬場の天敵の西風も弱く絶好のコンディション!?とりあへず、LSDのつもりで毎度同じウチ→浜北→細江→浜名湖周遊→弁天島→遠州大橋→ウチという約100キロコースです。

ところで・・・久々にセッティングを変えてみました。
昨年の夏くらいに少しサドルを下げるという変更をしたんですが、、、元に戻すことに。あとクリート位置も一番後ろにしていたのを真ん中の外よりに・・・
というのも、、、今、エンゾ・早川師の新たな著作「ロードバイク解體新書」(枻出版社)を何度となく読み返しておるのですが・・・なんつうかいろんな意味でスゴイですねこれは!とにかくエンゾ師のお尻見放題です(変わった趣味はないですよ、念のため 笑)とにかくこれまでのエンゾ師のロードバイクに関する書物の集大成的な内容で、まあ、1回読んだだけでわかるモノじゃないんで何度となく読み返してはいるわけです。そして・・・読んでるうちに今一度セッティングを見直したほうが良いのではないかと思ってしまったわけですよ、奥さん!
や~、なんつうか、これまでもセッティング!セッティング!とアホみたいにココにも書いてきたわけですが、、、そもそもロードバイクのセッティングには意図があってするべきモノであって、、、これまでの僕のしてきたことはその意図が少し弱いというか曖昧というか適当な部分がイロイロとあったのではないか???と本読んで思ったわけですよ。
正直、昨年の自分より今年のほうがステップアップしてたいわけじゃないっすか。平均時速が上がったとか、これまでより楽に峠を上れたとか、楽にロングライドを走りきったとか、ナイスフォームで(?)走ってるとか、ね。
ま、もちろんそのためにはもっと乗りゃ良いんですけど・・・仕事やら何やらで制限された時間の中で生きてるわけで、大人の趣味としては高効率に結果を出したい(笑)だからこそ、セッティングにしろ何にしろ頭を使わないと、と。つまりは、ちゃんとした意図を持って何かをしていこう、というわけです。
・・・ん~何書いてるかワケわからなくなってきた!?!?

はてさて、そんなわけでウチを出発するわけですが。。。いや~体が重い!(笑)ココ2、3日食べすぎな日々が続いていて自分自身が重いのもありますけど(笑)雨ばかりで自転車通勤も出来ず、さらにはローラーもさぼり気味だったせいか体にキレがないっすね~、どこかの国のサッカー代表みたいに重い!(笑)
ま、仕方なし!とりあへず、冬場のLSDなトレーニングと割り切って一周りしますか!
ってなわけですが、そう、サドルとクリート位置を変えたんでした。サドルは・・・昨年、サドルを下げたら足が回るようになった!と思ったんですが、どうもあれは気のせいだったのでは???と最近思ってきていて・・・むしろ、サドル下げたせいでかかとが下がってしまっているのではないか???と。ので元に戻してみよう、と。
クリート位置は・・・故障のリスクが少ないというモノスゴイテキトーな理由で一番後ろにしていたのですが、いいかげんもっと適正な位置を探っていこう!と。で、とりあへず、真ん中あたりからにしてみたのですけど(これもテキトーだな 笑)、いやまあ探るんですよこれから!?もっともマトモな走りが出来る位置を、ね。
ま、そんなわけでサドル上げとクリート位置も前にしたのでさらにサドルも上げの2重上げ?!でサドル高は755mm→765mmに!さていかがなものでしょう。

ってことで、1周回。結局99キロほど。う~む、、、悪くはないと思うんですが、寒くてイマイチよくわからなかった(笑)ま、1回じゃわかんないっすよね~とりあへず10周くらい回って様子をみようかな。

って、次も浜名湖周回???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

Purple Wonderland

Imgp0206 ←DURA ACE 7900のボトムブラケットです。
ん~、、、って、別に最初からついていた105に異変が起きたわけでもないんですが、なんつうか、、、
いやまあ、前回前々回の調子悪さのせいで少し自転車乗るのを通勤のみに自粛してたわけです。で、まあこんな時だからこそ自転車メンテ!と思い立ってですね、「あ、一度クランクとボトムブラケットを外してみるかな~」となんとなく思ったわけですよ、奥さん!
で、シマノ純正工具TL-FC33をネットで購入(ちなみにコレの差込角は12.7mm・・・普通そのサイズのレンチは持ってないだろ・・・ということで、9.5mmを12.7mmで使うアダプターまでホームセンターで買う羽目に・・・要注意です!)、クランクとボトムブラケットを外して一体どんなんなってるのか?を確かめ、キレイにしたら戻して終わりと思ってたのですが、、、う~ん、、、やってしまいましたよ。
まあ、ココが結構な高トルクで締めないといけないことだけは分かってたんですけど・・・だからと言って締めすぎは。。。締めすぎは。。。ボトムブラケットをなめてしまう原因ですよ・・・そう、そうなったわけですよ(笑)
いや~久々の冷や汗!トップキャップのボルトを折ったとき以来の冷や汗(笑)まあ、なんとか取り外すことは出来たんですけど、、、もはやもう一度つけるのは危険すぎ!嗚呼、、、ま、ボトムブラケット新品買うしかないか。。。つうわけで、写真のブツを購入。ま、そんな高額な部品じゃないし、3年も経つから新品にするのもいいか、と。
ちなみに、ボトムブラケットは7800より新型7900のほうが低価格なんですけど何ででしょう???
ま、そんなわけで新型は慎重に慎重を重ねて取り付け、クランクも元に戻して(クランクってなかなか入らないモンですね 笑)・・・たぶんこれでイイであろうと感じです。ふぅ。。。
ついでに、シフトアウター&ワイヤーもDURA ACEケーブルセットに交換。あ、これは昨年末につけたクラークスのシフトケーブルセットがもう全然調整不可になってたんで。(もうこのメーカーのヤツは買わない!)
ってことで、僕のCAAD9も外したことのないの主要パーツは前後のディレイラーだけになりましたね~。これなら新型アルテグラ6700に交換!なんてことも出来そうな気がするな。ぶっちゃけ少し考えてしまいますね。って言っても僕がホントに替えたいのはブラケットだけなんだけど(笑)シフトワイヤーが邪魔にならないし形状も明らかに今のヤツより良さそうな気がするんだよなぁ。。。とはいっても、ブラケットだけの交換はダメみたいでオール替えなきゃいけないらしいので・・・105が出たらにするか!?(笑)

ってなわけで、走る準備は完了!(笑)来週は走れるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 5日 (水)

Walk

Nec_0319_2 噛むんとフニャンニャンニャンニャニャフニャン、噛むんとフニャンニャン・・・あ、どもPIOです。いや~ホント暑いですね、梅雨もやっとあけたみたいですし、え?大丈夫ですよ、いたって普通ですよ。フニャン?あ、これね、何でもないですよ、ホント・・・あッ!噛むんとフニャンニャンニャン・・・

そんなわけで、ちょっと大丈夫かどうかわかりませんが・・・3週間ぶりにCAAD9で出立だ!
いや~ホントね例年にない長い梅雨で自転車通勤さえ出来ず、なんともフラストレーションが溜まるわけですよね。「自転車に乗れない日が3日続くと気分が悪くなる」と言った人もいますが、まあそんな感じですよ!なんだか、ちょっとしたことでイライラしたりとか、ネガティブな感情ばかりが浮かんできたりだとか・・・とにかくマイナスなことばかりっすよ。
よくわからないんだけど、とにかく自転車に乗ることで何かが得られる・・・イイのか悪いのかも分かりませんが、とにかくそうなんですよね。ホントよくわからないんだけど。

それはさておき、ともかく今日は休みと晴れとヒマ(笑)という3大要素が久々にそろったので出立!行き先は・・・天竜方面、ということでまあどこに行くって訳でもなくGO!!!です。
それにしても梅雨が明け、晴れとなれば暑いッすよね!
諸般の事情で(ま、朝だけ会社に行かないといけないわけですよ!泣)、早朝から出発も出来ず、昼前に出発するとなれば最初から30度越えてるわけで暑いに決まってるわけですが。
Nec_0318 ←って、その前にまたやってしまいました!
「Deda215シャロー」+「ロゴステム(120mm)」っす。
両方あわせても11,277円とそんな高い買い物ではないんですけどね!?
にしても、かなり気に入ってるようなそぶりを見せていたMODOLOのVENUSをあっさり変えてしまうあたりが自分らしい(笑)あ~いや、MODOLOは良かったんすよホント。
じゃなんで替えるのかといえば・・・なんつうか、試したかった、それだけっすね(笑)だってね~こーゆーハンドルの方がカッコ良くないっすか???
正直言って、上の天竜川をバックに撮った写真とか見ると僕の思っている理想の自転車にまた近づいたなぁ~と思っちゃうんすよね、見た目というところだけですけど(笑)
で、あとは実用上どんなもんか、それを試す意味でも今日は出立ですよ、暑いとか言ってられない!!

ってなわけですが、なんだか3週間ぶりに乗って・・・あれ、ロードバイクってこんなにも軽いんだっけ!?!?って感じっス。SIRRUSにしか乗ってないとそうなる(笑)
しかしまあ、初めてのハンドルにドコをどう持てばイイのか・・・良くわからん!?正直言って下ハンの延長線上にブレーキレバーで間違いないだろ、とアバウトにセッティングしてバーテープも巻いちゃったけど良かったのか???
ま、でも、僕は「感覚」という機能ががイマイチな人間なんで、そこを頼りに試行錯誤してもあまり良い結果は出ないんで(笑)こうあるべき!というところでセッティングしてあとは何かトラブルが出なければ良しとした方がいいかな?と。
で、いろんなトコ握りながら走る!下ハンはやっぱり使いやすいですよ~
そうこうしている内に天竜、よくわからないけど秋葉山の前まで行って・・・ま、ヒルクライムはせずにその辺を周遊して帰路に!いや、だって暑いんだもん(笑)
結局、77キロほど走り帰宅。う~む、早朝出発じゃないと100キロ越えたりヒルクライムしたりは難しいかも。。。
ハンドルは・・・少し微調整が必要?あ、でも何かが何かが。。。

さて次はドコへ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

Sympton of universe

Imgp0124_2 ←かなり分かりづらいですが・・・久々の自転車メンテしてます!?
今回はシフトワイヤーをDURA ACEからCLARK'Sってメーカーの革靴、、、いや違う!(笑)、ユニバーサルギアケーブルキットなるものに交換。さらにジャグワイヤーのロケットⅡアジャスターキットもつけてみました。
って、替える前のDURA ACEシフトケーブルも1年ちょっと位前に替えたヤツでして、実際のところまだ全然不具合があるというわけではないのですが、、、
なんつうかですね、どっかで聞いた格言ですけど「仕事に追われるな!仕事を追え!」、と。忙しい忙しいと日常の業務に追われて何がなんだかわからない仕事をしてるヤツはダメ、先を見越して業務をこなしさらにはそれ以上の仕事を見つけてやってのけることが出来るヤツが一流、、、みたいなことだと思うんですけど、、、簡単じゃないですよね(笑)
ま、仕事の話は置いといて(大した仕事をしてるわけではないので 笑)、自転車に関してもそれは通じるものがあると思うわけですよ、奥さん!
つまりは、、、ケーブル等々の消耗品的なパーツは不具合が出てから替えるんじゃなくて不具合が出る前に替えたほうがいいんじゃない?、と。
なんつっても自転車は自分が原動力なわけで、出先でトラブルがあったりするともうホント大変な目にあうわけじゃないっすか。以前山の中でタイヤがバーストして3時間も歩いて救出されたこともありましたが(笑)、実際のトコねウチから50キロも100キロも離れた所で例えばワイヤーが切れた、、、なんてことになったらいったいどうやって帰る!?!?ってなことになりかねないじゃないっすか。
言っても、たかだか2~3千円のパーツじゃないっすか、1年に一度くらい変えときゃ安心じゃないかな、と。そこケチるトコじゃないっすよね。
ってなんかエラそうなこと書いてますが(ゴメンもうしません!笑)・・・う~む、よくよく見るとアウターの長さが微妙に長過ぎじゃないか!?!?それにさらによくよく見るとバーテープの巻きがやっぱイマイチだなぁ、、、さらに言うと微妙にブラケットの位置左右で違わないか!?!?
やっぱね~、素人とプロの精度の差ですかね~。イロイロメンテナンスしてみて何が難しいって「左右対称にする」とか「まっすぐにする」とかそーゆーところですよね。例えばサドルをまっすぐにセットするとか意外と難しかったり、ね。
ハンドル周りのメンテをするにも、シフトワイヤーを交換とかは何度かやれば意外とすんなり出来るようになるんですけど、、、ブラケットの位置を左右対称にちゃんと取り付けるのってかなり難しいような気がします。ぶっちゃけ今日よくよく見てみるまでずれてるなんて気付いてなかったですもん(笑)
あ~もうちょっと上達したいなぁ。。。

って、ちなみに写真は何故かくんま水車の里!?・・・って休みだったのでまたしても行ってみました。最近の練習コースに定着???
それにしても、、、前回、空港の帰り道に40キロ以上も向かい風の中を走ってグダグダになってるわけですが、もうホント風が強いと楽しめないっすね~
今日もなんだかんだで西風が強く、、、何故か帰りは風の向きが南西から吹いてきて向かい風に。。。そんな吹いたって脱がないからな!(何の話だ!?北風と太陽!?笑)
早く春になってアホなロングライドの旅に行きたいもんです!
それまでは練習ライドですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

Jagulator

Nec_0246 さて、そんなわけで今日も試し走りだ!(笑)
って、オイオイ!な感じですが、まあ本来なら山方面ロングライドで紅葉など。。。って思ってたのですがあいにく今日の休みは天気が悪いというわけで、、、いつ雨になってもいいように平地海方面練習コース(?)まあ、ウチから弁天島までの約60キロでポジションチェックか!?!?
まあ、しかし、60キロの完全な平坦路をフツーに走ってもポジションがどうこうなどと分かるはずもないっつうわけで、今日はいけるトコまでかなり無理目なペースで走ってみる!という・・・そんなんがイイのかどうなのかわかない実験(笑)
まあ、そんな感じでGO!!!なのですが、、、中田島からひたすら続く信号のない一直線の道、ココをオーバーペースでひたすら走るのって・・・全然楽しくないですね(笑)自分、絶対TTとかは向いてない!と思いつつ(ってその前にそんな速くねぇだろ、と 笑)今日は試し走りなんだ練習なんだと自分に言い聞かせながら走る。。。
で、前回の新たなセッティングをどうなんだ?どうなんだ?と体に問い掛けてみるわけですよ。前回はサドル高を60キロの中で4回も替えるというエディ・メルクスもビックリの奇行に及んだのですが、今日は思い切っちゃったサドル後退幅がどーなの?どーなの?と、、、ってサドルの座り位置を微妙に変えてみたりしながら試してみるわけです。
んんん~、やっぱ後退幅105mmはやりすぎだったみたいです(笑)どうもケイデンスを維持しづらい。。。ギクシャク感が。。。ゼロ発進とか加速する時はいいのかもしれませんが。。。
そんなわけで30キロほど走って辿り着いた「舞ちゃん」(?)で携帯工具で1センチほどサドルを前に。って1センチ単位でセッティングを変えてるのってどうなんだよ!?たぶんダメなんでしょうけど(笑)
で、またさらに試し走りの帰り、、、ふだんは絶対しないインターバル的なダッシュとかしてみる、、、嗚呼、オレって目いっぱい踏み込んでもこれしかスピードでねぇんだなぁと落胆(笑)
そんなこんなで帰宅。ふだんよりアベレージってヤツは速かったっすけど、まあ全然楽しくないし疲れたよホント(泣)
まあ、でもこれでとりあへずセッティングは良しとするかな!?って感じ。やっぱり極端なセッティングってのはダメかな、というのが結論ですか!?!?
一応、記録のために・・・BB-サドル中心の上面まで775mm、BBからサドル先端までのセットバック90mm、サドル先端からハンドルの近い方の端まで560mm、ハンドルとサドルの高低差750mmというところ・・・結局サドルを10mm上げ10mm後退させたってわけですか!?
う~む、、、、クリートの位置も考え直すかな~(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)